Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ミセル及びその利用

(In Japanese)ミセル及びその利用

Patent code P140011032
File No. K028P54
Posted date Oct 27, 2014
Application number P2011-553642
Patent number P5397822
Date of filing May 10, 2011
Date of registration Nov 1, 2013
International application number JP2011060748
International publication number WO2012063509
Date of international filing May 10, 2011
Date of international publication May 18, 2012
Priority data
  • P2010-252923 (Nov 11, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)宮田 隆志
  • (In Japanese)浦上 忠
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title (In Japanese)ミセル及びその利用
Abstract (In Japanese)水中においてミセルを形成する化合物であって、当該ミセル内部において、液晶相を形成する化合物を実現する。本発明の化合物は、水中においてミセルを形成し、当該ミセル内部において、液晶相を形成する化合物である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

親水鎖と疎水鎖とからなる両親媒性分子は水中でミセルを形成することが知られており、様々な分野で利用されている。

例えば、このようなミセルはその内部に疎水性薬物等を保持させることができ、様々な薬物を放出制御するための薬物キャリアとしてドラッグデリバリーシステム(DDS)等への応用研究が精力的に行われている。最近では、pHや温度変化によってミセルの安定性が変化して薬物放出を制御できるシステムも報告されており、自律応答型DDSや標的指向型DDS等への応用が期待されている(例えば、非特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えば、薬物放出キャリア、水性塗料、コーティング剤、接着剤、吸着剤等として有用な化合物を含むミセル、およびその利用に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水中においてミセルを形成する化合物であって、
酸素原子を含む主鎖に、親水基とメソゲン基とが、側鎖として結合されてなり、
ビニル基、アリル基またはメタクリロイル基を有する上記親水基およびビニル基、アリル基またはメタクリロイル基を有する上記メソゲン基が、当該ビニル基、アリル基またはメタクリロイル基を介してポリシロキサン主鎖中のケイ素原子に結合しており、
上記親水基がポリアルキレングリコール基であり、
上記主鎖が下記式
【化1】
 
(省略)
(式中、Rは、それぞれ独立して、炭化水素基である。nは1~10,000の整数である。)
で示されるポリシロキサンであり、
分子量が500~5,000,000の範囲内であり、
当該ミセル内部において、液晶相を形成する化合物により形成されるミセル。

【請求項2】
 
両親媒性化合物であって、
酸素原子を含む主鎖に、親水基とメソゲン基とが、側鎖として結合されてなり、
ビニル基、アリル基またはメタクリロイル基を有する上記親水基およびビニル基、アリル基またはメタクリロイル基を有する上記メソゲン基が、当該ビニル基、アリル基またはメタクリロイル基を介してポリシロキサン主鎖中のケイ素原子に結合しており、
上記親水基がポリアルキレングリコール基であり、
上記主鎖が下記式
【化2】
 
(省略)
(式中、Rは、それぞれ独立して、炭化水素基である。nは1~10,000の整数である。)
で示されるポリシロキサンであり、
100℃以下で液晶相を示し、
分子量が500~5,000,000の範囲内である化合物により水中において形成されるミセル。

【請求項3】
 
上記ミセル内部において液晶相を形成する、請求項2に記載のミセル。

【請求項4】
 
上記ミセル内部が100℃以下で液晶相を示し、
上記ミセル内部の液晶相における、液晶相から等方相への転移温度が20~60℃の範囲内である、請求項1または3に記載のミセル。

【請求項5】
 
請求項1~4の何れか1項に記載のミセル内部に薬物を保持させ、外部刺激によって当該薬物の放出を制御する方法。

【請求項6】
 
水性塗料、又はコーティング剤に用いられる、請求項1~4の何れか1項に記載のミセル。

【請求項7】
 
接着剤に用いられる、請求項1~4の何れか1項に記載のミセル。

【請求項8】
 
吸着剤に用いられる、請求項1~4の何れか1項に記載のミセル。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011553642thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Structures and control of interfaces AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close