Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR EXTRACTION SEPARATION OF RARE METAL USING NITRILOACETAMIDE

METHOD FOR EXTRACTION SEPARATION OF RARE METAL USING NITRILOACETAMIDE meetings

Patent code P140011025
File No. 13870
Posted date Oct 10, 2014
Application number P2013-025879
Publication number P2014-152382A
Patent number P6083862
Date of filing Feb 13, 2013
Date of publication of application Aug 25, 2014
Date of registration Feb 3, 2017
Inventor
  • (In Japanese)佐々木 祐二
  • (In Japanese)津幡 靖宏
  • (In Japanese)北辻 章浩
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title METHOD FOR EXTRACTION SEPARATION OF RARE METAL USING NITRILOACETAMIDE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for extraction separation enabling many kinds of rare metals to be recovered at a time.
SOLUTION: There is provided a method for extraction separation of rare metals from a hydrochloric acid solution or a nitric acid solution by using as an extractant, nitriloacetamide represented by the general formula, where R is an alkyl group having 6 to 12 carbon atoms. The rare metal is preferably one or more kind selected from among Nb, Ta, Cr, Mo, W, Re, Ru, Ir, Pd, Pt, Ga, In, Sb, Bi, Te, Hg, Tc and V. The rare metal is solvent-extracted from the hydrochloric acid solution or the nitric acid solution by using an extraction solvent obtained by solving nitriloacetamide in an organic solvent, or the rare metal is extraction-separated from the hydrochloric acid solution or the nitric acid solution by passing the hydrochloric acid solution or the nitric acid solution containing the rare metal through a solid adsorbent obtained by impregnating nitriloacetamide into a resin.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

経済産業省がレアメタルと定義した金属は(1)国家備蓄鉱種、(2)要注視鉱種、及び(3)その他鉱種、に分類される。この中で多くの金属が塩酸溶液中で安定なイオンとして存在するため、塩酸溶液からのレアメタルの回収方法が求められている。従来提案されている方法では、金属ごとに回収方法が異なっている。例えば、金はアマルガム法や青化法(非特許文献1)、イリジウム及び白金はアルカリ融解-回収法(特許文献1及び特許文献2)、パラジウムは陽イオン交換法(特許文献3)などが提案されている。このように金属ごとに独自の方法が採用される経緯があり、レアメタルが共存する物質から同時に回収ができない状況にある。多くのレアメタルを可能な限り同じ方法を利用して回収できれば高経済性に繋がる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、塩酸溶液からのレアメタルの抽出分離方法に関し、特に、塩酸溶液又は硝酸溶液からNb,Ta,Cr,Mo,W,Re,Ru,Ir,Pd,Pt,Ga,In,Sb,Bi、Te、Hg、Tc又はVを有機相に抽出分離する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式:
【化1】
 
(省略)
(式中、Rは炭素数6~12のアルキル基である)で表されるニトリロトリアセトアミドを抽出剤として用いる塩酸溶液又は硝酸溶液からのレアメタルの抽出分離方法であって、
前記レアメタルは、Nb,Ta,Cr,Mo,W,Re,Ru,Ir,Pd,Pt,Ga,In,Sb,Bi、Te、Hg、Tc及びVから選択される1種以上である、レアメタルの抽出分離方法

【請求項2】
 
前記ニトリロトリアセトアミドを有機溶媒に溶解させた抽出溶媒を用いて、塩酸溶液又は硝酸溶液から前記レアメタルを溶媒抽出する、請求項1に記載のレアメタルの抽出分離方法。

【請求項3】
 
前記有機溶媒は、炭化水素系有機溶媒である、請求項2に記載のレアメタルの抽出分離方法。

【請求項4】
 
前記ニトリロトリアセトアミドを樹脂に含浸させてなる固体吸着剤に、前記レアメタルを含む塩酸溶液又は硝酸溶液を通液して、塩酸溶液又は硝酸溶液から前記レアメタルを抽出分離する、請求項1に記載のレアメタルの抽出分離方法。

【請求項5】
 
下記一般式:
【化2】
 
(省略)
(式中、Rは炭素数6~12のアルキル基である)で表されるニトリロトリアセトアミドを樹脂に含浸させてなる固体吸着剤を充填してなるレアメタル抽出カラムであって、
前記レアメタルは、Nb,Ta,Cr,Mo,W,Re,Ru,Ir,Pd,Pt,Ga,In,Sb,Bi、Te、Hg、Tc及びVから選択される1種以上である、レアメタル抽出カラム
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close