Top > Search of Japanese Patents > INHIBITOR OF HYALURONIC ACID SYNTHESIS

INHIBITOR OF HYALURONIC ACID SYNTHESIS

Patent code P140010923
Posted date Aug 26, 2014
Application number P2005-251980
Publication number P2007-063193A
Patent number P4997494
Date of filing Aug 31, 2005
Date of publication of application Mar 15, 2007
Date of registration May 25, 2012
Inventor
  • (In Japanese)高垣 啓一
  • (In Japanese)吉原 秀一
  • (In Japanese)諸橋 一
  • (In Japanese)遠藤 正彦
  • (In Japanese)今 淳
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人弘前大学
Title INHIBITOR OF HYALURONIC ACID SYNTHESIS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inhibitor of hyaluronic acid synthesis as a new medicinal application of a coumarin-based compound except MU (4-Methylumbelliferone).
SOLUTION: The inhibitor of the hyaluronic acid synthesis contains the coumarin-based compound represented by the general formula (wherein, R1and R2are the same or different, and each hydrogen or an alkyl group with the proviso that at least one thereof is an alkyl group; R3, R4, R5and R6are the same or different, and each hydrogen or a hydroxy group with the proviso that at least one thereof is a hydroxy group; with the proviso that the case wherein R1is hydrogen, R2is a methyl group, R3is hydrogen, R4is hydrogen, R5is a hydroxy group and R6is hydrogen is excluded) of the figure or a pharmacologically acceptable salt thereof as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

下記の化学構造式で表されるクマリン系化合物の一つである4-メチルウンベリフェロン(4-Methylumbelliferone:MU)は、古くから利胆剤としての医薬用途が知られている他、最近では、ヒアルロン酸に対して合成阻害効果を有することが報告されている(非特許文献1)。

【化3】
(省略)

ヒアルロン酸は、グルクロン酸とN-アセチルグルコサミンの二糖単位の繰り返し構造からなる直鎖状の高分子多糖で、細胞外マトリックスの主要な構成成分の一つとして生体内に広く分布している。近年、このヒアルロン酸が、組織の構築材料としてばかりでなく、細胞の挙動に大きな影響を与えていることが知られてきた。その一例として挙げられるのが、癌細胞とヒアルロン酸との関係である。癌組織は、ヒアルロン酸リッチな環境を形成していることが知られており、癌細胞の増殖や浸潤とヒアルロン酸との間に関連性があることが示唆されている。事実、培養系においても、癌細胞と線維芽細胞を混合培養すると、線維芽細胞のヒアルロン酸合成が顕著に増加することが知られている。前述の通り、MUにはヒアルロン酸合成阻害効果があることが知られているが、MU以外のクマリン系化合物のヒアルロン酸合成に対する作用についてはこれまで報告された例がない。
【非特許文献1】
Nakamura, T., Takagaki, K., Shibata, S., Tanaka, K., Higuchi, T., and Endo, M. (1995) Biochem. Biophys. Res. Commun., 208, 470-475

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ヒアルロン酸合成阻害剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
5,7-ジヒドロキシ-4-アルキルクマリンまたは6,7-ジヒドロキシ-4-アルキルクマリンであるクマリン系化合物またはその薬学的に許容される塩を有効成分とすることを特徴とするヒアルロン酸合成阻害剤(但し、癌の予防・治療の用途を除く)

【請求項2】
 
クマリン系化合物が5,7-ジヒドロキシ-4-メチルクマリンまたは6,7-ジヒドロキシ-4-メチルクマリンであることを特徴とする請求項1記載のヒアルロン酸合成阻害剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close