Top > Search of Japanese Patents > DENSITY ESTIMATION METHOD OF SOLVENT ACCOMPANYING DRYING OF PAINT

DENSITY ESTIMATION METHOD OF SOLVENT ACCOMPANYING DRYING OF PAINT meetings

Patent code P140011133
File No. 25‐1
Posted date Dec 3, 2014
Application number P2013-088594
Publication number P2014-211395A
Patent number P6095164
Date of filing Apr 19, 2013
Date of publication of application Nov 13, 2014
Date of registration Feb 24, 2017
Inventor
  • (In Japanese)横田 正幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人島根大学
Title DENSITY ESTIMATION METHOD OF SOLVENT ACCOMPANYING DRYING OF PAINT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology which can contactlessly measure a temporal change in the density of paint whose surface dynamically changes by volatilization or the like, can review a painting process, can grasp a curing state, and can evaluate further paint development.
SOLUTION: A density change measurement method of volatile paint includes: a phase change measurement process for measuring a temporal phase change of the surface of a specimen coated with objective volatile paint by using digital holography; a volume change calculation process for calculating a volume decrease of the objective volatile paint on the basis of the phase change which is measured in the phase change measurement process; a weight measurement process for measuring a temporal weight decrease of the specimen; a calculation process for calculating a temporal density change of the objective volatile paint on the basis of the volume decrease which is calculated in the volume change calculation process and the weight decrease which is measured in the weight measurement process; and an output process for outputting the temporal density change which is calculated in the calculation process.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、多くの工業製品に対して、見た目の向上や艶出し、強度や耐水性の向上、錆の防止などの目的で塗装が施されている。また近年では、多くの分野で高品質で低コスト、環境対策を目的とした新しい塗料の開発などが行われている。

そのため、塗料の乾燥、揮発に関する情報を取得することは、塗装工程の検討や、硬化状態の把握、更なる塗料開発の観点から非常に重要である。特に近年の塗料は単一の溶剤成分ではなく、複数種の溶剤をブレンドして機能付加させるのが一般的であるので、乾燥、揮発の評価は重要である。

塗料の乾燥、揮発を調べる方法はいくつか知られている。しかしながら、例えば、触針式の方法では塗装面に傷をつけてしまい、塗料の重量変化を調べる重量法では低感度であって乾燥、揮発のばらつきを測定できないといった問題点があった。また、揮発速度が速い溶剤成分がある場合などは、表面が一様に沈降せず、動的な変化をみせるものも多い。

近年では、紫外線パルスレーザ光を塗装面に照射したときに生じる赤外放射光の減衰から乾燥等を測定する方法や、テラヘルツ光を用いて塗装面の膜厚を測定する方法等も研究されているものの、現段階では光源や受光素子が特殊で非実用的である。また、粗面からのレーザ反射光中に生じるスペックルパターンの変化を利用し乾燥過程、揮発過程を観察する方法も知られているが、この方法では、乾燥(揮発)分布や深度のある3次元物体、表面が動的に変化する場合に対しての適用が困難であるという問題点があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、揮発塗料の密度変化の測定方法に関し、特に、新たな特性や機能を付加した新規塗料等の乾燥評価ないし揮発評価に資することが可能な密度変化測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
対象揮発塗料を塗布した試料表面の経時的な位相変化をデジタルホログラフィを用いて測定する位相変化測定工程と、
位相変化測定工程により測定された位相変化に基づき対象揮発塗料の体積減を算出する体積変化算出工程と、
試料の経時的な重量減を測定する重量測定工程と、
体積変化算出工程により算出された体積減と重量測定工程により測定された重量減とに基づいて、対象揮発塗料の経時的な密度変化を算出する算出工程と、
算出工程により算出された経時的な密度変化を出力する出力工程と、
を含んだことを特徴とする揮発塗料の密度変化測定方法。

【請求項2】
 
位相変化測定工程では位相変化を所定時間間隔毎に測定し、
更に、位相接続をおこなって体積減を補正する補正工程を含んだことを特徴とする請求項1に記載の揮発塗料の密度変化測定方法。

【請求項3】
 
塗料が透明塗料であることを特徴とする請求項1または2に記載の揮発塗料の密度変化測定方法。

【請求項4】
 
出力工程を制御して、溶剤の密度も出力することを特徴とする請求項1,2または3に記載の揮発塗料の密度変化測定方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013088594thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close