Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF PRODUCING ADIPOSE TISSUE-DERIVED SOMATIC STEM CELL

METHOD OF PRODUCING ADIPOSE TISSUE-DERIVED SOMATIC STEM CELL meetings

Patent code P150011170
Posted date Jan 16, 2015
Application number P2013-144653
Publication number P2014-030423A
Patent number P6209377
Date of filing Jul 10, 2013
Date of publication of application Feb 20, 2014
Date of registration Sep 15, 2017
Priority data
  • P2012-155584 (Jul 11, 2012) JP
Inventor
  • (In Japanese)森山 博由
  • (In Japanese)森山 麻里子
  • (In Japanese)早川 堯夫
  • (In Japanese)松山 晃文
Applicant
  • (In Japanese)学校法人近畿大学
Title METHOD OF PRODUCING ADIPOSE TISSUE-DERIVED SOMATIC STEM CELL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain adipose tissue-derived somatic stem cells retaining high differentiation potency, by such a large amount that they can be in practical use for regenerative medicine.
SOLUTION: A method of producing adipose tissue-derived somatic stem cells, includes a step in which adipose tissue-derived cells adhering to a solid phase are separated into cells easy to detach from the solid phase and cells hard to detach from the solid phase, and the separated cells easily detached are subjected to hypoxic cultivation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

再生医療に用いられる幹細胞として、体性幹細胞がある。体性幹細胞は、生体内から採取されるものであり、安全性が高いと考えられている。

体性幹細胞は、生体内の様々な部位から採取され、脂肪組織から採取することができる。脂肪組織から採取された体性幹細胞は、脂肪組織由来体性幹細胞などと呼ばれる。脂肪組織由来体性幹細胞は、他の組織由来の体性幹細胞とは異なり、内胚葉、中胚葉、および外肺葉からなる三胚葉への分化能を備えているといわれ、高い汎用性が期待される。従来、脂肪組織由来体性幹細胞は、各種の方法で調製されてきた(特許文献1~7)。しかしながら、従来の方法では、脂肪組織由来体性幹細胞を培養しても、十分な量を得る前に老化が起こって増殖が停止し、高い分化能が維持されず、脂肪組織由来体性幹細胞の再生医療への実用化は困難であると考えられていた。

細胞を人工的に培養する条件として、低酸素培養が知られている。低酸素培養は、生体内における生理的酸素条件を模倣したものといわれており(特許文献8)、低酸素培養によって幹細胞の分化能力や増殖能力が向上したことを開示する先行技術文献が存在する(特許文献8~12)。しかしながら、これらの先行技術において、分化能力または増殖能力に対する低酸素培養の影響は、数倍程度の増強であり、微弱であった。脂肪組織由来体性幹細胞の場合、従来の数倍程度の数の細胞が得られても、再生医療への実用化は難しい。

特許文献13は、脂肪組織由来体性幹部細胞を低酸素培養する実験を開示している。しかしながら、この文献には、高い分化能を有する細胞が再生医療に実用できるほど多量に得られたとの記載はない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、脂肪組織由来体性幹細胞の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
脂肪組織由来体性幹細胞の製造方法であって、固体相に付着した脂肪組織由来の細胞を、固体相から剥離しやすい細胞と固体相から剥離しにくい細胞とに分離し、分離した剥離しやすい細胞を低酸素培養する工程を含むことを特徴と細胞内における低酸素誘導因子の発現量が所定の値を超えないことを指標として前記低酸素培養の条件が設定され、前記低酸素誘導因子がHIF1αである、製造方法。

【請求項2】
 
低酸素培養の条件が4%~6%の酸素濃度に設定される、請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
脂肪組織由来体性幹細胞の製造方法であって、固体相に付着した脂肪組織由来の細胞を、固体相から剥離しやすい細胞と固体相から剥離しにくい細胞とに分離し、分離した剥離しやすい細胞を4%~6%の酸素濃度下で低酸素培養する工程を含むことを特徴とする、製造方法。

【請求項4】
 
固体相から剥離しやすい細胞と固体相から剥離しにくい細胞との分離が、脂肪組織由来の細胞が付着した固体相に細胞剥離剤を添加して、付着した細胞を部分的に剥離させ、剥離した細胞を取得することによって行われる、請求項1~3のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項5】
 
細胞剥離剤が、EDTAを含む、請求項4に記載の製造方法。

【請求項6】
 
固体相に付着した脂肪組織由来の細胞が、脂肪組織から赤血球を除く工程を含む方法によって得られたものである、請求項1~5のいずれか1項に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close