Top > Search of Japanese Patents > ELECTRODE FOR BATTERY AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

ELECTRODE FOR BATTERY AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR meetings

Patent code P140010514
File No. N13077
Posted date Apr 30, 2014
Application number P2013-271075
Publication number P2015-043309A
Patent number P6256913
Date of filing Dec 27, 2013
Date of publication of application Mar 5, 2015
Date of registration Dec 15, 2017
Priority data
  • P2013-152410 (Jul 23, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)新井 進
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title ELECTRODE FOR BATTERY AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electrode for battery capable of ensuring stabilized charge-discharge characteristics by suppressing detachment of an active material for use in the negative electrode, or the like, of a lithium ion battery from a collector during charge-discharge.
SOLUTION: Active material films 15, 16, 17, 18 are provided on a collector 10, with a composite plating film 13 of carbon nano-tube as an underlying layer. Carbon nano-tubes 14 taken into a composite plating film 12 project partially from the composite plating film surface, and bite into both the composite plating film 12 and the active material films 15, 16, 17, 18 so that the carbon nano-tubes 14 are embedded.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

リチウムイオン電池の電極材料には、一般に正極材料としてコバルト酸リチウム等の金属酸化物、負極材料としてグラファイトが使用されている。リチウムイオン電池のエネルギー密度を向上させるには、比容量の大きな電極材料を使用する必要がある。比容量の大きな負極材料として、グラファイトの約3倍の比容量を有するSnが注目されている。しかしながら、Snはリチウムイオン電池の充放電時に大きな体積変化を起こすため、場合によっては電極から脱離し、充放電特性が劣化するという問題がある。

充放電時のSnの体積変化を抑制し、充放電時に電極から脱離することを防止する方法として、Snを含む複数種類の金属合金粒子の表面にナノチューブ等を付着させ、集電体の表面に結合材で固着して負極材料とする方法(特許文献1)、粗面化処理を施した2層の金属箔を積層して形成したもの(特許文献2)、樹脂からなる基材上に導電性膜を介して、表面を粗面とした集電層を設け集電層上に活物質層を設けたもの(特許文献3)等がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、リチウムイオン電池の負極等に用いられる電池用電極及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
カーボンナノチューブがめっき膜表面から部分的に突出する複合めっき膜を形成する行程と、
前記複合めっき膜の表面にめっきにより活物質膜を形成し、前記複合めっき膜と前記活物質膜との双方にカーボンナノチューブを食い込ませる活物質膜の形成行程とを備える電池用電極の製造方法であって、
前記複合めっき膜を形成する行程として、逆電解パルスめっき法を利用して複合めっき膜を形成した後、逆電解処理により、前記複合めっき膜の表面を部分的に溶解する工程を備え、
前記活物質膜の形成行程として、置換めっきにより、複合めっき膜の表面に均一にかつ緻密に活物質膜を形成することを特徴とする電池用電極の製造方法。

【請求項2】
 
前記活物質膜を形成する工程として、スズめっき、スズ合金めっき、スズ-カーボンナノチューブ複合めっき、及びスズ合金-カーボンナノチューブ複合めっきのいずれか一つのめっきを施す工程を備えることを特徴とする請求項2記載の電池用電極の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013271075thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close