Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)材料混合方法

(In Japanese)材料混合方法 meetings

Patent code P140010994
File No. (S2014-0448-N0)/11822
Posted date Sep 17, 2014
Application number P2016-505293
Patent number P6565067
Date of filing Feb 26, 2015
Date of registration Aug 9, 2019
International application number JP2015055604
International publication number WO2015129805
Date of international filing Feb 26, 2015
Date of international publication Sep 3, 2015
Priority data
  • P2014-038777 (Feb 28, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)中原 明生
  • (In Japanese)松尾 洋介
  • (In Japanese)伊藤 丸人
  • (In Japanese)米山 瞭汰
Applicant
  • Nihon University
Title (In Japanese)材料混合方法 meetings
Abstract (In Japanese)材料混合方法は、粒子状の固体材料および液体材料、またはコロイド粒子とコロイド粒子の分散媒とを、体積比率が液性限界以上かつ塑性限界以下となるように混合した混合材料に外場を加える工程と、混合材料を静置した後、混合材料の内部に、混合材料の降伏応力を超えるエネルギーを有する超音波振動を伝播させる工程と、を有する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、固体材料と液体材料とを混合した混合材料や、液体材料と液体材料を混合した混合材料のように、2種以上の材料を混合するという操作は、塗料、化粧品、建築等の多くの分野において多く行われている。このような混合材料は、濃度によって挙動が大きく変化する。

例えば、発明者らの検討により、固体材料と液体材料とを混合した固液混合材料は、塑性を発現するほど固体材料が高濃度となると、撹拌時の流れや振動などの力学的な外場を受けることで、外場の方向に応じて内部にミクロで異方的な疎密構造が形成されることが分かった(例えば、非特許文献1参照)。

例えば、高濃度の固液混合材料を一方向に往復させ振動させると、固液混合材料の内部には、振動方向に生じる圧縮波に起因した疎密構造が形成される。また、高濃度の固液混合材料を流動させると、固液混合材料の内部には、流れのせん断応力に起因した疎密構造が形成される。すなわち、固液混合材料には、力学的な外場に応じて、異方性を有する疎密構造が形成される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、材料混合方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
粒子状の固体材料および液体材料、またはコロイド粒子および前記コロイド粒子の分散媒を、体積比率が液性限界以上かつ塑性限界以下となるように混合した塑性体の混合材料に振動を加える工程と、
前記混合材料を静置した後、前記混合材料の内部に、前記混合材料の降伏応力を超えるエネルギーを有する超音波振動を伝播させる工程と、を有する材料混合方法。

【請求項2】
 
前記超音波振動を伝播させる工程では、前記混合材料の一部の領域に超音波照射を行い、前記混合材料の残る領域に超音波照射を行わない請求項1に記載の材料混合方法。

【請求項3】
 
前記混合材料がモルタルを含む請求項2に記載の材料混合方法。

【請求項4】
 
粒子状の固体材料および液体材料、またはコロイド粒子および前記コロイド粒子の分散媒を、体積比率が液性限界以上かつ塑性限界以下となるように混合した塑性体の混合材料に外場を加える工程と、
前記混合材料を静置した後、前記混合材料の内部に、前記混合材料の降伏応力を超えるエネルギーを有する超音波振動を伝播させる工程と、を有し、
前記粒子状の固体材料が誘電体または磁性体であり、
前記外場は、電磁気的な外場である材料混合方法。

【請求項5】
 
前記超音波振動を伝播させる工程では、前記混合材料に対して複数の方向から前記超音波振動を伝播させる請求項1から4のいずれか1項に記載の材料混合方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016505293thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) NIHON UNIVERSITY's
Researcher Information
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close