Top > Search of Japanese Patents > MICRO POWER RECTIFICATION CIRCUIT

MICRO POWER RECTIFICATION CIRCUIT

Patent code P140010578
File No. H24-006
Posted date May 29, 2014
Application number P2012-134473
Publication number P2013-258865A
Patent number P6019529
Date of filing Jun 14, 2012
Date of publication of application Dec 26, 2013
Date of registration Oct 14, 2016
Inventor
  • (In Japanese)山本 綱之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title MICRO POWER RECTIFICATION CIRCUIT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a micro power rectification circuit that operates with sufficiently high rectification efficiency even on a μW class of micro power, and operates even on about 1 μW by permitting a lower minimum operating power than existing rectification circuits.
SOLUTION: The micro power rectification circuit includes: an input port 2 for micro high frequency power; an output port 8 for rectified power; a grounding conductor 11 set as a signal ground potential; a diode 5 having a first terminal for admitting the high frequency power and a second terminal for outputting the rectified power; an input side capacitor 3 having one terminal connected to the input port and the other terminal connected to the first terminal of the diode; a short circuit line 4 having one end connected to the first terminal of the diode and the other end connected to the grounding conductor; an output side capacitor 6 having one terminal connected to the second terminal of the diode and the other terminal connected to the grounding conductor; and an inductance element 7 having one terminal connected to the second terminal of the diode and the other terminal connected to the output port.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

テレビジョン放送等の各種放送用電磁波や無線LAN用の電磁波などを利用して、様々な機器のための電源電力を作り出すエネルギー・ハーベスティング(環境発電)の技術が注目されている。このエネルギー・ハーベスティングには、アンテナと整流回路を一体化したレクテナが使用されるが、レクテナに利用するための整流回路として、微小電力でも高効率で機能する整流回路の開発が求められていた。

レクテナに関する技術としては、下記の特許文献1、特許文献2に記載されたようなものがある。特許文献1には、平衡二線型のアンテナ、平衡二線線路、整流回路、直流出力部を備え、ダイオードと平滑用キャパシタとの間隔を所定値に設定するようにしたレクテナ装置が記載されている。特許文献2には、受信手段と、整流手段と、整流した電波の高調波に共振する共振回路とを備えたレクテナ装置が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はレクテナ等における電磁波等の微小電力の整流回路に関し、さらに詳しくは、極めて微小な交流電力であっても高効率に直流電力に変換することのできる微小電力整流回路に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
高周波電力の入力ポート(2)と、
整流電力の出力ポート(8)と、
信号の接地電位として設定された接地導体(11)と、
高周波電力を入力する第1端子(51)と整流電力を出力する第2端子(52)を備えたダイオード(5)と、
前記入力ポート(2)に一方の端子が接続され、他方の端子が前記ダイオード(5)の前記第1端子(51)に接続された入力側コンデンサ(3)と、
前記ダイオード(5)の前記第1端子(51)に一端が接続され、他端が前記接地導体(11)に接続された伝送線路であって、線路長により連続的にインダクタンス値を調整可能な短絡線路(4)と、
前記ダイオード(5)の前記第2端子(52)に一方の端子が接続され、他方の端子が前記接地導体(11)に接続された出力側コンデンサ(6)と、
前記ダイオード(5)の前記第2端子(52)に一方の端子が接続され、他方の端子が前記出力ポート(8)に接続されたインダクタンス素子(7)とを有する微小電力整流回路。

【請求項2】
 
請求項1に記載した微小電力整流回路であって、
前記ダイオード(5)は、ショットキーバリアダイオードである微小電力整流回路。

【請求項3】
 
請求項2に記載した微小電力整流回路であって、
前記短絡線路(4)は、蛇行形状の線路パターンからなるものである微小電力整流回路。
IPC(International Patent Classification)
  • H02J  50/27    
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012134473thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close