Top > Search of Japanese Patents > VASCULAR AGE OUTPUT DEVICE, AND VASCULAR AGE OUTPUT METHOD AND PROGRAM

VASCULAR AGE OUTPUT DEVICE, AND VASCULAR AGE OUTPUT METHOD AND PROGRAM

Patent code P140010877
File No. 3832
Posted date Aug 11, 2014
Application number P2012-165717
Publication number P2014-023683A
Patent number P6166871
Date of filing Jul 26, 2012
Date of publication of application Feb 6, 2014
Date of registration Jun 30, 2017
Inventor
  • (In Japanese)吉村 長久
  • (In Japanese)辻川 明孝
  • (In Japanese)村岡 勇貴
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title VASCULAR AGE OUTPUT DEVICE, AND VASCULAR AGE OUTPUT METHOD AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vascular age output device, calculating the vascular age using information on a blood vessel in the vertical direction of a retina.
SOLUTION: A vascular age output device includes: a blood vessel information receiving part 13 for receiving the blood vessel information which is a value of one of an artery outside diameter in the vertical direction of a retina, an arterial wall thickness in the vertical direction of the retina, and a vein wall thickness in the vertical direction of the retina; a storage part 14 storing the blood vessel information and the vascular age relationship information showing the relationship with the age; an acquiring part 15 for acquiring the vascular age which is the age depending on the blood vessel information received by the blood vessel information receiving part 13 using the vascular age relationship information stored in the storage part 14; and a vascular age output part 16 for outputting the vascular age acquired by the acquiring part 15.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

眼底は、血管を直接観察することのできる場所である。したがって、以前から、眼底画像を用いた診断等が行われている。例えば、特許文献1には、眼底画像の血管の血管径を精度よく決定し、高血圧症などの疾病の診断に有用な情報を提供することなどが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、網膜の血管に関する情報に応じて血管年齢を出力する血管年齢出力装置等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
膜の垂直方向の動脈壁厚、及び網膜の垂直方向の静脈壁厚のいずれかの値であり、光干渉断層計を用いて測定され、かつ、血管の外径及び内径を用いて算出される血管情報を受け付ける血管情報受付部と、
血管情報と、年齢との関係を示す血管年齢関係情報が記憶される記憶部と、
前記記憶部で記憶されている血管年齢関係情報を用いて、前記血管情報受付部が受け付けた血管情報に応じた年齢である血管年齢を取得する取得部と、
前記取得部が取得した血管年齢を出力する血管年齢出力部と、を備えた血管年齢出力装置。

【請求項2】
 
被験者の実年齢を受け付ける実年齢受付部と、
前記血管年齢出力部が出力した血管年齢と、前記実年齢受付部が受け付けた実年齢とを用いて、両年齢を引数とし、両年齢の乖離が大きくなるほど値が大きくなる関数の値を算出する関数値算出部と、
前記関数値算出部の算出した関数の値を出力する関数値出力部と、をさらに備えた、請求項1記載の血管年齢出力装置。

【請求項3】
 
前記関数は、前記血管年齢出力部が出力した血管年齢から、前記実年齢受付部が受け付けた実年齢を減算した年齢差が大きくなるほど値が大きくなる関数である、請求項2記載の血管年齢出力装置。

【請求項4】
 
光干渉断層計により取得された、網膜の血管の断面像が記憶される画像記憶部と、
前記画像記憶部で記憶されている断面像を用いて、血管情報を取得する血管情報取得部と、をさらに備え、
前記血管情報受付部は、前記血管情報取得部が取得した血管情報を受け付ける、請求項1から請求項3のいずれか記載の血管年齢出力装置。

【請求項5】
 
前記血管情報は、網膜の垂直方向の動脈の壁厚である、請求項1から請求項4のいずれか記載の血管年齢出力装置。

【請求項6】
 
前記血管情報は、2以上の測定値の平均値である、請求項1から請求項5のいずれか記載の血管年齢出力装置。

【請求項7】
 
血管情報受付部と、網膜の垂直方向の動脈壁厚、及び網膜の垂直方向の静脈壁厚のいずれかの値であり、光干渉断層計を用いて測定され、かつ、血管の外径及び内径を用いて算出される血管情報と、年齢との関係を示す血管年齢関係情報が記憶される記憶部と、取得部と、血管年齢出力部とを用いて処理される血管年齢出力方法であって、
前記血管情報受付部が、血管情報を受け付ける血管情報受付ステップと、
前記取得部が、前記記憶部で記憶されている血管年齢関係情報を用いて、前記血管情報受付ステップで受け付けた血管情報に応じた年齢である血管年齢を取得する取得ステップと、
前記血管年齢出力部が、前記取得ステップで取得した血管年齢を出力する血管年齢出力ステップと、を備えた血管年齢出力方法。

【請求項8】
 
膜の垂直方向の動脈壁厚、及び網膜の垂直方向の静脈壁厚のいずれかの値であり、光干渉断層計を用いて測定され、かつ、血管の外径及び内径を用いて算出される血管情報と、年齢との関係を示す血管年齢関係情報が記憶される記憶部にアクセス可能なコンピュータを、
血管情報を受け付ける血管情報受付部、
前記記憶部で記憶されている血管年齢関係情報を用いて、前記血管情報受付部が受け付けた血管情報に応じた年齢である血管年齢を取得する取得部、
前記取得部が取得した血管年齢を出力する血管年齢出力部として機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C316AA10
  • 4C316AA25
  • 4C316AB02
  • 4C316AB16
  • 4C316FB05
  • 4C316FB21
  • 4C316FZ01
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012165717thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close