Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR IMPROVING MEAT QUALITY OF BEEF CATTLE

METHOD FOR IMPROVING MEAT QUALITY OF BEEF CATTLE achieved foreign

Patent code P140010903
File No. 3673
Posted date Aug 19, 2014
Application number P2001-011122
Publication number P2002-209528A
Patent number P3433212
Date of filing Jan 19, 2001
Date of publication of application Jul 30, 2002
Date of registration May 30, 2003
Inventor
  • (In Japanese)矢野 秀雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title METHOD FOR IMPROVING MEAT QUALITY OF BEEF CATTLE achieved foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To improve meat quality of beef cattle and to increase the grade of its marbling of fat (BMS, so-called beef streaked with fine veins of fat). SOLUTION: Vitamin C (L-ascorbic acid) is administered to beef cattle. Administration of vitamin C may be carried out by injection, etc., but oral administration is most simple. However, in the case of oral administration of only vitamin C, it is decomposed by microorganisms in a rumen, and the desired effect cannot be obtained. Consequently, coating of vitamin C with some substance is required so that the vitamin C is passed through stomachs and absorbed in an intestine. Hardened oils and fats of soybean are preferable as the coating agent. The dose is properly about 20 mg/kg weight/day-60 mg/kg weight/day calculated as vitamin C. As the result of Japanese Black, with regard to meat yield, a significant difference is not recognized between an administration group/non- administration group but with regard to meat quality, significant differences appear in marbling of fat (beef streaked with fine veins of fat), gloss, firmness and texture.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

霜降り肉(脂肪交雑肉)は、その柔らかさや歯切れのよさ等により、特に日本では大きな需要があるが、生産が難しいという問題がある。このため、日本のみならず、近年では海外においても霜降り肉生産のための研究が進められている。
牛の肉質改善のための提案は、これまで数多くなされている。例えば、特開平6-22704公報には、特定組成を有する脂肪酸のカルシウム塩を飼料に配合して牛に給与することにより、牛の肉質等級、脂肪交雑、しまり、味、柔らかさ等を改善するという方法が記載されている。また、特開平06-169726号公報には、水溶性の酸化マグネシウムと共に金属クロロフィリンを牛に投与するという方法が記載されている。これにより、屠殺後の枝肉処理において冷却するとミオグロビンは組織内残留酸素により再び酸化型ミオグロビンとなり、肉色、光沢がよくなる等の効果を生ずるとしている。特開平07-132050号公報には、ウコン粉末を1日の摂取量が約0.1g~0.4g/10kg体重になるように配合して給与すると、肥育用牛の育成後期より肥育期に発生し易いとされる肝膿瘍を予防し、併行して発症する肝変性、肝充血を防止すると共に、これらの肝機能の改善にあわせて肉質を向上させることができると記載されている。特開平10-113129号公報には、不飽和脂肪酸を含む脂肪酸の金属塩と、リン化合物又はこれと抗酸化剤とを用いて飼料組成物を構成することが記載されている。これにより、黒毛和牛、ホルスタイン、F1などの種々の品種の牛の肉の肉質改善、増体効果などに大きく寄与することができるとしている。特開平11-196776号公報には、香辛料及びビタミンEを添加した飼料を給与すると、鮮度、日持ちがよいと共に、ドリップが少なく、味がよい肉質の牛を生産することができると記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、牛の肉質を改善し、その脂肪交雑(BMS。いわゆる霜降り)の等級を上げる方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
牛にビタミンCを投与することによりの脂肪交雑等級を改善する方法。

【請求項2】
 
牛に油脂被覆ビタミンCを経口投与することにより肉の脂肪交雑等級を改善する方法。

【請求項3】
 
ビタミンCの投与量を20mg/kg体重/日~60mg/kg体重/日とする請求項1又は2に記載の牛の肉の脂肪交雑等級の改善方法。

【請求項4】
 
牛にビタミンCを投与することにより肉の光沢、締まり、きめを改善する方法。

【請求項5】
 
牛に油脂被覆ビタミンCを経口投与することにより肉の光沢、締まり、きめを改善する方法。

【請求項6】
 
ビタミンCの投与量を20mg/kg体重/日~60mg/kg体重/日とする請求項4又は5に記載の牛の肉の光沢、締まり、きめの改善方法。

【請求項7】
 
ビタミンCを牛の肥育中期から肥育後期を通して投与する請求項1~6のいずれかに記載の方法。

【請求項8】
 
ビタミンCを牛の10ヶ月齢以降投与する請求項1~6のいずれかに記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001011122thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close