Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CULTIVATING PLANT AND DEVICE FOR CULTIVATING PLANT

METHOD FOR CULTIVATING PLANT AND DEVICE FOR CULTIVATING PLANT meetings

Patent code P140011051
File No. 2011-P12
Posted date Oct 30, 2014
Application number P2012-017168
Publication number P2012-196202A
Patent number P5920878
Date of filing Jan 30, 2012
Date of publication of application Oct 18, 2012
Date of registration Apr 22, 2016
Priority data
  • P2011-050343 (Mar 8, 2011) JP
Inventor
  • (In Japanese)玉置 雅彦
  • (In Japanese)木村 龍典
Applicant
  • (In Japanese)学校法人明治大学
Title METHOD FOR CULTIVATING PLANT AND DEVICE FOR CULTIVATING PLANT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for cultivating a plant and a device for cultivating a plant, for promoting growth of the plant in hydroponic culture.
SOLUTION: In this method for cultivating a plant by the hydroponic culture using a culture solution, light in a wavelength range in a visible region is irradiated to a root region of the plant. Preferably, the light is reddish light α wherein a wavelength [nm] is in a range of 600-750, bluish light β wherein a wavelength [nm] is in a range of 435-500, and/or yellowish light γ wherein a wavelength [nm] is in a range of 570-600.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来、屋内にて水耕栽培などにより人工的に農作物などの植物を栽培する場合、植物は光合成によって成長するため、植物の地上部(茎と葉)に、太陽光または太陽光に代わる人工光を照射している。

人工光を用いる場合、その光源としては、電熱灯、放電ランプ、蛍光灯、発光ダイオード(LED)などが用いられている。これらの光源の中でも、植物が生育するのに必要な波長の光のみを放射する、消費電力が小さくかつ電力/光変換効率がよい、寿命が長い、小型であるなどの特徴から、LEDが好適である。





植物の生育には、波長400~500nmの青色系の光と、波長600~700nmの赤色系の光とが必要であることが知られている。そこで、光源としてLEDを用いた植物の栽培では、照明板に、赤色系の光を発光するLED(赤色系LED)と青色系の光を発光するLED(青色系LED)を複数配設し、赤色系LEDと青色系LEDを同時または交互に点灯することにより、植物の地上部に、赤色系の光と青色系の光を照射している(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、根域に対する可視光照射による植物の栽培方法および植物の栽培装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
培養液を用いた水耕栽培による植物の栽培方法であって、前記植物は、前記植物の根域を育成する第一空間と前記植物の地上部を育成する第二空間とを仕切る仕切部材によって仕切られており、前記仕切部材を基準として前記第一空間側に配置された光源から、前記植物の根域に対して、可視域の波長範囲にある光を照射することを特徴とする植物の栽培方法。

【請求項2】
 
前記光は、波長[nm]が600~750の範囲にある赤色系の光αであることを特徴とする請求項1に記載の植物の栽培方法。

【請求項3】
 
前記光αの光合成有効光量子束密度[μmol/m2/s]は1~200の範囲にある
ことを特徴とする請求項2に記載の植物の栽培方法。

【請求項4】
 
前記光は、波長[nm]が435~500の範囲にある青色系の光βであることを特徴とする請求項1に記載の植物の栽培方法。

【請求項5】
 
前記光βの光合成有効光量子束密度[μmol/m2/s]は1~200の範囲にある
ことを特徴とする請求項4に記載の植物の栽培方法。

【請求項6】
 
前記光は、波長[nm]が570~600の範囲にある黄色系の光γであることを特徴とする請求項1に記載の植物の栽培方法。

【請求項7】
 
前記光γの光合成有効光量子束密度[μmol/m2/s]は1~200の範囲にある
ことを特徴とする請求項6に記載の植物の栽培方法。

【請求項8】
 
前記光は、波長[nm]が600~750の範囲にある赤色系の光α、および、波長[nm]が435~500の範囲にある青色系の光βであることを特徴とする請求項1に記載の植物の栽培方法。

【請求項9】
 
前記光αの光合成有効光量子束密度[μmol/m2/s]は1~200の範囲にあり
、前記光βの光合成有効光量子束密度[μmol/m2/s]は1~200の範囲にあることを特徴とする請求項8に記載の植物の栽培方法。

【請求項10】
 
前記光は、波長[nm]が600~750の範囲にある赤色系の光α、波長[nm]が435~500の範囲にある青色系の光β、および、波長[nm]が570~600の範囲にある黄色系の光γであることを特徴とする請求項1に記載の植物の栽培方法。

【請求項11】
 
前記光αの光合成有効光量子束密度[μmol/m2/s]は1~200の範囲にあり
、前記光βの光合成有効光量子束密度[μmol/m2/s]は1~200の範囲にあり、前記光γの光合成有効光量子束密度[μmol/m2/s]は1~200の範囲にあることを特徴とする請求項10に記載の植物の栽培方法。

【請求項12】
 
前記植物は、野菜類、花卉類又は穀類であることを特徴とする請求項1~11のいずれか1項に記載の植物の栽培方法。

【請求項13】
 
前記野菜類は、葉菜類、根菜類又は果菜類であることを特徴とする請求項12に記載の植物の栽培方法。

【請求項14】
 
前記葉菜類は、小松菜、ホウレン草、レタス、ミツバ、ねぎ、ニラ、サラダ菜、パセリ、青梗菜、春菊、ペパーミント、甘草およびバジルの群から選択される少なくとも1種であることを特徴とする請求項13に記載の植物の栽培方法。

【請求項15】
 
前記根菜類は、大根、二十日大根、人参、朝鮮人参、わさび、じゃがいも、サツマイモ、カブおよび生姜の群から選択される少なくとも1種であることを特徴とする請求項13に記載の植物の栽培方法。

【請求項16】
 
前記果菜類は、トマト、イチゴ、胡瓜、メロン、茄子およびピーマンの群から選択される少なくとも1種であることを特徴とする請求項13に記載の植物の栽培方法。

【請求項17】
 
前記花卉類は、バラ、シクラメン、チューリップ、キンギョソウ、ダリア、キク、ガーベラおよびランの群から選択される少なくとも1種であることを特徴とする請求項12に記載の植物の栽培方法。

【請求項18】
 
前記穀類は、イネ、コムギ、オオムギ、トウモロコシ、マメおよび雑穀の群から選択される少なくとも1種であることを特徴とする請求項12に記載の植物の栽培方法。

【請求項19】
 
培養液を用いた水耕栽培による植物の栽培装置であって、
前記植物の根域を育成する第一空間と前記植物の地上部を育成する第二空間とを仕切る仕切部材と、
前記仕切部材を基準として前記第一空間側に配置され、前記植物の根域に可視域の波長範囲にある光を照射する手段と、
を備えたことを特徴とする植物の栽培装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012017168thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close