Top > Search of Japanese Patents > NOVEL PEPTIDE AND PHARMACEUTICAL APPLICATION OF THE SAME

NOVEL PEPTIDE AND PHARMACEUTICAL APPLICATION OF THE SAME meetings

Patent code P140010944
Posted date Aug 26, 2014
Application number P2012-191205
Publication number P2014-047164A
Patent number P6183879
Date of filing Aug 31, 2012
Date of publication of application Mar 17, 2014
Date of registration Aug 4, 2017
Inventor
  • (In Japanese)石黒 誠一
  • (In Japanese)尾▲崎▼ 拓
  • (In Japanese)中澤 満
  • (In Japanese)山下 哲郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人弘前大学
  • (In Japanese)国立大学法人岩手大学
Title NOVEL PEPTIDE AND PHARMACEUTICAL APPLICATION OF THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel peptide having excellent inhibitory action to mitochondrial calpain which is effective in prevention or treatment of retinal photoreceptor cell degeneration.
SOLUTION: There is provided a peptide having an amino acid sequence consisting of a specific sequence, or a peptide which has an amino acid sequence where one or several amino acids are substituted, deleted and/or added in an amino acid sequence consisting of a specific sequence, and has inhibitory action to mitochondrial calpain, wherein, adding a protein transduction domain to N-terminal of the peptide makes it suitable as an active ingredient for intravitreal injections or ophthalmic solutions for preventing or treating retinal photoreceptor cell degeneration.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

網膜色素変性症は、多種多様な視細胞特異的遺伝子異常に基づく疾患であり、夜盲や視野狭窄、視力低下といった症状が段階的に発症する。本疾患は進行性の視細胞死を本質とするものであり、日本人の中途視覚障害原因の第3位に位置している。よって、本疾患に対して有効な予防方法や治療方法に関する研究開発が精力的に行われており、脳由来神経栄養因子(BDNF)やカルシウム拮抗剤であるニルバジピンを眼内投与する方法などが提案されているが、その効果は十分と言えるものではない。このような状況下、本発明者らの研究グループは、Ca2+依存性中性システインプロテアーゼの一つであるカルパインが細胞質のみならずミトコンドリアにも存在し、ミトコンドリアに存在するカルパイン(ミトコンドリアカルパイン)がアポトーシスの誘導に関与していること、網膜色素変性症のモデル動物であるRCSラット(Royal College of Surgeons rat)を用いた実験において網膜変性の初期段階にミトコンドリアカルパインが活性化し、ミトコンドリアからのアポトーシス誘導因子(AIF)の遊離を誘導していることなどをこれまでに明らかにしてきた。さらに近年、本発明者らの研究グループは、ラットのμ-カルパインとm-カルパインのそれぞれの活性サブユニットのドメインIIIの部分ペプチドが、ミトコンドリアカルパインに対する阻害作用に基づく網膜視細胞変性症の予防や治療への利用可能性を有することを報告している(非特許文献1)。しかしながら、ミトコンドリアカルパインを阻害することによって網膜視細胞変性症の予防や治療を行うために、有効成分とするペプチドはいかなるものが最適なのかといった点などにおいて未だ不明な部分も多い。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、網膜視細胞変性症の予防や治療に有効な、ミトコンドリアカルパインに対して優れた阻害作用を有する新規ペプチドに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(1)配列番号1に記載のアミノ酸配列からなるペプチド
(2)配列番号1に記載のアミノ酸配列のN末端および/またはC末端に最大で5個のアミノ酸が付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、ミトコンドリアカルパインに対して阻害作用を有するペプチド
(3)配列番号5に記載のアミノ酸配列からなるペプチド、
(4)配列番号5に記載のアミノ酸配列のN末端および/またはC末端に最大で5個のアミノ酸が付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、ミトコンドリアカルパインに対して阻害作用を有するペプチド、
のいずれかのペプチドのN末端に、タンパク質伝達ドメインが付加されてなるペプチドを有効成分とする、網膜視細胞変性症の予防及び/又は治療のための硝子体内注射剤。

【請求項2】
 
(1)配列番号1に記載のアミノ酸配列からなるペプチド
(2)配列番号1に記載のアミノ酸配列のN末端および/またはC末端に最大で5個のアミノ酸が付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、ミトコンドリアカルパインに対して阻害作用を有するペプチド
(3)配列番号5に記載のアミノ酸配列からなるペプチド、
(4)配列番号5に記載のアミノ酸配列のN末端および/またはC末端に最大で5個のアミノ酸が付加されたアミノ酸配列からなり、かつ、ミトコンドリアカルパインに対して阻害作用を有するペプチド、
のいずれかのペプチドのN末端に、タンパク質伝達ドメインが付加されてなるペプチドを有効成分とする、網膜視細胞変性症の予防及び/又は治療のための点眼剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012191205thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close