Top > Search of Japanese Patents > PLASMA EXCHANGING AND WASTE-LIQUID PURIFYING CIRCULATING DIALYSIS SYSTEM

PLASMA EXCHANGING AND WASTE-LIQUID PURIFYING CIRCULATING DIALYSIS SYSTEM

Patent code P140010918
Posted date Aug 26, 2014
Application number P2007-051962
Publication number P2008-212299A
Patent number P5055546
Date of filing Mar 1, 2007
Date of publication of application Sep 18, 2008
Date of registration Aug 10, 2012
Inventor
  • (In Japanese)梅原 豊
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人弘前大学
Title PLASMA EXCHANGING AND WASTE-LIQUID PURIFYING CIRCULATING DIALYSIS SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a plasma exchanging and waste-liquid purifying circulating dialysis system, after executing the plasma exchange, safely, simply and efficiently purifying the plasma separated by the plasma exchange, and circulatingly using it as dialysis fluid.
SOLUTION: This plasma exchanging and waste-liquid purifying circulating dialysis system comprises: a circuit for separating blood extracted from the body of a patient into hemocyte and plasma, mixing replenisher solution to replace the separated plasma with the hemocyte and returning it to the body; and a circuit for purifying at least part of the separated plasma, circulating it as the dialysis fluid and dialyzing the blood extracted from the patient's body to remove harmful substances and returning it into the body, and is characterized in that the circuit for circulating the purified plasma to be used as the dialysis fluid is connected with a plurality of plasma purification devices in parallel to the circuit.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

急性肝不全などの治療として、患者の体内から取り出された血液を血球と血漿に分離し、分離された血漿のかわりとなる補充液を分離された血球と混合して体内に返還する血漿交換(Plasma Exchange:PE)が一般的に行われているが、その効果は患者の血漿を補充液で希釈し、余剰分を廃液として廃棄していることに過ぎないので限定的なものである。このような事情に鑑み、血漿交換によって分離された血漿を浄化し、これを透析液として循環利用して患者の体内から取り出された血液を透析することができる血漿交換廃液浄化循環透析装置が特許文献1において提案されている。この装置を用いれば、単に血漿交換を行うだけよりもより効果的に血液浄化を行うことができる。
【特許文献1】
特開2005-237946号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、血漿交換に引き続き、血漿交換によって分離された血漿を浄化し、これを透析液として循環利用できるようにした血漿交換・廃液浄化循環透析システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
患者の体内から取り出された血液を血球と血漿に分離し、分離された血漿のかわりとなる補充液を分離された血球と混合して体内に返還する回路と、分離された血漿の少なくとも一部を浄化し、これを透析液として循環させて患者の体内から取り出された血液を透析することで有害物を除去して体内に返還する回路を有する血漿交換・廃液浄化循環透析システムであって、透析液として利用する浄化した血漿を循環させる回路に複数の血漿浄化装置のそれぞれが回路に対して並列に出入路ポートを設けて接続され、かつ、それぞれの血漿浄化装置に対して装置を至適潅流速度で用いることを可能にするポンプが接続されてなることを特徴とするシステム。

【請求項2】
 
複数の血漿浄化装置が、陰イオン交換樹脂を用いた吸着器を持つ装置、活性炭を用いた吸着器を持つ装置、血液透析器を持つ装置から選択される少なくとも2種類の装置であることを特徴とする請求項1記載のシステム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007051962thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close