Top > Search of Japanese Patents > PASSIVE MODE-LOCK FIBER LASER DEVICE

PASSIVE MODE-LOCK FIBER LASER DEVICE

Patent code P140010528
File No. S2014-0050-N0
Posted date May 9, 2014
Application number P2014-031286
Publication number P2015-156452A
Patent number P6607534
Date of filing Feb 21, 2014
Date of publication of application Aug 27, 2015
Date of registration Nov 1, 2019
Inventor
  • (In Japanese)野村 雄高
  • (In Japanese)藤 貴夫
  • (In Japanese)三村 榮紀
  • (In Japanese)小川 和彦
Applicant
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人自然科学研究機構
Title PASSIVE MODE-LOCK FIBER LASER DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a passive mode-locked fiber laser device for generating a laser with shorter pulse width at high efficiency than a conventional device in a 2 μm band.
SOLUTION: A passive mode-lock fiber laser device comprises Tm-doped ZBLAN fiber as a gain medium.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

パルス時間幅が短いコヒーレント光は、ピークパワーが大きく且つ集光性に優れているので、集光スポットの強度がテラワットにもなる。このような超短パルスコヒーレント光は、超精密加工、超高速時間分解計測、分子制御、光コヒーレンストモグラフィーなど、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、医療、産業分野にわたり、有用である。

上記の分野へ応用可能な超短パルスレーザとしては、0.8μm帯のTiサファイアレーザ、1μm帯のYbレーザ、1.5μm帯のErレーザ、2μm帯のTm添加石英ファイバレーザ(非特許文献1参照。)、2.8μm帯のEr添加フッ化物ガラス(ZBLAN)ファイバレーザ(非特許文献2参照。)等が挙げられる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、波長2μm近傍の超短パルスレーザを発生する受動モードロックファイバレーザ装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
リング共振器と、
前記リング共振器内に配置されたTm添加ZBLANファイバ利得媒質と、
前記Tm添加ZBLANファイバ利得媒質の両端面に端面結合された非線形偏波回転によるモードロックを安定させる二つのTm無添加ZBLANファイバと、
前記Tm添加ZBLANファイバ利得媒質をポンプするポンプ光源と、
非線形偏波回転モードロック機構と、を有し、前記ポンプ光源のポンプ波長が790nmで、前記Tm添加ZBLANファイバ利得媒質のTm添加濃度が0.5mol%より高く10mol%以下である発振波長が2μm帯の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項2】
 
前記ポンプ光源はチタンサファイアレーザである請求項1に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。

【請求項3】
 
前記Tm添加ZBLANファイバ利得媒質の長さが0.64m未満である請求項1または2に記載の受動モードロックファイバレーザ装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014031286thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close