Top > Search of Japanese Patents > GLOVE REPLACING JIG

GLOVE REPLACING JIG

Patent code P150011164
File No. 13893
Posted date Jan 13, 2015
Application number P2013-084635
Publication number P2014-205220A
Patent number P6168492
Date of filing Apr 15, 2013
Date of publication of application Oct 30, 2014
Date of registration Jul 7, 2017
Inventor
  • (In Japanese)小野 高徳
  • (In Japanese)友部 修
  • (In Japanese)天下井 兼一
  • (In Japanese)島根 一之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title GLOVE REPLACING JIG
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To materialize a glove replacing jig capable of facilitating the replacing work of a glove unit installed to a glove port of a glove box.
SOLUTION: A glove replacing jig 5 is detachably engaged with a glove port 3 of a glove box 1; and equipped with an inner ring pressing push-in portion 5h for holding a glove unit 2', movably supported by a guide rail 5b through a guide lever 5f, and pressing the held glove unit into the glove port to be fitted. The guide lever is supported by the guide rail through a linear ball bush 5i slidably fitted with the guide rail, and the inner ring push-in portion unites a rotatably fitted push-in holding ring 5k to the guide lever to support that.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

グローブボックスに設置するグローブは、グローブをインナーリングに取り付けたグローブユニットとして構成されており、グローブボックスの壁に気密状態に取り付けられている筒状のグローブポートにインナーリングを押し込んで気密状態に嵌着することにより設置されている。

このようにグローブボックスに設置されたグローブユニットは、定期的に交換することが必要である。この交換は、グローブポートに嵌着されている交換対象の古いグローブユニットのインナーリングの軸心方向外側に新しいグローブユニットのインナーリングを押し当てて押し込むことによって古いグローブユニットをグローブポートの内側(グローブボックス内)に押し出して落下させることにより新しいグローブユニットのインナーリングをグローブポートに気密状態に嵌着するようにして行う。

この交換作業には、グローブ交換治具が使用される。図4は、従来のグローブ交換治具を使用してグローブボックスのグローブユニットを交換するときの作業状態を示す一部縦断側面図である。

グローブボックス1に対するグローブユニット2の設置は、グローブボックス1の壁(通常は透明窓)1aに設けられた筒状のグローブポート3内にグローブユニット2のインナーリング2aを押し込んで嵌着させることにより行っている。インナーリング2aの外周には複数のシールリング2bが嵌着されており、インナーリング2aをグローブポート3内に押し込むと、シールリング2bがインナーリング2aとグローブボート3の内壁面に圧接して気密状態となる。インナーリング2aには、グローブが取り付けられているが、図示説明は省略する。

このようにグローブポート3に嵌着して設置されたグローブユニット2を交換するときには、新しいグローブユニット2’を用意し、そのインナーリング2’aの軸方向内側端縁をグローブポート3に嵌着している古いグローブユニット2のインナーリング2aの軸心方向外側端縁に当接し、新しいグローブユニット2’をグローブポート3内に押し込むことにより、古いグローブユニット2をグローブポート3から押し出して新しいグローブユニット2’をグローブポート3に嵌着するように行う。グローブ交換治具4は、このとき、新しいグローブユニット2’を押し込むために使用する。

従来のグローブ交換治具4は、グローブポート3の外周にバヨネット構造によって着脱可能に係合する係合リング4aと、この係合リング4aからグローブポート3の外周に沿って押し込み方向の上流側に該グローブポート3の軸心と平行に伸びる複数本(例えば3本)のガイドレール4bと、このガイドレール4bの外端に結合された天板4cと、この天板4cの中心に螺合して進退する押し込みネジ軸4dと、この押し込みネジ軸4dの外端に結合されたハンドル4eと、前記ガイドレール4bを摺動するように該ガイドレール4bに嵌合するガイドレバー4fによってグローブポート3と同心的に移動可能に支持され、前記押し込みネジ軸4dの先端に結合部4gによって回転可能に係合するインナーリング押し込み部4hを備える。

このグローブ交換治具4を使用してのグローブユニット交換は、次のようにして行う。先ず、グローブ交換治具4のハンドル4eを回して押し込みネジ軸4dを後退させることによりインナーリング押し込み部4gを最後端(グローブポート3から最も遠ざかる位置)まで後退させ、後退したインナーリング押し込み部4hに新しいグローブユニット2’のインナーリング2’aの外側端縁を係合してグローブユニット2’を保持し、グローブユニット2’を保持したグローブ交換治具4の係合リング4aをグローブポート3に係合させてグローブ交換治具4をグローブポート3に取り付ける。その後、インナーリング押し込み部4hに保持している新しいグローブユニット2’の取り付け向き(グローブの向き)を調整し、ハンドル4eを回して押し込みネジ軸4dを前進させてインナーリング押し込み部4hを前進させながら保持したグローブユニット2’のインナーリング2’aの内端縁を古いグローブユニット2のインナーリング2aの外端縁に当接し、更にハンドル4eを回させて押し込みネジ軸4dを前進させ、インナーリング押し込み部4hを前進させることにより古いグローブユニット2をグローブポート3の内側に押し出すと共に新しいグローブユニット2’をグローブポート3内に嵌着する。

このようにグローブ交換作業に使用するグローブ交換治具4は、グローブ押し込み部4hの芯ずれを防止するためにガイドレール4bに対してガイドレバー4fがナイロンブッシュ(図示省略)を介して密接状態に嵌合していることから、グローブユニット2’から偏った反力が作用すると押し込み移動を円滑に行うことができず、また、インナーリング押し込み部4hはガイドレバー4fに拘束されて回転することができないことから該インナーリング押し込み部4hに保持している新しいグローブユニット2’のインナーリング2’aを回転させてグローブの取り付け向きを調整する作業も面倒であった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、グローブボックスにおけるグローブの交換に使用するグローブ交換治具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
グローブボックスのグローブポートに着脱可能に係合し、グローブユニットを保持してガイドレバーを介してガイドレールによって移動可能に支持されて保持した前記グローブユニットをグローブポートに押し込んで嵌着するインナーリング押し込み部を備えたグローブ交換治具において、
前記インナーリング押し込み部は押し込みネジ軸の先端に結合部によって回転可能に係合され、
前記ガイドレバーは、前記ガイドレールに摺動自在に嵌合するリニアボールブッシュを介して前記ガイドレールに支持され、
前記インナーリング押し込み部の外周に設けた2つの鍔部の間に前記インナーリング押し込み部に対して回転可能に押し込み部保持リングを嵌合し、前記押し込み部保持リングに前記ガイドレバーの内端部を結合することを特徴とするグローブ交換治具。

【請求項2】
 
請求項1において、前記リニアボールブッシュは、前記ガイドレバーにおける反押し込み方向側に伸びるように配置して設けたことを特徴とするグローブ交換治具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013084635thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close