Top > Search of Japanese Patents > BACKGROUND-OMITTED IMAGING METHOD AND DEVICE THEREOF

BACKGROUND-OMITTED IMAGING METHOD AND DEVICE THEREOF commons

Patent code P140010695
File No. 01-20
Posted date Jul 3, 2014
Application number P2001-206027
Publication number P2003-023550A
Patent number P3511096
Date of filing Jul 6, 2001
Date of publication of application Jan 24, 2003
Date of registration Jan 16, 2004
Inventor
  • (In Japanese)善本 淳
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title BACKGROUND-OMITTED IMAGING METHOD AND DEVICE THEREOF commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and device for imaging without the background of an object, while suppressing the effect on the object or on other cohabiters as much as possible, using only an optical means with no computer process.
SOLUTION: There are provided a background polarization projecting means which projects a polarized light to the background of an object; and a polarization imaging means which receives the polarized light, whose polarizing direction is different from that of the projected polarized light from the background polarization projecting means, and images the object, and at the same time shielding the reflection light from the background of the object, so that the background of the object is omitted, while the object is being imaged.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

テレビ電話などの撮像手段で人物等を撮像する場合、被写体の背景が映ることが避けられない。例えば、家の中で自分の姿をテレビ電話で映すと、背景として部屋内の細部などが伝送されてしまい好ましくない。顔だけにスポットライトを当てれば、背景を相対的に暗く映すことが可能であるが、映像の不鮮明さや、設備のコスト増、同居他者への影響などの問題が派生する。
一方、コンピューター処理を利用すると、予め背景だけの映像を撮像しておき、被写体が加わった場合との差分を基にして、背景の映像を捨象することが可能である。また、静的画像である背景と動的画像である被写体との差分を基にしても、背景の映像を捨象することが可能である。しかし、これらには、膨大なデータ処理が必要である。そのため、その処理に伴い、通信における即時応答性が疎外され、対面対話に臨場感を失わせる結果を招く。また、その処理精度や処理速度の他に、設備のコスト的問題が伴う。また、予め背景だけの映像を撮像しておき、被写体が加わった場合との差分を基にする方法によると、振動等でカメラが動いた場合の補正が困難であり、静的画像である背景と動的画像である被写体との差分を基にする方法によると、被写体の動静の判別が困難である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、テレビ電話などの撮像手段で人物等を撮像する時、被写体の背景を光学的に映らないようにする撮像方法、及び、その方法を実施する装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被写体の背景に偏光を照射する背景用偏光照射手段と、
その背景用偏光照射手段による照射偏光の偏光方位と異なる偏光方位の偏光を受光して、被写体の背景からの反射光を遮蔽しつつ被写体を撮像する偏光撮像手段とを備えることを特徴とする背景捨象撮像装置。

【請求項2】
 
被写体の所望部位に偏光を照射する被写体用偏光照射手段を備え、
背景用偏光照射手段は、被写体用偏光照射手段による照射偏光の偏光方位とは異なる偏光方位の偏光を、被写体の背景に照射し、
偏光撮像手段は、被写体用偏光照射手段による照射偏光の偏光方位と等しい偏光方位の偏光を受光して、被写体の所望部位に照射した偏光の反射を撮像する請求項1に記載の背景捨象撮像装置。

【請求項3】
 
背景用偏光照射手段が、発光部材に偏光フィルターを取り付けたものである請求項1または2に記載の背景捨象撮像装置。

【請求項4】
 
偏光撮像手段が、撮像手段に偏光フィルターを取り付けたものである請求項1ないし3に記載の背景捨象撮像装置。

【請求項5】
 
被写体用偏光照射手段が、発光部材に偏光フィルターを取り付けたものである請求項1ないし4に記載の背景捨象撮像装置。

【請求項6】
 
被写体用偏光照射手段が、通信相手の映像を表示する相手表示モニターである請求項1ないし5に記載の背景捨象撮像装置。

【請求項7】
 
相手表示モニターが、発光部材に偏光フィルターを取り付けたものである請求項6に記載の背景捨象撮像装置。

【請求項8】
 
相手表示モニターが、偏光を発光する部材で構成される請求項6に記載の背景捨象撮像装置。

【請求項9】
 
背景用偏光照射手段で、被写体の背景に偏光を照射し、
偏光撮像手段で、背景用偏光照射手段による照射偏光の偏光方位と異なる偏光方位の偏光を受光して、被写体の背景からの反射光を遮蔽しつつ被写体を撮像することを特徴とする背景捨象撮像方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001206027thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close