Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF EVALUATING ACTIVITY INHIBITING HOST INFECTION CAUSED BY PATHOGENIC BACTERIUM, AND METHOD OF SCREENING SUBSTANCE HAVING ACTIVITY

METHOD OF EVALUATING ACTIVITY INHIBITING HOST INFECTION CAUSED BY PATHOGENIC BACTERIUM, AND METHOD OF SCREENING SUBSTANCE HAVING ACTIVITY

Patent code P140010876
File No. 3819,S2012-1053-N0
Posted date Aug 11, 2014
Application number P2012-184630
Publication number P2014-039515A
Patent number P6049352
Date of filing Aug 23, 2012
Date of publication of application Mar 6, 2014
Date of registration Dec 2, 2016
Inventor
  • (In Japanese)高野 義孝
  • (In Japanese)入枝 泰樹
  • (In Japanese)池田 恭子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title METHOD OF EVALUATING ACTIVITY INHIBITING HOST INFECTION CAUSED BY PATHOGENIC BACTERIUM, AND METHOD OF SCREENING SUBSTANCE HAVING ACTIVITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide means for screening a substance having activity inhibiting host infection caused by a pathogenic bacterium, and to provide means for screening the substance which has less risk of the appearance of a resistant bacterium and less negative influence to useful microorganisms.
SOLUTION: A method of evaluating the activity inhibiting host infection caused by a pathogenic bacterium comprises the steps of: (1) contacting a subject with a pathogenic bacterium; (2) evaluating the degree of HSB 1 secreted by the bacterium contacted with the subject by the step (1); and (3) evaluating what degree the secretion in the step (2) is inhibited, on the basis of the degree of the HSB 1 secreted by a reference pathogenic bacterium which is not contacted with the subject, and determining that the subject which has higher degree of inhibition has higher activity inhibiting the host infection.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

世界の食糧損失の約15%が病気に起因すると推定されており、その病気の少なくとも7割は植物病原糸状菌(カビ)によって引き起こされているとされる。したがって、植物病原糸状菌を農薬により制圧することは、極めて重要な課題である。

しかしながら、従来の農薬開発のほとんどは、噴霧接種による化合物スクリーニング法により行われるが、これには莫大な時間、労働力及び施設等が必要となる。また、医薬品分野等で成果を上げているゲノミクス・プロテオミクス等を駆使するアプローチも考えられるが、このアプローチには莫大な費用が必要である。

また、従来の多くの農薬は殺菌型農薬であるため、一般に耐性菌出現の選択圧が非常に高まることとなる。このため、従来の多くの農薬は常に無効化されるリスクにさらされている。また、殺菌型農薬は、有用微生物等への負の影響を与えるリスクがあることも懸念されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、炭疽病菌による宿主感染を抑制する活性を評価する方法、及び前記活性を有する物質をスクリーニングする方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
炭疽病菌による宿主感染を抑制する活性を評価する方法であって、下記工程(1)~(3)を含む方法:
(1)被験物質と炭疽病菌とを接触させる工程;
(2)前記工程(1)により被験物質と接触させられた炭疽病菌の、HSB1の分泌の程度を評価する工程;及び
(3)前記工程(2)の分泌の程度が、被験物質と接触させられていない対照炭疽病菌におけるHSB1の分泌の程度を基準として、どの程度抑制されているかを評価し、抑制の程度がより高い被験物質を、宿主感染を抑制する前記活性がより高いものであると判定する工程
を含む、評価方法。

【請求項2】
 
前記工程(1)で用いられる炭疽病菌が外来性HSB1を保持するものであり、前記工程(2)及び(3)におけるHSB1の分泌の程度が、当該外来性HSB1の分泌の程度である、請求項1に記載の評価方法。

【請求項3】
 
前記外来性HSB1が標識されている、請求項2に記載の評価方法。

【請求項4】
 
炭疽病菌による宿主感染を抑制する活性を有する物質をスクリーニングする方法であって、下記工程(1)~(3)を含む方法:
(1)被験物質と炭疽病菌とを接触させる工程;
(2)前記工程(1)により被験物質と接触させられた炭疽病菌の、HSB1の分泌の程度を評価する工程;及び
(3)前記工程(2)の分泌の程度が、被験物質と接触させられていない対照炭疽病菌におけるHSB1の分泌の程度よりも抑制されている被験物質を、宿主感染を抑制する前記活性を有するものであるとして選択する工程
を含む、スクリーニング方法。

【請求項5】
 
配列番号2で表されるアミノ酸配列と同一性が90%以上のアミノ酸配列からなり、かつ宿主感染促進活性を有するポリペプチドをコードする塩基配列を含むDNA。

【請求項6】
 
配列番号2で表されるアミノ酸配列と同一性が90%以上のアミノ酸配列からなり、かつ宿主感染促進活性を有するポリペプチドを含むタンパク質。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close