Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CONSTRUCTING SUGAR CHAIN

METHOD FOR CONSTRUCTING SUGAR CHAIN

Patent code P140010941
Posted date Aug 26, 2014
Application number P2008-120160
Publication number P2009-268384A
Patent number P5278871
Date of filing May 2, 2008
Date of publication of application Nov 19, 2009
Date of registration May 31, 2013
Inventor
  • (In Japanese)山口 真範
  • (In Japanese)遠藤 正彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人和歌山大学
Title METHOD FOR CONSTRUCTING SUGAR CHAIN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for constructing a sugar chain useful for preparation etc., of artificial proteoglycans or artificial glycosaminoglycans.
SOLUTION: The method for constructing the sugar chain is characterized by carrying out oxymercuration of an unsaturated bond in an unsaturated hexuronic acid of an oligosaccharide having the unsaturated hexuronic acid at the nonreducing terminal (with the proviso that a mercury salt to be used is 5 molar equivalents at the maximum based on the oligosaccharide), and the subsequent reductive demercuration, thereby converting the unsaturated hexuronic acid at the nonreducing terminal into hexuronic acid, and then conducting glycosylation of the hexuronic acid. Thereby, a new methodology for extending the sugar chain by converting the unsaturated hexuronic acid at the nonreducing terminal into the hexuronic acid, and conducting the glycosylation of the hexuronic acid is provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

糖鎖は、核酸、タンパク質次ぐ第三の“鎖”であり、近年、その役割や機能の実態が次第に明らかになるとともに、糖鎖の機能の向上や改変のための糖鎖工学の研究も盛んに行われていることは当業者に周知の通りである。例えば、人工的な糖鎖の構築方法については、グリコシダーゼの糖転移活性を利用したグリコシル化(例えば非特許文献1)などの酵素学的手法の他、化学的手法が種々提案されている。
【非特許文献1】
H, Saitoh et al., J. Biol. Chem., 270, 3741-3747, 1995.

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、人工プロテオグリカンや人工グリコサミノグリカンの作製のためなどに有用な糖鎖の構築方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
非還元末端に不飽和ヘキスロン酸を有するオリゴ糖の不飽和ヘキスロン酸の不飽和結合のオキシ水銀化(ただし使用する水銀塩はオリゴ糖に対して最大で5モル当量とする)とそれに続く還元的脱水銀化を行うことで非還元末端の不飽和ヘキスロン酸をヘキスロン酸に変換した後、ヘキスロン酸のグリコシル化を行うことを特徴とする糖鎖の構築方法。

【請求項2】
 
非還元末端に不飽和ヘキスロン酸を有するオリゴ糖が非還元末端にΔ4-ヘキスロン酸を有するオリゴ糖であることを特徴とする請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
ヘキスロン酸のグリコシル化をグリコシダーゼの糖転移活性を利用して行うことを特徴とする請求項1または2記載の方法。

【請求項4】
 
非還元末端に不飽和ヘキスロン酸を有するオリゴ糖の不飽和ヘキスロン酸の不飽和結合のオキシ水銀化(ただし使用する水銀塩はオリゴ糖に対して最大で5モル当量とする)とそれに続く還元的脱水銀化を行うことを特徴とする非還元末端に不飽和ヘキスロン酸を有するオリゴ糖の非還元末端の不飽和ヘキスロン酸のヘキスロン酸への変換方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008120160thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close