Top > Search of Japanese Patents > LANGUAGE PROCESSING SYSTEM AND PROGRAM

LANGUAGE PROCESSING SYSTEM AND PROGRAM UPDATE_EN commons

Patent code P140010743
File No. 03-174
Posted date Jul 7, 2014
Application number P2004-017846
Publication number P2004-178615A
Patent number P3757289
Date of filing Jan 27, 2004
Date of publication of application Jun 24, 2004
Date of registration Jan 13, 2006
Inventor
  • (In Japanese)村田 真樹
  • (In Japanese)井佐原 均
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title LANGUAGE PROCESSING SYSTEM AND PROGRAM UPDATE_EN commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To easily output a solution to a question sentence.
SOLUTION: This language processing system is provided with: an input means 1 for inputting the question sentence; a difference detection means 4 for detecting a common part and a differential part between the question sentence and knowledge data inputted by using a system for associating a plurality of pieces of data so that a coincident part becomes the maximum, while holding order information; and a similarity calculation means 5 for calculating similarity between the question sentence and the knowledge data by the detected common part and differential part. The similarity calculation means 5 outputs a part of the knowledge data with large similarity and obtained as the differential part by being paired with an interrogative of the question sentence.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、例えば、日本語文と英語文の対応付け、講演と予稿の対応付け、質問文と知識データの対応付け等は、判断処理としてのプログラムが複雑なものであった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、差分検出を行うdiff(ディフ)コマンドのような順序情報を保持したまま一致部分が最大になるように複数のデータの対応づけを行うシステムを用いた言語処理システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
質問文を入力する入力手段と、
前記入力された質問文を平叙文に変換する質問文変換部と、
順序情報を保持したまま一致部分を最大になるように複数のデータの対応づけを行うシステムを用いて前記平叙文に変換された質問文と知識データとの共通部分と差分部分を検出する差分検出手段と、
前記検出した共通部分と差分部分により、前記平叙文に変換された質問文と知識データとの類似度を求める類似度演算手段とを備え、
前記類似度演算手段は、前記類似度の最も大きい知識データの前記平叙文に変換された質問文の疑問詞と対をなして差分部分として得られた部分を出力することを特徴とした言語処理システム。

【請求項2】
 
前記差分検出手段で検出した差分の共通部分と不一致部分の数により、前記二つの言語データの類似度を求める前記類似度演算手段を備えることを特徴とした請求項1記載の言語処理システム。

【請求項3】
 
前記順序情報を保持したまま一致部分を最大になるように複数のデータの対応づけを行うシステムとしてdiffコマンドを用いることを特徴とした請求項1又は2記載の言語処理システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004017846thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close