Top > Search of Japanese Patents > RICE TRANSFORMANT AND METHOD OF MAKING THE SAME

RICE TRANSFORMANT AND METHOD OF MAKING THE SAME

Patent code P140010976
File No. 12081
Posted date Sep 4, 2014
Application number P2013-048259
Publication number P2014-171451A
Patent number P6114580
Date of filing Mar 11, 2013
Date of publication of application Sep 22, 2014
Date of registration Mar 24, 2017
Inventor
  • (In Japanese)島田 裕士
  • (In Japanese)坂本 敦
Applicant
  • Hiroshima University
Title RICE TRANSFORMANT AND METHOD OF MAKING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a biomass plant whose yield can be increased and a method of making the same.
SOLUTION: A CYO1 gene is introduced into a rice transformant. The CYO1 gene to be introduced includes, for example, a rice CYO1 gene. Agrobacterium can be used for the introduction of the CYO1 gene.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、地球温暖化の防止を目的として、排出される二酸化炭素の削減が求められており、二酸化炭素を吸収する手段の1つとして、二酸化炭素を吸収する植物を用いて、その植物バイオマス植物バイオマスを生産する方法が提案されている。例えば特許文献1では、糖生合成に関与する遺伝子構築物の導入により植物バイオマスの増大させることが記載されている。

特許文献1には、植物等を殺虫剤で処理することによって、二酸化炭素の同化を増強し、それによって植物の乾燥バイオマスが増強されることが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、イネ形質転換体及びその作製方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
CYO1遺伝子が導入され、且つ導入された前記CYO1遺伝子が発現しているイネ形質転換体であって、
前記CYO1遺伝子は、イネCYO1遺伝子、前記イネCYO1遺伝子がコードするタンパク質をコードするバリアント又はシロイヌナズナCYO1遺伝子であり、ユビキチンプロモータの下流に配置されており、
野生型イネよりも乾燥重量が大きいことを特徴とするイネ形質転換体。

【請求項2】
 
前記CYO1遺伝子は、配列番号3の核酸配列で表されたイネCYO1遺伝子又は配列番号4のアミノ酸配列で表されたタンパク質をコードするバリアントであることを特徴とする請求項1に記載のイネ形質転換体。

【請求項3】
 
CYO1遺伝子が導入されたアグロバクテリウムを作製するステップと、
前記アグロバクテリウムをイネに感染させるステップと、
前記アグロバクテリウムに感染した前記イネのうち、前記CYO1遺伝子が発現する株を選抜し、野生型イネよりも乾燥重量が増加したイネ形質転換体を得るステップとを備え、
前記CYO1遺伝子は、イネCYO1遺伝子、前記イネCYO1遺伝子がコードするタンパク質をコードするバリアント又はシロイヌナズナCYO1遺伝子であり、
前記アグロバクテリウムを作製するステップは、
ユビキチンプロモータをバイナリーベクターに導入するステップと、
前記CYO1遺伝子を前記バイナリーベクター内の前記ユビキチンプロモータの下流に導入するステップと、
前記ユビキチンプロモータ及び前記CYO1遺伝子が導入された前記バイナリーベクターを前記アグロバクテリウムに導入するステップとを含んでいることを特徴とするイネ形質転換体の作製方法。

【請求項4】
 
前記CYO1遺伝子は、配列番号3の核酸配列で表されたイネCYO1遺伝子又は配列番号4のアミノ酸配列で表されたタンパク質をコードするバリアントであることを特徴とする請求項3に記載のイネ形質転換体の作製方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013048259thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close