Top > Search of Japanese Patents > REMOTE PLACE FACING COMMUNICATION EQUIPMENT CAPABLE OF CONFIRMING USER'S OWN EXPRESSION

REMOTE PLACE FACING COMMUNICATION EQUIPMENT CAPABLE OF CONFIRMING USER'S OWN EXPRESSION commons

Patent code P140010687
File No. 00-54
Posted date Jul 2, 2014
Application number P2000-268193
Publication number P2002-077845A
Patent number P3451317
Date of filing Sep 5, 2000
Date of publication of application Mar 15, 2002
Date of registration Jul 18, 2003
Inventor
  • (In Japanese)善本 淳
  • (In Japanese)矢野 博之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title REMOTE PLACE FACING COMMUNICATION EQUIPMENT CAPABLE OF CONFIRMING USER'S OWN EXPRESSION commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a remote place facing communication equipment which provides natural interaction with feeling of attendance by permitting the eyes of users of a television conference unit or the like meet, and enabling a confirmation of the user's own expression to be transmitted to a third party side. SOLUTION: The remote place facing communication equipment is used for a communication system connected to another communication equipment to communication user's video between the respective equipments. The communication equipment comprises a photographing means having the equipment disposed in a user's sight line direction, a first display means for displaying an image received from another communication equipment, a second display means for displaying a video imaged by the photographing means, and a video transmitting means for distributing and transmitting the image photographed by the photographing means to the another communication equipment and the second display means. In this case, a half mirror is disposed on an optical axis of the photographing means, a mirror is provided at a position opposed to the mirror. Thus, a user's picture is photographed through the mirror, the picture displayed on the first means is reflected by the mirror and the mirror to be able to be visually observed by the user so that the eyes of the users meet and own expression can be confirmed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来のテレビ会議装置は、通信回線で結ばれた複数の場所に、テレビカメラ等の撮影手段とテレビモニタ等の表示手段とを備えた端末装置をそれぞれ設置し、テレビカメラ等で撮影した参加者の映像を、通信回線を介して互いに相手側に伝送し、互いに相手の映像をテレビモニタ等で見ながら会議できるようにしたものである。しかしながら、従来のテレビ会議装置では、相手の映像を表示するモニタと、使用者を撮影するカメラは離して配置するために、使用者がモニタを注視するとその視線はカメラの光軸からずれ、相手側のモニタには別の方向を見た使用者の映像が表示されることになる。また、使用者が相手側に伝送される自分の表情を確認することができないために、テレビ会議装置を使用した会議が自然な対話とはかけ離れた、臨場感のないものになるという欠点があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、テレビ会議等を行うときに、他の使用者との視線を一致させるとともに、自己の表情を確認することができる遠隔地対面通信装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
他の通信装置と接続され、各通信装置間で使用者の映像のやりとりを行う通信システムに使用する通信装置において、前記通信装置が使用者の視線方向に配置された撮影手段、他の通信装置から受信した映像を表示する第一の表示手段、前記撮影手段により撮影された映像を表示する第二の表示手段、前記撮影手段により撮影された映像を他の通信装置と第二の表示手段に分配し送信する映像送信手段を有するものであって、前記撮影手段の光軸上にハーフミラーを配置し、このハーフミラーと対向する位置に鏡を設けることにより、前記ハーフミラーを透過して使用者の映像を撮影するとともに、第一の表示手段に表示された映像を前記鏡及び前記ハーフミラーで反射させて使用者に目視可能としたことを特徴とする、他の使用者との視線一致と自己表情の確認が可能な遠隔地対面通信装置。

【請求項2】
 
第一の表示手段に表示された映像とともに、第二の表示手段に表示された映像を前記鏡及び前記ハーフミラーで反射させて使用者に目視可能としたことを特徴とする、請求項1に記載の自己表情の確認が可能な遠隔地対面通信装置。

【請求項3】
 
第一の表示手段と第二の表示手段を一体化し、撮影手段により撮影された映像と他の通信装置から受信した映像を合成して表示させることを特徴とする請求項1又は2に記載の自己表情の確認が可能な遠隔地対面通信装置。

【請求項4】
 
撮影手段により撮影され第二の表示手段に分配し送信される映像を、映像送信手段内で左右反転させて出力させることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の自己表情の確認が可能な遠隔地対面通信装置。

【請求項5】
 
撮影手段により撮影され第二の表示手段に分配し送信される映像を、オン-オフ切換可能に第二の表示手段に表示させることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の自己表情の確認が可能な遠隔地対面通信装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000268193thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close