Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR OXIDIZING SP3C-H BOND

METHOD FOR OXIDIZING SP3C-H BOND commons foreign

Patent code P140010774
File No. DP1545,S2012-0828-N0
Posted date Jul 18, 2014
Application number P2012-188353
Publication number P2014-047136A
Patent number P5552510
Date of filing Aug 29, 2012
Date of publication of application Mar 17, 2014
Date of registration May 30, 2014
Inventor
  • (In Japanese)人見 穣
  • (In Japanese)斉藤 沙知
  • (In Japanese)荒川 健吾
Applicant
  • (In Japanese)学校法人同志社
Title METHOD FOR OXIDIZING SP3C-H BOND commons foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for oxidizing an sp3C-H bond, which enables high selectivity and a high catalyst turnover number.
SOLUTION: In the method for oxidizing an sp3C-H bond, an sp3C-H bond is oxidized in the coexistence of a carboxylic acid, using a metal complex catalyst represented by the specified general formula (1) as an oxidation catalyst. (In the formula, R represents an alkyl group having 1-7 carbon atoms; M represents iron, manganese or cobalt; L represents an arbitrary ligand; X represents a counter ion; and n represents 0, 1 or 2.)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

sp3C-H結合は不活性であり、これを酸化することは一般に困難であるが、生体内では、このような酸化反応が温和な条件で進行している。シトクロム450やメタンモノオキシゲナーゼが関与する生体内の酸化反応はその好例である。

このような生体内でのsp3C-H結合の酸化反応のメカニズムを元に、sp3C-H結合の酸化を触媒する金属錯体触媒の設計が種々試みられている(例えば、特許文献1参照)。

また、本発明者らは、アルカンC-H結合を過酸化水素で選択的に水酸化するための金属錯体触媒として、2-[ビス(ピリジン-2-イルメチル)]アミノ-N-キノリン-8-イル-アセトアミダートの鉄(III)錯体が優れていることについて報告している(非特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は不活性なsp3C-H結合を酸化するための酸化触媒及び酸化反応生成物の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)で表される金属錯体触媒からなる、酸化触媒
【化1】
 
(省略)
(式中、Rは炭素数1~7のアルキル基であり、Mは鉄、マンガン又はコバルトであり、Lは任意の配位子であり、Xは対イオンであり、nは0、1又は2である。)

【請求項2】
 
Rがメチル基であり、Mが鉄であり、XがClO4-であり、nが2である、請求項1に記載の酸化触媒

【請求項3】
 
sp3C-H結合を酸化し得る酸化剤によってsp3C-H結合を有する化合物を酸化してsp3C-H結合が酸化された酸化反応生成物を製造する方法において、前記酸化を、酸化触媒として下記一般式(1)で表される金属錯体触媒を用い、かつ、カルボン酸の共存下で行うことを特徴とする、酸化反応生成物の製造方法。
【化2】
 
(省略)
(式中、Rは炭素数1~7のアルキル基であり、Mは鉄、マンガン又はコバルトであり、Lは任意の配位子であり、Xは対イオンであり、nは0、1又は2である。)

【請求項4】
 
前記酸化剤が、過酸化水素、オゾン、m-クロロ過安息香酸、2-ヨードキシ安息香酸エステル、t-ブチルヒドロペルオキシド及びクメンヒドロペルオキシドから選ばれるものである、請求項3に記載の酸化反応生成物の製造方法。

【請求項5】
 
Rがメチル基であり、Mが鉄であり、XがClO4-であり、nが2である、請求項3又は4に記載の酸化反応生成物の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close