Top > Search of Japanese Patents > LIQUIDITY ASPECT MANAGEMENT SYSTEM

LIQUIDITY ASPECT MANAGEMENT SYSTEM commons

Patent code P150011272
File No. P2013-101877
Posted date Feb 4, 2015
Application number P2013-101877
Publication number P2014-222428A
Patent number P6132342
Date of filing May 14, 2013
Date of publication of application Nov 27, 2014
Date of registration Apr 28, 2017
Inventor
  • (In Japanese)松井 正之
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title LIQUIDITY ASPECT MANAGEMENT SYSTEM commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To perform an operation management and a management strategy appropriately and in real time, using assets (a liquidity aspect) as a judgement element.
SOLUTION: A liquidity aspect management system comprises: prediction value calculation means 12 that calculates a prediction value of a next term outflow amount from a next term demand, a current term demand and a current term outflow amount; movement reference marginal profit calculation means 13 that calculates a marginal profit in each term on the basis of inflow amount data and outflow amount data, and calculates a movement reference marginal profit making a total penalty expense about the marginal profit minimum; movement reference marginal profit management means 14 that determines whether or not the calculated movement reference marginal profit is in a management state; operating fund calculation means 15 that calculates a next term outflow from the prediction value and accumulation of the outflow amount data, and calculates the calculated next term outflow amount as a next term operating fund; operating fund management means 16 that determines whether or not the calculated operating fund is in the management state; and operating fund improvement means 17 that improves accumulation of the calculated operating fund so that the accumulation thereof falls below a management limit line.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

流入や流出を用いた製販コラボレーション等の経営戦略が開発されてきている。このような流入や流出のデータを効率よく利用することで、リアルタイムで先行期間(リードタイム)内の運用管理、経営戦略を行うことができる。これにより、スピード時代のシステム経営に対応することができる。また、多量・多種のデータを使用することで、グローバル化に対応することも可能になる。

例えば、流入量や流出量を用いてオンデマンドに在庫を管理し、自動発注や経営戦略を行う方法がある(例えば、特許文献3及び4参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えばオンデマンドSCM(サプライチェーンマネージメント)環境下における企業等の限界利益の適正水準を決定し資産を管理するための流動面管理システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
管理対象における流入量データと流出量データと見込所要資金データとを時間に対応するデータとして記憶し、新たな期の流入量データと流出量データとが決定した場合に新たな期の流入量データと流出量データとを更新する記憶部と、
前記記憶部に記憶された流入量データと流出量データとに基づき所定の先行期間における流入累積線と流出累積線とに囲まれる面積である流動面の流動面図表データを生成する流動面図表生成手段と、
前記流動面図表生成手段からの前記流動面図表データと前記記憶部からの前記見込所要資金データとを取得し、次期の需要と今期の需要と今期の流出量とから次期流出量の予測値を算出する予測値算出手段と、
前記流動面図表生成手段からの前記流動面図表データにおける前記流入量データと流出量データを基に各期の限界利益を求め、限界利益に関する総ペナルティー費用が最小となる移動基準限界利益を算出する移動基準限界利益算出手段と、
算出された前記移動基準限界利益が管理状態にあるか否かを管理図によりシンボリックに判定する移動基準限界利益管理手段と、
前記予測値算出手段からの前記予測値と前記流動面図表生成手段からの前記流動面図表データにおける前記流出量データの累積とから、流出量に関する総ペナルティー費用が最小となる次期流出量を求め、求めた次期流出量を次期の運転資金として算出する運転資金算出手段と、
算出された前記運転資金が管理状態にあるか否かを流動面図表の管理限界線により判定する運転資金管理手段と、
前記移動基準限界利益管理手段による判定結果あるいは前記運転資金管理手段による判定結果に基づいて、算出された前記運転資金の累積が前記管理限界線以下になるように改善する運転資金改善手段と
を備えることを特徴とする流動面管理システム。

【請求項2】
 
前記限界利益に関する総ペナルティー費用及び前記流出量に関する総ペナルティー費用は、次期以降の予測値、現在前後の限界利益及び流出量の変動に応じて変位させることを特徴とする請求項1記載の流動面管理システム。

【請求項3】
 
管理幅を先行期間に広げて、移動基準流動面積と、次期の流出量と、積算流出量とから次期の運転資金を求める流動面積図法化手段をさらに備えることを特徴とする請求項1又は2記載の流動面管理システム。

【請求項4】
 
前記運転資金改善手段で改善されて対象期間の運転資金の額が決定すると、優先順位が定められる複数の源泉のうち上位のものから当該源泉の対応可能な範囲の資金額を順に選択し、決定した運転資金額に達するまで、調達元となる源泉と各源泉から調達される資金額とを計画及び改善する計画手段をさらに備えることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1記載の流動面管理システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 5L049CC04
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013101877thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close