Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SUPPORTING EVALUATION OF COMMUNICATION CAPABILITY AND EVALUATION SYSTEM OF COMMUNICATION CAPABILITY

METHOD FOR SUPPORTING EVALUATION OF COMMUNICATION CAPABILITY AND EVALUATION SYSTEM OF COMMUNICATION CAPABILITY

Patent code P140010667
File No. S2014-0207-N0
Posted date Jun 25, 2014
Application number P2014-071335
Publication number P2015-192704A
Patent number P6518889
Date of filing Mar 31, 2014
Date of publication of application Nov 5, 2015
Date of registration May 10, 2019
Inventor
  • (In Japanese)岡崎 俊太郎
  • (In Japanese)定藤 規弘
  • (In Japanese)伊藤 嘉邦
  • (In Japanese)小池 耕彦
Applicant
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人自然科学研究機構
Title METHOD FOR SUPPORTING EVALUATION OF COMMUNICATION CAPABILITY AND EVALUATION SYSTEM OF COMMUNICATION CAPABILITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for objectively evaluating a communication capability for characterizing an autism spectrum disorder and an autism spectrum trend.
SOLUTION: While a first subject and an object body communicable with the first subject are arranged in a communicable manner, motion information about unintended motions which respectively occur in both at the same time over a prescribed period is acquired, and causal analysis is executed to the motion information on both to identify a causal influence amount which the first subject receives from the object body. The communication capability of the first subject can be evaluated on the basis of the causal influence amount.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

コミュニケーション能力に関する障害として、自閉症スペクトラム障害が挙げられる。自閉症スペクトラム障害とは、自閉症からアスペルガー障害、特定不能の広汎性発達障害までを含む概念である。最近の精神疾患の診断基準であるDSM-5(非特許文献1)によれば,自閉症スペクトラム障害には大きく2つの特徴が挙げられている。ひとつは社会的相互作用(主に非言語コミュニケーション)およびコミュニケーション(主に言語コミュニケーション)の質的障害であり、もうひとつは限局した興味や行動である。近年,定型発達者においても,少なからず同様の自閉傾向が存在していることがわかってきている。これら障害者から定型発達者までに存在する連続的な傾向を自閉症スペクトラム傾向という。

特に前者の特徴(社会的相互作用およびコミュニケーションの質的な障害)に関連する科学的な事実として,非言語行動の模倣(特に無意識に生じる模倣)の減退が報告されている(非特許文献2)。この報告によれば、模倣行動の減退については自閉症スペクトラム傾向のある定型発達者においても報告されている(非特許文献3)。

自閉症スペクトラム障害の診断は、概して、精神科医、小児科医及び臨床心理士等が対象者の社会的行動等の観察結果に基づいて行ってきた。また、自閉症スペクトラム傾向までを定量化する場合には、質問紙が用いられている。

一方、眼球運動を計測する自閉症診断支援装置(特許文献1)等も開発されてきている。

Field of industrial application (In Japanese)

本明細書は、コミュニケーション能力の評価を支援する方法及び当該能力の評価システム等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コミュニケーション能力の評価システムの作動方法であって、
前記システムは、第1の被験者と当該第1の被験者とコミュニケーション可能な対象体とがコミュニケーション可能に配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる運動課題や実験刺激が付与されない状況での動きである意図的でない動きに関する運動情報(ただし、眼球運動に関する運動情報及び着座状態での会話を伴う運動情報を除く。)を取得する運動情報取得手段と、
前記両者の運動情報に対する因果関係の解析を実施して前記第1の被験者が前記対象体から受ける前記第1の被験者に固有の因果的影響量を同定する同定手段と、
を備え、
前記運動情報取得手段が、前記両者のそれぞれに生じる前記意図的でない動きに関する運動情報を取得するステップと、
前記同定手段が、前記両者の運動情報を用いて因果関係の解析を実施して、前記第1の被験者固有の因果的影響量を同定するステップと、
を備え、
前記因果的影響量に基づいて前記第1の被験者のコミュニケーション能力の評価を支援する、方法。

【請求項2】
 
コミュニケーション能力の評価システムの作動方法であって、
前記システムは、第1の被験者と当該第1の被験者とコミュニケーション可能な対象体とがコミュニケーション可能に静止立位で対向配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる運動課題や実験刺激が付与されない状況での動きである意図的でない動きに関する運動情報を取得する運動情報取得手段と、
前記両者の運動情報に対する因果関係の解析を実施して前記第1の被験者が前記対象体から受ける前記第1の被験者に固有の因果的影響量を同定する同定手段と、
を備え、
前記運動情報取得手段が、前記両者のそれぞれに生じる前記意図的でない動きに関する運動情報を取得するステップと、
前記同定手段が、前記両者の運動情報を用いて因果関係の解析を実施して、前記第1の被験者固有の因果的影響量を同定するステップと、
を備え、
前記因果的影響量に基づいて前記第1の被験者のコミュニケーション能力の評価を支援する、方法。

【請求項3】
 
前記運動情報を取得するステップは、前記運動情報取得手段が、前記運動情報として、前記両者の重心移動に基づく運動情報を取得するステップである、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
前記重心移動は、前記両者の対向方向に沿う重心移動である、請求項3に記載の方法。

【請求項5】
 
前記対象体は第2の被験者であり、
前記因果的影響量を同定するステップは、前記同定手段が、前記第2の被験者が前記第1の被験者から受ける前記第2の被験者に固有の因果的影響量も同定するステップである、請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項6】
 
前記コミュニケーション能力の評価結果に基づき、自閉症スペクトラム傾向の診断を支援する、請求項1~5のいずれかに記載の方法。

【請求項7】
 
前記コミュニケーション能力の評価結果に基づき、自閉症スペクトラム障害を診断支援する、請求項1~5のいずれかに記載の方法。

【請求項8】
 
コミュニケーション能力の評価システムの作動方法であって、
前記システムは、複数の被験者から選択される2者からなるペアがコミュニケーション可能に配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる運動課題や実験刺激が付与されない状況での動きである意図的でない動きに関する運動情報(ただし、眼球運動に関する運動情報及び着座状態での会話を伴う運動情報を除く。)を取得する運動情報取得手段と、
前記両者の運動情報に対する因果関係の解析を実施して前記第1の被験者が前記対象体から受ける前記第1の被験者に固有の因果的影響量を同定する同定手段と、
を備え、
前記運動情報取得手段が、複数の被験者から選択される2者からなるペアがコミュニケーション可能に配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる意図的でない動きに関する運動情報を取得するステップと、
前記同定手段が、前記両者の運動情報に対して因果関係の解析を実施して前記両者のそれぞれが他方から受ける固有の因果的影響量を同定するステップと、
を、前記複数の被験者について実施し、
前記複数の被験者を含む集団における相対的なコミュニケーション能力の評価を支援する、方法。

【請求項9】
 
コミュニケーション能力の評価システムの作動方法であって、
前記システムは、複数の被験者から選択される2者からなるペアがコミュニケーション可能に配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる運動課題や実験刺激が付与されない状況での動きである意図的でない動きに関する運動情報を取得する運動情報取得手段と、
前記両者の運動情報に対する因果関係の解析を実施して前記第1の被験者が前記対象体から受ける前記第1の被験者に固有の因果的影響量を同定する同定手段と、
を備え、
前記運動情報取得手段が、複数の被験者から選択される2者からなるペアがコミュニケーション可能に静止立位で対向配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる意図的でない動きに関する運動情報を取得するステップと、
前記同定手段が、前記両者の運動情報に対して因果関係の解析を実施して前記両者のそれぞれが他方から受ける固有の因果的影響量を同定するステップと、
を、前記複数の被験者について実施し、
前記複数の被験者を含む集団における相対的なコミュニケーション能力の評価を支援する、方法。

【請求項10】
 
コミュニケーション能力の評価システムであって、
第1の被験者と当該第1の被験者とコミュニケーション可能な対象体とがコミュニケーション可能に配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる運動課題や実験刺激が付与されない状況での動きである意図的でない動きに関する運動情報(ただし、眼球運動に関する運動情報及び着座状態での会話を伴う運動情報を除く。)を取得する運動情報取得手段と、
前記両者の運動情報に対する因果関係の解析を実施して前記第1の被験者が前記対象体から受ける前記第1の被験者に固有の因果的影響量を同定する手段と、
を備える、システム。

【請求項11】
 
コミュニケーション能力の評価システムであって、
第1の被験者と当該第1の被験者とコミュニケーション可能な対象体とがコミュニケーション可能に静止立位で対向配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる運動課題や実験刺激が付与されない状況での動きである意図的でない動きに関する運動情報を取得する運動情報取得手段と、
前記両者の運動情報に対する因果関係の解析を実施して前記第1の被験者が前記対象体から受ける前記第1の被験者に固有の因果的影響量を同定する手段と、
を備える、システム。

【請求項12】
 
前記運動情報を取得する手段は、重心動揺計測ユニットを備える、請求項10又は11に記載のシステム。

【請求項13】
 
コミュニケーション能力の評価装置であって、
第1の被験者と当該第1の被験者とコミュニケーション可能な対象体とがコミュニケーション可能に配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる運動課題や実験刺激が付与されない状況での動きである意図的でない動きに関する運動情報(ただし、眼球運動に関する運動情報及び着座状態での会話を伴う運動情報を除く。)を取得する運動情報取得部と、
前記両者の運動情報に対する因果関係の解析を実施して前記第1の被験者が前記対象体から受ける前記第1の被験者に固有の因果的影響量を同定する因果的影響量同定部と、
を備える、装置。

【請求項14】
 
コミュニケーション能力の評価装置であって、
第1の被験者と当該第1の被験者とコミュニケーション可能な対象体とがコミュニケーション可能に静止立位で対向配置された状態において、所定時間にわたって同時期に両者それぞれに生じる運動課題や実験刺激が付与されない状況での動きである意図的でない動きに関する運動情報を取得する運動情報取得部と、
前記両者の運動情報に対する因果関係の解析を実施して前記第1の被験者が前記対象体から受ける前記第1の被験者に固有の因果的影響量を同定する因果的影響量同定部と、
を備える、装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014071335thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close