Top > Search of Japanese Patents > NEW PHARMACOLOGICAL APPLICATION OF PROTEOGLYCAN CONTAINED IN SALMON CARTILAGE

NEW PHARMACOLOGICAL APPLICATION OF PROTEOGLYCAN CONTAINED IN SALMON CARTILAGE

Patent code P140010933
Posted date Aug 26, 2014
Application number P2007-090857
Publication number P2008-247803A
Patent number P5194253
Date of filing Mar 30, 2007
Date of publication of application Oct 16, 2008
Date of registration Feb 15, 2013
Inventor
  • (In Japanese)中村 敏也
  • (In Japanese)高垣 啓一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人弘前大学
Title NEW PHARMACOLOGICAL APPLICATION OF PROTEOGLYCAN CONTAINED IN SALMON CARTILAGE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new pharmacological application of proteoglycan contained in salmon cartilage.
SOLUTION: This cell proliferation-accelerating agent and hyaluronic acid synthesis-accelerating agent is provided by using the proteoglycan contained in the salmon cartilage as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

プロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸とともに動物の軟骨を構成する主成分であり、保水性に優れるといった作用を持つことが古くから知られている。近年、酢酸と食塩とエタノールだけを用い、安全にかつ低コストでサケの鼻軟骨からプロテオグリカンを分離精製する技術が確立され(特許文献1)、プロテオグリカンの大量供給が可能になったことから、今日、その研究開発が精力的に行われている。しかしながら、プロテオグリカンが持つ薬理作用の全容は未だ明らかにされていない。
【特許文献1】
特許第3731150号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、サケ軟骨に含まれるプロテオグリカンの新規な薬理用途に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
サケ軟骨に含まれるプロテオグリカンを有効成分とする皮膚線維芽細胞の増殖促進剤

【請求項2】
 
サケ軟骨に含まれるプロテオグリカンを有効成分とする皮膚線維芽細胞のヒアルロン酸合成促進剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007090857thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close