Top > Search of Japanese Patents > SIDE DAM PLATE, TWIN-ROLL TYPE CONTINUOUS CASTING DEVICE USING THE SAME, AND METHOD OF MANUFACTURING METAL PLATE

SIDE DAM PLATE, TWIN-ROLL TYPE CONTINUOUS CASTING DEVICE USING THE SAME, AND METHOD OF MANUFACTURING METAL PLATE commons

Patent code P140011102
File No. 2011-17
Posted date Nov 11, 2014
Application number P2012-079210
Publication number P2013-208630A
Patent number P5881210
Date of filing Mar 30, 2012
Date of publication of application Oct 10, 2013
Date of registration Feb 12, 2016
Inventor
  • (In Japanese)羽賀 俊雄
Applicant
  • (In Japanese)学校法人常翔学園
Title SIDE DAM PLATE, TWIN-ROLL TYPE CONTINUOUS CASTING DEVICE USING THE SAME, AND METHOD OF MANUFACTURING METAL PLATE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a side dam plate which can suppress generation of vertical burrs.
SOLUTION: A side dam plate 10 is used in a twin-roll type continuous casting device for manufacturing a metal plate 150 from molten or semisolid material. The side dam plate 10 includes an opening 11 which extends to a lower part on a surface contacting with the molten or semisolid material and communicates with an external.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来、金属板の製造方法または装置は、たとえば特開平4-322848号公報(特許文献1)、特開平1-186248号公報(特許文献2)、特開平6-15414号公報(特許文献3)、特開平1-133650号公報(特許文献4)に開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)



この発明は、サイドダムプレートならびにそれを用いた双ロール式連続鋳造装置および金属板の製造方法に関し、より特定的には、金属板を製造する装置で用いられるサイドダムプレートならびにそれを用いた双ロール式連続鋳造装置および金属板の製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
溶融または半凝固の材料から金属板を製造する双ロール式連続鋳造装置に用いるサイドダムプレートであって、
前記サイドダムプレートには、溶融または半凝固の材料に接する面に、下部に向けて延在する、外部と連通した開口が設けられており、
前記開口の幅は、溶融または半凝固の材料に接する面から遠ざかるにつれて大きくなっている、又は、前記開口は、溶融または半凝固の材料に接する面と対向する面とを結ぶ方向に貫通している、サイドダムプレート。

【請求項2】
 
前記開口の幅は、溶融または半凝固の材料に接する面において0.5mm以上3.0mm以下である、請求項1に記載のサイドダムプレート。

【請求項3】
 
前記開口の中又は下端に、金属板の端部に生じた横バリを削ぎとるバリカッタが付設されている、請求項1又は2に記載のサイドダムプレート。

【請求項4】
 
冷却能を有し、一端から他端まで延在する一対のロールと、
前記ロールの表面に設けられた堰と、
前記ロールの一端側および他端側に設けられた請求項1から3のいずれか1項に記載のサイドダムプレートとを備え、前記サイドダムプレートと、前記堰と、前記一対のロールとの間に溶融または半凝固の材料が保持されて前記一対のロールが互いに反対方向に回転することで前記一対のロール間から金属板が排出される、双ロール式連続鋳造装置。

【請求項5】
 
前記一対のロールの径は等しく、前記サイドダムプレートの開口の高さが前記ロールの直径の1/60以上1/10以下である、請求項4に記載の双ロール式連続鋳造装置。

【請求項6】
 
前記一対のロールの径は異なり、前記サイドダムプレートの開口の高さが小径の前記ロールの直径の1/60以上1/10以下である、請求項4に記載の双ロール式連続鋳造装置。

【請求項7】
 
請求項4乃至6のいずれかに記載の双ロール式連続鋳造装置を用いた、金属板の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012079210thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close