Top > Search of Japanese Patents > CIPHER PROCESSING SYSTEM

CIPHER PROCESSING SYSTEM UPDATE_EN meetings

Patent code P140011135
File No. 25‐2
Posted date Dec 3, 2014
Application number P2013-098521
Publication number P2014-219548A
Patent number P6296589
Date of filing May 8, 2013
Date of publication of application Nov 20, 2014
Date of registration Mar 2, 2018
Inventor
  • (In Japanese)六井 淳
Applicant
  • (In Japanese)静岡県公立大学法人
Title CIPHER PROCESSING SYSTEM UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cipher processing system capable of encrypting plain text or decrypting cipher text at high speed and also having high safety.
SOLUTION: A cipher key used in encryption or decryption includes: link information about a tree structure data T in which a plurality of pieces of divided plain text data obtained by dividing plain text for each prescribed data length and a plurality of pieces of divided cipher text data obtained by dividing cipher text for each of the data length can all be arranged as a node n; and arrangement information about each of the divided plain text data and each of the divided cipher text data which are arranged, at random in the corresponding node n in the tree structure data, so that each of the divided plain text data can be obtained from each of the divided cipher text data, and each of the divided cipher text data can be obtained from each of the divided plain text data.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

情報化社会の到来に伴って、通信内容や記憶装置に記憶されたデータの秘密保持を目的とした暗号技術の研究が盛んに行われ、実用化されている。この一例として、暗号化及び復号化のための情報が示された暗号鍵を用いて、平文の暗号化や暗号文の復号化を行うDES(Data Encryption Standard)やAES(Advanced Encryption Standard)等の暗号方式を用いた暗号処理システムが開発され、公知になっている(例えば、特許文献1,2を参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、平文の暗号化又は暗号文の復号化を行う暗号処理システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
平文を暗号文に暗号化するか、或いは暗号文を平文に復号化する暗号処理システムであって、
データが入力される入力部と、
暗号鍵を提供する提供部と、
前記入力部から入力された平文を提供部から提供された暗号鍵に基づいて暗号化するか、或いは入力部から入力された暗号を、提供部から提供された暗号鍵に基づいて復号化する変換部と、
該変換部で変換されたデータを出力する出力部とを備え、
上記暗号鍵は、
平文を所定データ長毎に分割して得られる複数の平文分割データと、暗号文を所定データ長毎に分割して得られる複数の暗号文分割データとを、全てノードとして配置可能な木構造データの該リンク情報と、
各平文分割データから各暗号文分割データを求めることが可能であるとともに各暗号文分割データから各平文分割データを求めることが可能なように木構造データの対応するノードにランダムに配置された各平文分割データ及び各暗号文分割データの該配置情報とを含み、
前記木構造データは、子ノードのみとして機能するリーフノード以外のノードは、該ノードに接続された下層の複数のノードに対して親ノードとなり、該複数の下層ノードは該親ノードの子ノードとなり、
前記木構造データは、任意の親ノードと、該親ノードにリンクを介して接続された複数の子ノードとにおいて、一のノードに格納されたデータを、該一のノード以外の複数のノードに格納されたデータから求めることが可能なように構成された
暗号処理システム。

【請求項2】
 
前記変換部は入力部から入力される平文を暗号化する暗号化部であり、
該暗号化部は、
入力された平文を上記所定データ長毎に分割する分割処理と、
分割処理によって分割された各平文分割データから、提供部により提供される暗号鍵に基づいて、各暗号文分割データを算出するメイン処理と、
メイン処理によって求められた各暗号文分割データを結合して暗号化された暗号文を生成する結合処理とを行う
請求項1に記載の暗号処理システム。

【請求項3】
 
前記変換部は入力部から入力される暗号文を復号化する復号化部であり、
該復号化部は、
入力された暗号文を上記所定データ長毎に分割する分割処理と、
分割処理によって分割された各暗号文分割データから、提供部により提供される暗号鍵に基づいて、各平文分割データを算出するメイン処理と、
メイン処理によって求められた各平文分割データを結合して復号化された平文を生成する結合処理とを行う
請求項1または2の何れかに記載の暗号処理システム。

【請求項4】
 
平文分割データ又は暗号文分割データの数を11以上とした
請求項1乃至3の何れかに記載の暗号処理システム。

【請求項5】
 
暗号鍵を生成する生成部と、
パスワードを取得する取得部とを備え、
上記木構造データのリーフノードは、分割された複数の平文分割データと同数設けられ、該複数のリーフノードには、対応する平文分割データがそれぞれ格納され、
該木構造データの任意の親ノードは、リンクを介して接続される2つの子ノードを有し、
前記生成部は、
上記取得部で取得されるパスワードに基づいて再現可能な擬似乱数を発生させる発生処理と、
発生処理によって発生させた擬似乱数に基づいて木構造データの上記リンク情報及び配置情報を再現可能にランダムに決定する決定処理と、
上記木構造データのリンク情報及び配置情報に基づいて暗号鍵を成形する生成処理とを行う
請求項1乃至4の何れかに記載の暗号処理システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013098521thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close