Top > Search of Japanese Patents > CELL CULTURE SUBSTRATE FOR DIFFERENTIATION INDUCTION OF DOPAMINE-PRODUCING NERVE

CELL CULTURE SUBSTRATE FOR DIFFERENTIATION INDUCTION OF DOPAMINE-PRODUCING NERVE

Patent code P140010861
File No. 3201
Posted date Aug 11, 2014
Application number P2011-118849
Publication number P2012-246249A
Patent number P5867797
Date of filing May 27, 2011
Date of publication of application Dec 13, 2012
Date of registration Jan 15, 2016
Inventor
  • (In Japanese)岩田 博夫
  • (In Japanese)加藤 功一
  • (In Japanese)中路 正
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)日本製粉株式会社
Title CELL CULTURE SUBSTRATE FOR DIFFERENTIATION INDUCTION OF DOPAMINE-PRODUCING NERVE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new means for efficiently inducing differentiation of a dopamine-producing nerve.
SOLUTION: The cell culture substrate for differentiation induction of dopamine-producing nerve comprises a support having a surface on which a cell adhesion polypeptide for bonding a neural stem cell, a neural precursor cell and a nerve cell and at least one differentiation-inducing factor for inducing differentiation of neural stem cell to a dopamine-producing nerve are fixed. A high-purity dopamine-producing nerve cell group that has an extremely small content of glial cell and contains a dopamine-producing nerve cell at a higher ratio than that by a conventional method is obtained by the substrate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、ドーパミン産生神経への分化誘導について多くの研究がなされている。胎児由来神経幹細胞を始めとして、胚性幹細胞や人工多能性幹細胞などから、ドーパミン産生細胞への分化誘導法が多数報告されている(例えば、非特許文献1、2等)。それらに共通するのが、細胞培養皿に接着させた細胞に、液性因子として分化誘導因子を添加することによって分化誘導するという点である。しかしながら、いずれの培養方法においても、ドーパミン産生細胞への誘導効率が低いこと、ドーパミン産生細胞以外の分化細胞(主にグリア細胞)が混在することが問題として挙げられる。分化誘導効率の低さや他の分化細胞の混在によって、十分なドーパミン産生を得ることができず、また、その再現性も十分ではない。

また、近年の幹細胞生物学の目覚ましい発展により、細胞移植医療の実現が現実味を帯びてきている。中枢神経疾患の再生医療、とくにパーキンソン病治療においても例外ではなく、動物モデルでの細胞移植実験が盛んに行われている。移植の効果および細胞の品質管理の観点から、移植細胞は均質な細胞集団であることが望ましいが、現状の培養法では、それを満足することはできない。

こうした現状から、ドーパミン産生神経を効率よく分化誘導できる誘導効率の高い培養法、選択的分化誘導が可能な培養法が求められている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ドーパミン産生神経の分化誘導用の細胞培養基材に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
神経幹細胞、神経前駆細胞及び神経細胞を接着する細胞接着性ポリペプチドと、分化誘導因子であるBDNF及びGDNFとが表面に固定化された支持体を含む、ドーパミン産生神経の分化誘導用の細胞培養基材であって、細胞接着性ポリペプチドは、第1のαへリックス領域を含む配列番号6に示されるアミノ酸配列からなるLG3ポリペプチド鎖と、第2のαへリックス領域を含む配列番号8に示されるアミノ酸配列からなるLγPポリペプチド鎖とが、αへリックス領域間の相互作用により結合した複合体の形態にあるポリペプチドである、細胞培養基材

【請求項2】
 
分化誘導因子と細胞接着性ポリペプチドの固定化分子数の比率が0.5:1~1.5:1である請求項1記載の細胞培養基材。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の細胞培養基材上で神経幹細胞を培養することを含む、ドーパミン産生神経の前駆細胞の製造方法。

【請求項4】
 
請求項1又は2記載の細胞培養基材上で神経幹細胞を培養することを含む、ドーパミン産生神経細胞の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011118849thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close