Top > Search of Japanese Patents > CAGE-SHAPED SILSESQUIOXANE DERIVATIVE

CAGE-SHAPED SILSESQUIOXANE DERIVATIVE commons

Patent code P140010545
File No. P2013-181594
Posted date May 13, 2014
Application number P2013-181594
Publication number P2014-065706A
Patent number P6202431
Date of filing Sep 2, 2013
Date of publication of application Apr 17, 2014
Date of registration Sep 8, 2017
Priority data
  • P2012-194570 (Sep 4, 2012) JP
Inventor
  • (In Japanese)山口 和夫
  • (In Japanese)加部 義夫
  • (In Japanese)力石 紀子
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title CAGE-SHAPED SILSESQUIOXANE DERIVATIVE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel cage-shaped silsesquioxane derivative.
SOLUTION: Cage-shaped silsesquioxane derivatives with formula 1 and formula 2 are disclosed. Each of R and R1 to R3 represents an alkyl group or the like, G represents -COO- or the like, Y represents an active ester group, and each of m and p represents an integer of 2 to 20.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

有機-無機ハイブリッド材料の一つであるかご型シルセスキオキサンは、無機シリカと有機シリコーンの中間的な物質である。かごの構造や置換基を変化させることでさまざまな性質の材料を作ることができるため、近年電子材料や光学材料の分野への応用の期待が高まっている。例えば、かご型シルセスキオキサンを添加した材料やかご型シルセスキオキサンをグラフト化したポリマーでは、溶解性、親和性、熱特性、機械強度、光学透過性、ガス透過性、誘電率、難燃性等を高めることができるといわれている。他の材料に化学結合させてかご型シルセスキオキサンを導入する場合、例えばポリマーに結合させてポリマー性能の改良を図る場合、あるいは、金属表面に結合させて表面改質を図る場合等は、ヒドロキシ基、アミノ基、カルボキシル基、スルファニル基、スルホン酸基等の反応性官能基をもつかご型シルセスキオキサンが必要であり(特許文献1~2を参照)、これらは不完全かご型シルセスキオキサンとシランカップリング剤との反応で得られることが知られている(特許文献3~4を参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、かご型シルセスキオキサン誘導体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(1)で表される光分解型かご型シルセスキオキサン誘導体。
【化1】
 
(省略)
(式中、Rはそれぞれ独立に、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、又はアリールアルキル基を示し、R1は水素原子、又は置換基を有していてもよいアルキル基、アルケニル基、又はアルキニル基を示し、R2及びR3は、それぞれ独立に、水素原子又はフッ素原子で置換してもよいアルコキシ基を示す。Gは、-COO-,-SO2O-,-O-、-S-,-NHCOO-、-SCOO-、-O-(CH2CH2O)n-CH2COO-、又は-O-(CH2CH2O)n-CH2SO2O-を示す。nは0以上の整数を、mは2~20の整数を示す。)

【請求項2】
 
式(2)で表される活性エステル型かご型シルセスキオキサン誘導体。
【化2】
 
(省略)
(式中、Rはそれぞれ独立に、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、又はアリールアルキル基を示し、pは2~20の整数を表し、Yは下記式(Y1)~(Y8)のいずれかである活性エステル基を示す。)
【化3】
 
(省略)

【請求項3】
 
請求項1記載の式(1)で表される光分解型かご型シルセスキオキサン誘導体に光を照射することによる式(3)で表される反応性官能基を有するかご型シルセスキオキサンの製造方法。
【化4】
 
(省略)
(式中、Rはそれぞれ独立に、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、アリール基、又はアリールアルキル基を示し、Wは、-COOH、-SO2OH、-NH2、-SH、-OH、-O-(CH2CH2O)nCH2COOH、又は-O-(CH2CH2O)nCH2SO2OHを表し、nは0以上の整数を、mは2~20の整数を示す。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close