Top > Search of Japanese Patents > STRUCTURAL COLOR DEVELOPING BASE MATERIAL AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME

STRUCTURAL COLOR DEVELOPING BASE MATERIAL AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME meetings

Patent code P150011172
Posted date Jan 23, 2015
Application number P2013-172223
Publication number P2014-062236A
Patent number P6222657
Date of filing Aug 22, 2013
Date of publication of application Apr 10, 2014
Date of registration Oct 13, 2017
Priority data
  • P2012-188740 (Aug 29, 2012) JP
Inventor
  • (In Japanese)安盛 敦雄
  • (In Japanese)菊池 明彦
  • (In Japanese)麻生 隆彬
  • (In Japanese)柳田 さやか
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title STRUCTURAL COLOR DEVELOPING BASE MATERIAL AND METHOD FOR MANUFACTURING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a structural color developing base material having small angular dependence.
SOLUTION: The structural color developing base material includes a spherical particle layer formed by arranging spherical particles having an average particle size of 0.1-500 μm on a support, and a resin film having a lamella structure on the spherical particle layer. The method for manufacturing the structural color developing base material comprises: an arrangement step of arranging the spherical particles on the support to form the spherical particle layer; a film forming step of forming the resin film on the spherical particle layer; and an annealing step of exhibiting the lamella structure by annealing the resin film.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

構造色は、光の波長或いはそれ以下の微細構造が、ある特定の波長領域の光のみを回折することによって発色する現象である。構造色発色材料には、温度変化、pH変化、化学物質との相互作用等の環境変化に応じて色が変わるものがあり、センサーへの応用も期待されている。

ブロック共重合体の薄膜はミクロ相分離構造としてラメラ構造を発現すると、その多層構造によって構造色を発色するようになる。発色を鮮やかにするために、ブロック共重合体にブロックの一つと相溶性のあるホモポリマーを添加したり(特許文献1を参照)、架橋剤でブロック共重合体を架橋したり(特許文献2を参照)することも提案されている。しかし、見る角度によって色が変化するという構造色特有の性質に対する対応方法は特に示されていなかった。上記のようなブロック共重合体の薄膜は、糖と化学結合する有機基を導入すれば、糖のセンサーとして利用することも可能である(非特許文献1を参照)が、糖の濃度を色の変化で検知するところ、見る角度によっても色が変化するのでは、センサーの精度を高めることができない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、構造色発色基材及びその作製方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
支持体の上に平均粒径10~500μmの球状微粒子を配列した球状微粒子層が形成され、前記球状微粒子層の上にラメラ構造を有する樹脂膜が形成された構造色発色基材。

【請求項2】
 
前記樹脂膜が、疎水性ブロックと親水性ブロックとを有し、かつ、ラメラ構造を形成可能なブロック共重合体を含む請求項1記載の構造色発色基材。

【請求項3】
 
前記ブロック共重合体が塩基性の窒素原子含有基を含む請求項2記載の構造色発色基材。

【請求項4】
 
請求項1記載の構造色発色基材の作製方法であって、
支持体上に球状微粒子を配列させて球状微粒子層を形成する配列工程と、
前記球状微粒子層の上に樹脂膜を形成する膜形成工程と、
前記樹脂膜をアニール処理することによってラメラ構造を発現させるアニール工程と、
を含むことを特徴とする作製方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013172223thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close