Top > Search of Japanese Patents > SYSTEM AND METHOD FOR DISPLAYING VIDEO

SYSTEM AND METHOD FOR DISPLAYING VIDEO commons

Patent code P140010633
File No. 08-112
Posted date Jun 9, 2014
Application number P2009-129669
Publication number P2010-277372A
Patent number P5366137
Date of filing May 28, 2009
Date of publication of application Dec 9, 2010
Date of registration Sep 20, 2013
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 紀子
  • (In Japanese)神谷 俊郎
  • (In Japanese)吉田 俊介
  • (In Japanese)矢野 澄男
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title SYSTEM AND METHOD FOR DISPLAYING VIDEO commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a video display system and a video display method, wherein a desired portion of a video displayed on one video display device can be made to be easily displayed on the other video display device with intuitive operation of a user.
SOLUTION: Infrared elements 23, 24 installed to a plane display 20 and an infrared element 34 installed to a three-dimensional display 30 are imaged by observation devices 41, 42. A control unit 10 detects that the user holds the three-dimensional display 30 based on a detection signal of a touch sensor 33 provided in the three-dimensional display 30, detects that the user approaches inside a prescribed range of the plane display 20 based on images obtained by the observation devices 41, 42 and that the user performs the operation to designate the portion of the video displayed on the plane display 20, and makes the designated portion of the video be displayed on the three-dimensional display 30.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

平面ディスプレイ、および立体ディスプレイ等の種々の映像表示装置が開発されている(例えば特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、映像を表示する映像表示システムおよび映像表示方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
形状を表示するための形状データを平面映像データに変換し、変換された平面映像データに基づいて平面映像を表示する第1の映像表示装置と、
前記形状データを立体映像データに変換し、変換された立体映像データに基づいて立体映像を表示する第2の映像表示装置と、
使用者が前記第2の映像表示装置を把持したことを検出する把持検出手段と、
前記第2の映像表示装置が前記第1の映像表示装置の所定範囲内に接近したことを検出する接近検出手段と、
使用者が前記第1の映像表示装置に表示された平面映像の任意の部分を指定する操作を行ったことを検出する指定操作検出手段と、
前記接近検出手段により前記第2の映像表示装置が前記第1の映像表示装置の前記所定範囲内に接近したことが検出された場合に、前記指定操作検出手段により検出された操作に基づいて使用者により指定された平面映像の部分を判別し、前記指定された平面映像の部分に対応する立体映像を表示するように前記第2の映像表示装置を制御する制御手段とを備えたことを特徴とする映像表示システム。

【請求項2】
 
前記指定操作検出手段は、前記第1の映像表示装置に対する第2の映像表示装置の位置を検出する位置検出手段を含み、
前記制御手段は、前記位置検出手段により検出された位置に基づいて使用者により指定された平面映像の部分を判別することを特徴とする請求項1記載の映像表示システム。

【請求項3】
 
前記位置検出手段は、
前記第1の映像表示装置に設けられた第1の被撮像部と、
前記第2の映像表示装置に設けられた第2の被撮像部と、
異なる位置から前記第1の被撮像部および第2の被撮像部を撮像する複数の撮像手段とを含み、
前記制御手段は、前記複数の撮像手段により得られる画像に基づいて使用者により指定された平面映像の部分を判別することを特徴とする請求項2記載の映像表示システム。

【請求項4】
 
前記接近検出手段は、前記指定操作検出手段の前記位置検出手段と共通の位置検出手段を含み、前記共通の位置検出手段により検出された位置に基づいて前記第2の映像表示装置が前記第1の映像表示装置の前記所定範囲内に接近したことを検出することを特徴とする請求項2または3記載の映像表示システム。

【請求項5】
 
前記接近検出手段は、
前記第1の映像表示装置に設けられ、前記第2の映像表示装置の接触を検出する第1の接触検出手段を含むことを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の映像表示システム。

【請求項6】
 
前記接近検出手段は、
前記第1の映像表示装置に設けられ、前記第2の映像表示装置の近接を検出する近接検出手段を含むことを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載の映像表示システム。

【請求項7】
 
前記把持検出手段は、
前記第2の映像表示装置に設けられ、使用者の身体が接触したことを検出する第2の接触検出手段を含むことを特徴とする請求項1~6のいずれかに記載の映像表示システム。

【請求項8】
 
前記制御手段は、
前記形状データを記憶する記憶部と、
前記記憶部に記憶された形状データを前記第1の映像表示装置に与え、使用者により指定された平面映像の部分に対応する形状データを前記記憶部から取得し、取得した形状データを前記第2の映像表示装置に与える主制御部とを含み、
前記第1の映像表示装置は、前記主制御部から与えられる形状データに基づいて平面映像を表示し、
前記第2の映像表示装置は、前記主制御部から与えられる形状データに基づいて使用者により指定された平面映像の部分に対応する立体映像を表示することを特徴とする請求項1~7のいずれかに記載の映像表示システム。

【請求項9】
 
形状を表示するための形状データを平面映像データに変換するステップと、
変換された平面映像データに基づいて第1の映像表示装置に平面映像を表示するステップと、
使用者が第2の映像表示装置を把持したことを検出するステップと、
前記第2の映像表示装置が前記第1の映像表示装置の所定範囲内に接近したことを検出するステップと、
使用者が前記第1の映像表示装置に表示された平面映像の任意の部分を指定する操作を行ったことを検出するステップと、
前記第2の映像表示装置が前記第1の映像表示装置の前記所定範囲内に接近したことが検出された場合に、検出された操作に基づいて使用者により指定された平面映像の部分を判別し、前記指定された平面映像の部分に対応する形状データを立体映像データに変換するステップと、
前記変換された立体映像データに基づいて立体映像を表示するように前記第2の映像表示装置を制御するステップとを備えたことを特徴とする映像表示方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009129669thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close