Top > Search of Japanese Patents > POWER GENERATION DEVICE

POWER GENERATION DEVICE

Patent code P140010951
File No. N13110
Posted date Aug 28, 2014
Application number P2014-059771
Publication number P2015-186323A
Patent number P6358824
Date of filing Mar 24, 2014
Date of publication of application Oct 22, 2015
Date of registration Jun 29, 2018
Inventor
  • (In Japanese)卜 穎剛
  • (In Japanese)水野 勉
  • (In Japanese)小柳津 一晃
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title POWER GENERATION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a power generation device of which the downsizing is attained, and which is capable of efficiently generating an induction voltage in a coil with an operation for moving a movable element and can be used while being integrated in a radio switch or the like.
SOLUTION: The power generation device includes: a coil 20 including a yoke 22; a movable element 11 including a permanent magnet 10; guide mechanisms 14a and 14b for guiding a moving direction of the movable element 11 in an axial direction of the coil 20 at a side position of the coil 20; and stopper grooves 12a, 12b, 16a and 16b for regulating a moving range of the movable element 11. An energization force is applied to the permanent magnet 10 so as to perform magnetization in such a direction that a direction of a magnetic flux crossing the coil 20 is inverted with a motion of the movable element 11 when the movable element 11 reciprocates in the axial direction of the coil 20, and to pull back the movable element 11 to a center position when the movable element 11 is displaced from a center position of the moving range.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

運動エネルギーを電気エネルギーに変換するデバイスとして、人の操作力を電気エネルギーに変換する発電デバイスがある。このような人の操作力を利用して発電させるデバイスを、例えば無線スイッチとして利用すれば、スイッチ用の配線が不要になり、スイッチの位置が自由に設定できることから、種々の用途へ応用利用することが可能である。
このような発電デバイスを無線スイッチに利用した例としては、スイッチの内部に、一方側と他方側に反転する形態に支持した永久磁石と、コイルとを配置し、スイッチを押す操作により永久磁石が反転する際に、コイルに鎖交する磁束が変化してコイルに発生する誘起電圧を利用してスイッチ用の無線素子を駆動する構成としたものがある(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は発電デバイスに関し、より詳細にはコイルに対し磁束を鎖交させて配置した永久磁石を、コイルに対して往復動させることによりコイルに電圧を誘起させる発電デバイスに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヨークを備えるコイルと、
永久磁石を備える可動子と、
前記コイルの側方位置において、前記可動子の移動方向を前記コイルの軸線方向に沿うようにガイドするガイド機構と、
前記可動子の移動範囲を規制し、しかも磁気的な吸引作用により、前記可動子を発散的に動作させる推力を生じさせる、軟磁性体からなるストッパ機構とを備え、
前記永久磁石は、前記可動子を前記コイルの軸線方向に往復動させた際に、コイルに鎖交する磁束の向きが可動子の動作に伴い反転する向きに着磁され、
前記可動子には、前記移動範囲の中央位置から可動子が変位した際に可動子を中央位置に引き戻す付勢力が付与され、しかも前記推力との合力は発散的であることを特徴とする発電デバイス。

【請求項2】
 
前記ガイド機構は、前記可動子の移動方向を前記コイルの軸線方向に沿うようにガイドするとともに、前記可動子が前記移動範囲の中央位置から変位した際に、可動子を前記中央位置に引き戻す付勢力を付与する弾性支持体を備えることを特徴とする請求項1記載の発電デバイス。

【請求項3】
 
前記弾性支持体として板ばねを用いることを特徴とする請求項2記載の発電デバイス。

【請求項4】
 
前記永久磁石は、前記コイルの軸線方向に垂直となる方向に着磁されていることを特徴とする請求項1~3のいずれか一項記載の発電デバイス。

【請求項5】
 
前記可動子は、永久磁石と該永久磁石を支持するヨーク体とからなり、該ヨーク体は前記コイルの軸線方向に長手となる形状に設けられていることを特徴とする請求項1~4のいずれか一項記載の発電デバイス。

【請求項6】
 
前記ストッパ機構は、
前記コイルの軸線方向の両端部に配されたストッパヨークと、
前記ヨーク体の両端部に、先端が前記コイルに向けいてL字形に折曲して設けられた折曲部とを備え、
前記可動子が移動した際に、前記ストッパヨークと前記折曲部とが相互に当接する配置に設けられていることを特徴とする請求項5記載の発電デバイス。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014059771thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close