Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND DEVICE OF MANUFACTURING SHEET-LIKE CLAD MATERIAL, BRAZING SHEET, AND METHOD OF MANUFACTURING THE BRAZING SHEET

METHOD AND DEVICE OF MANUFACTURING SHEET-LIKE CLAD MATERIAL, BRAZING SHEET, AND METHOD OF MANUFACTURING THE BRAZING SHEET commons

Patent code P140011103
File No. 2011-18
Posted date Nov 11, 2014
Application number P2012-079209
Publication number P2013-208629A
Patent number P5846991
Date of filing Mar 30, 2012
Date of publication of application Oct 10, 2013
Date of registration Dec 4, 2015
Inventor
  • (In Japanese)羽賀 俊雄
Applicant
  • (In Japanese)学校法人常翔学園
Title METHOD AND DEVICE OF MANUFACTURING SHEET-LIKE CLAD MATERIAL, BRAZING SHEET, AND METHOD OF MANUFACTURING THE BRAZING SHEET commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of manufacturing a sheet-like clad material which can control a clad ratio freely, especially, a sheet-like clad material having a large clad ratio.
SOLUTION: A method includes a process of forming a base material 150 from a first material by a first vertical twin roll 11 having a radius r1, and a process of forming a clad material 250 on a surface of the base material 150 from a second material by a second vertical twin roll 12 having a radius r2. When a ratio of thicknesses of the base material 150 and a surface material 250 is 2a:1, θ1 is a solidification angle in the first vertical twin roll, kc is a constant of 0.7-1.2, and G2 is an interval between a straight line on which an inner side of a weir of the second vertical twin roll is in contact with a roll surface and a roll tangent plane orthogonal to a plane including roll center axes of the second vertical twin roll, a relationship expressed by 0.7r1≤[(a21)kc2r2{cos-1(1-G2/r2)}]≤1.3r1, and r1>r2 when a is a≥1, and r1<r2 when a is a<1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、クラッド材の製造方法は、たとえば特開平5-69088号公報(特許文献1)、特開平4-138845号公報(特許文献2)、特開平4-52052号公報(特許文献3)に開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、薄板状クラッド材の製造方法および製造装置ならびにブレージングシートおよびその製造方法に関し、より特定的には、双ロールを用いた薄板状クラッド材の製造方法および製造装置ならびにブレージングシートおよびその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
母材形成用の第一縦型双ロールと表材形成用の第二縦型双ロールとを用いて連続鋳造法により、薄板状クラッド材を製造する方法であって、
半径r1の前記第一縦型双ロールにより母材を第1の材料から形成する工程と、
半径r2の前記第二縦型双ロールによりクラッド材を母材の表面に第2の材料から形成する工程とを備え、
母材と表材の厚さの比を2a:1とし、θ1を前記第一縦型双ロールにおける凝固角度とし、kcを0.7以上1.2以下の定数とし、G2を第二縦型双ロールの堰の内側がロール表面に接する直線と第二縦型双ロールのロール中心軸同士を含む平面と直交するロール接平面との間隔とすると、
0.7r1≦[(a2/θ1)kc2r2{cos-1(1-G2/r2)}]≦1.3r1かつaがa≧1の場合はr1>r2、aがa<1の場合はr1<r2で表される関係式が成立する、薄板状クラッド材の製造方法。

【請求項2】
 
前記G2は2.5mm以上30mm以下であり、前記表材の液相線温度が前記母材の液相線温度以下の場合は、前記kcは0.7以上1.0以下である、請求項1に記載の薄板状クラッド材の製造方法。

【請求項3】
 
母材の片面もしくは両面に表材としてろう材が積層されたブレージングシートの製造方法であって、請求項1又は2記載の薄板状クラッド材の製造方法によって製造するブレージングシートの製造方法。

【請求項4】
 
母材形成用の第一縦型双ロールと、前記第一縦型双ロールにより形成された母材の表面に表材を形成するための表材形成用の第二縦型双ロールとを備え、
半径r1の第一縦型双ロールにより母材を第1の材料から形成し、
半径r2の第二縦型双ロールにより表材を母材の表面に第2の材料から形成し、
θ1を第一縦型双ロールにおける凝固角度とし、kcを0.7以上1.2以下の定数とし、G2を第二縦型双ロールの堰の内側がロール表面に接する直線と第二縦型双ロールのロール中心軸同士を含む平面と直交するロール接平面との間隔とすると、
0.7r1≦[(a2/θ1)kc2r2{cos-1(1-G2/r2)}]≦1.3r1かつaがa≧1の場合はr1>r2、aがa<1の場合はr1<r2で表される関係式が成立する、薄板状クラッド材の製造装置。

【請求項5】
 
前記G2は2.5mm以上30mm以下であり、前記表材の液相線温度が前記母材の液相線温度以下の場合は、前記kcは0.7以上1.0以下である、請求項4に記載の薄板状クラッド材の製造装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012079209thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close