Top > Search of Japanese Patents > SYNTHESIS OF ANTICANCER AGENT BY TISSUE CULTURE OF PLANT

SYNTHESIS OF ANTICANCER AGENT BY TISSUE CULTURE OF PLANT

Patent code P140010920
Posted date Aug 26, 2014
Application number P2006-054586
Publication number P2007-228883A
Patent number P4852750
Date of filing Mar 1, 2006
Date of publication of application Sep 13, 2007
Date of registration Nov 4, 2011
Inventor
  • (In Japanese)長岐 正彦
  • (In Japanese)伊丸岡 大斗
  • (In Japanese)嵯峨 紘一
  • (In Japanese)大谷 典正
  • (In Japanese)槙 雄二
  • (In Japanese)西野 徳三
  • (In Japanese)古山 種俊
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人弘前大学
Title SYNTHESIS OF ANTICANCER AGENT BY TISSUE CULTURE OF PLANT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method for the production of prenylcarboxylic acids.
SOLUTION: The method for the production of prenylcarboxylic acids comprises the aerobic cultivation of a tissue cultured product of pumpkin under aerobic condition in the presence of prenyl alcohol and the separation of the corresponding prenylcarboxylic acid from the cultured product.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

イソプレノイド系化合物のアルコールとしては、イソプレノール(炭素原子数5個)、並びに当該イソプレノールを単量体とする重合体であるゲラニオール(炭素原子数10個)、ファルネソール(炭素原子数15個)、ゲラニルゲラニオール(炭素原子数20個)、ゲラニルファルネソール(炭素原子数25)、ヘキサプレノール(炭素原子数30)などが知られており、これらに対応するカルボン酸として、イソプレニル酸、ゲラニル酸、ファルネシル酸、ゲラニルゲラニル酸、ゲラニルファルネシル酸、ヘキサプレニル酸などが存在する。

上記のようなイソプレノイド系化合物のカルボン酸の製造方法としては対応するプレニルアルコールのヒドロキシル基を化学的に酸化してカルボン酸をえることが考えられる。ヒドロキシル基のみを選択的に酸化するのは困難である。

他方、カルス培養など、植物の組織培養により有用物質を製造する方法が種々知られている。しかしながら、本発明でいうイソプレノイド系化合物については、それらが植物細胞内に取り込まれ難いため、組織培養系によるイソプレノイド系化合物の製造は困難であると考えられていた。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、抗癌剤などとして有望な機能性イソプレノイド類のカルボン酸を対応するプレニルアルコールから生物学的に製造するための新規な方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
プレニルアルコールの存在下でカボチャのカルスを好気的条件下で培養し、培養物から対応するプレニルカルボン酸を採取することを特徴とするプレニルカルボン酸の製造方法。

【請求項2】
 
前記プレニルアルコールが、イソプレノール、ゲラニオール、ファルネソール、ゲラニルゲラニオール、ゲラニルファルネソール、またはヘキサプレノールであり、前記プレニルカルボン酸がイソプレニル酸、ゲラニル酸、ファルネシル酸、ゲラニルゲラニル酸、ゲラニルファルネシル酸またはヘキサプレニル酸である、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
前記培養を暗所で行なう、請求項1又は2に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close