Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DETECTING RIDGE LINE PART IN MEDICAL X-RAY IMAGE

METHOD FOR DETECTING RIDGE LINE PART IN MEDICAL X-RAY IMAGE commons

Patent code P140010749
File No. 00-F
Posted date Jul 10, 2014
Application number P2000-012020
Publication number P2001-202499A
Patent number P3245597
Date of filing Jan 20, 2000
Date of publication of application Jul 27, 2001
Date of registration Nov 2, 2001
Inventor
  • (In Japanese)加藤 晴夫
  • (In Japanese)江 浩
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title METHOD FOR DETECTING RIDGE LINE PART IN MEDICAL X-RAY IMAGE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To uniformly satisfactorily detect parts from a thick part to a thin part which constitute a ridge line component. SOLUTION: Two kinds of FIR digital filters which are different in characteristics and have two-dimensional circularly symmetrical frequency characteristics are used in the beginning of processing, and respective filtering outputs of an original image are used to emphasize and extract feature parts constituting a ridge line part which exists in a large dynamic range. Image processings such as binarization, line thinning, line thickening, and area labeling are combined to detect a ridge of the ridge line component.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

乳癌のように特徴のある癌では、Spicula(スピクラ)が存在し、これが尾根線成分として現れる。この尾根線成分の検出方法としては従来各種の方法が存在する。
そして、被写体を撮像したX線画像情報を用い、Spicula(スピクラ)による尾根線成分を検出して、乳癌の判断を行うための補助要素として用いる方法がある。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、医用X線画像における尾根線部分検出方法に関するもので、例えば乳癌等の尾根線成分を検出するのに利用される。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
原画像を読み込み関心領域を切り取る第1ステップと、
第1ステップで得た画像をポジ画像にする第2ステップと、
第2ステップで得た前記ポジ画像に対して、その輝度が一定値g以下のものをゼロ値にする第3ステップと、
第3ステップで得た画像に対して、その輝度の値gと最大値との間のダイナミックレンジを拡大するヒストグラムストレッチを行う第4ステップと、
第4ステップで得た画像に対して、低帯域で狭帯域の円形対称2次元FIRバンドパスフィルタ(直流通過成分はゼロ)にかける第5ステップと、
第5ステップで得た画像に対して、その負の値をゼロにし、2s-1を超える値を2s-1にセットし、その結果の画像のヒストグラムフラットニング(ヒストグラムイコライゼーション)を行い、その結果画像を画像Aとする第6ステップと、
第4ステップで得た画像に対して、広帯域で直流通成分がdの2次元円対称FIRバンドパスフィルタにかける第7ステップと、
第7ステップで得た画像に対して、第6ステップと同様な処理を行い、その結果画像を画像Bとする第8ステップと、
先の画像BとAを用いて、B-Aの処理を行い、且つその結果、輝度値が負になる画素の輝度をゼロにする第9ステップと、
第9ステップで得た画像に対して、狭帯域円対称ローパスフィルタによるフィルタリングを行う第10ステップと、
第10ステップで得た画像に対して、ヒストグラムストレッチを行い値ゼロと値2s-1との間に輝度値を広げる第11ステップと、
第11ステップで得た画像に対して、輝度値がh以下の画素をゼロにし、この結果画像を画像Cとする第12ステップと、
第6ステップの画像Aを値mで閾値処理し、m以下の輝度値を持つ画素をゼロ、それ以外を1とする第13ステップと、
第13ステップで得た2値画像を4連結の領域に分割する第14ステップと、
第14ステップの画像の領域で画素数がn以下の部分を消去する第15ステップと、
第15ステップで得られた画像と、画像Cとつながる画像とを残し、これを除く領域の画像を消去する第16ステップと、
第8ステップで得た画像Bの輝度の最大値のx%で2値化を行い、細線化処理、端点除去<HAN>、</HAN>孤立点除去をおこなう第17ステップと、
第17ステップにおいて、領域が複数存在する場合には、面積最大領域を除く領域は消去し、これにより、残った1つの領域の画像とこれにつながるスケルトン画像とを得る第18ステップと、
第18ステップで得た画像とステップ16で得た画像との間で、一ヶ所でも重なる部分があるとその領域を第16ステップで得た画像から選択し、これを除く部分は第16ステップで得た画像内から消去する第19ステップと、
第18ステップで得た画像からスケルトン画像の部分を除去することで線成分を消去し、面積が最大の領域の画像を残し、それを除く部分は消去し、画像Dを得る第20ステップと、
第19ステップで得た画像の中にある複数領域のうち、画像Dの領域に完全に含まれてしまう領域を消去する第21ステップと、
第21ステップにおいて残った画像を尾根線部分とする第22ステップとを有することを特徴とする医用X線画像における尾根線部分検出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000012020thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close