Top > Search of Japanese Patents > LIGHT EMITTING ELECTRODE APPARATUS FOR BIOELECTRIC SIGNAL

LIGHT EMITTING ELECTRODE APPARATUS FOR BIOELECTRIC SIGNAL commons

Patent code P140010754
File No. 02-64
Posted date Jul 10, 2014
Application number P2002-256643
Publication number P2004-089517A
Patent number P3629543
Date of filing Sep 2, 2002
Date of publication of application Mar 25, 2004
Date of registration Dec 24, 2004
Inventor
  • (In Japanese)藤原 義久
  • (In Japanese)前川 聡
  • (In Japanese)照岡 正樹
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人情報通信研究機構
Title LIGHT EMITTING ELECTRODE APPARATUS FOR BIOELECTRIC SIGNAL commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a light emitting electrode apparatus for a bioelectric signal with which the bioelectric signal is easily caught, and visually recognized with a simple configuration.
SOLUTION: A pair of electrodes 55 which is brought into contact with a living body, and inputs the bioelectric signal are arranged at the lowest end of the light emitting electrode apparatus. A circuit board 53 having a function of amplifying the bioelectric signal, or the like, button batteries 52 for powering, and a light emitting part 51 for visually recognizing the bioelectric signal by flickering a light emitting diode are positioned above the electrodes.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から生体で発生する電気信号を計測する装置として、心臓機能を検査する心電計や神経・筋活動を計測、解析する筋電計などが知られている。筋電計には筋に刺入する針電極で計測する針筋電図と、非侵襲の表面電極により計測する表面筋電図がある。

これら従来の装置は、データ計測を目的としており、詳細な計測結果が得られる反面で、装置構成は複雑で、高価なものとなっており、視覚的に筋電位を認知できるシンプルな装置は提供されていない。

例えば、特開平11-56802号公報では、患者の生体に貼付する医療用電極及びその医療用電極を備えた医療装置において、医療スタッフが患者から目を離すことなく、しかも警告音によらずに異常を知ることができるようにする構成を開示している。

当該開示によれば、生体電気現象を抽出する電極接続部及び各種の異常を知らせる発光部を備えた電極本体部と、医療用機器に電気的に接続される生体信号用ケーブル及び発光用ケーブルを電極接続部及び発光部にそれぞれ電気的に接続するクリップとを有する構成が示されている。

該構成によれば、電極本体部に発光部を備えることには確かに特徴があるものの、その目的は計測時における異常を医療スタッフや患者に知らせることを主な目的としており、あくまでも医療用機器で計測するときの補助機能が想定されている。

そのため、生体信号は電極から伸びるケーブルで接続された医療用機器によって処理され、その結果を別途設ける発光用ケーブルを用いて電極本体部の発光部を発光させるものであり、あくまでも医療用機器の表示機能の一部を電極本体部に設けたにすぎない。

従って、上記コストの問題はもちろん、従来よりもさらに多くのケーブルが必要であり、従来の問題を解決するものとはなっていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生体電気信号の発光電極装置に関するものであって、より詳しくは光により生体電気信号を視認可能にすると共に、信号の発生部位を容易に知ることのできる発光電極装置の構成に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体から発生する生体電気信号を電極から受信し、光に変換して発光する生体電気信号の発光電極装置であって、
生体に接触させ生体電気信号を受信する少なくとも1対の電極組からなる電極部と、
受信した生体電気信号電圧を増幅する増幅回路部と、
増幅された電気信号により発光する発光部と
を少なくとも有する
ことを特徴とする生体電気信号の発光電極装置。

【請求項2】
 
前記生体電気信号の発光電極装置において、
前記電極部及び前記増幅回路部、前記発光部が一体的に形成される
請求項1に記載の生体電気信号の発光電極装置。

【請求項3】
 
前記増幅回路部が、
前記電極組からの入力電圧の電位差だけを増幅する差動増幅回路と、
所定のフィルタ特性を有するフィルタ回路と、
出力増幅回路と、
前記発光部の発光制御を司る発光制御回路と
からなる
請求項1又は2に記載の生体電気信号の発光電極装置。

【請求項4】
 
前記生体電気信号の発光電極装置において、
前記発光部が、
前記電極部の生体反対側近傍に配置される
ことを特徴とする請求項1ないし3に記載の生体電気信号の発光電極装置。

【請求項5】
 
前記生体電気信号の発光電極装置が、
略円柱形状であって、
前記電極部、増幅回路部、発光部が積層構造からなる
請求項4に記載の生体電気信号の発光電極装置。

【請求項6】
 
前記発光部が、
少なくとも1個の発光ダイオードである
請求項1ないし5に記載の生体電気信号の発光電極装置。

【請求項7】
 
前記電極部が粘着性を有し生体に貼着可能な
請求項1ないし6に記載の生体電気信号の発光電極装置。

【請求項8】
 
前記生体電気信号の発光電極装置が、
増幅回路部からの出力信号を直接外部に出力可能な出力端子部を備える
請求項1ないし7に記載の生体電気信号の発光電極装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002256643thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close