Top > Search of Japanese Patents > MONOCLONAL ANTIBODY SPECIFICALLY RECOGNIZING HUMAN CORE2 β1,6-N-ACETYLGLUCOSAMINYLTRANSFERASE 1

MONOCLONAL ANTIBODY SPECIFICALLY RECOGNIZING HUMAN CORE2 β1,6-N-ACETYLGLUCOSAMINYLTRANSFERASE 1

Patent code P150011323
File No. S2013-0086-N0
Posted date Feb 18, 2015
Application number P2012-232564
Publication number P2014-084284A
Patent number P6183880
Date of filing Oct 22, 2012
Date of publication of application May 12, 2014
Date of registration Aug 4, 2017
Inventor
  • (In Japanese)大山 力
  • (In Japanese)米山 徹
  • (In Japanese)飛澤 悠葵
  • (In Japanese)畠山 真吾
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人弘前大学
Title MONOCLONAL ANTIBODY SPECIFICALLY RECOGNIZING HUMAN CORE2 β1,6-N-ACETYLGLUCOSAMINYLTRANSFERASE 1
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a monoclonal antibody useful for determining malignancy of prostatic carcinoma and identifying prostatic carcinoma and benign prostatic hypertrophy.
SOLUTION: An monoclonal antibody specifically recognizes human core2 β1,6-N-acetylglucosaminyltransferase 1, has the molecular weight of 140,000 Da to 160,000 Da, and the immunoglobulin type is IgG1(κ). An example thereof is produced from hybridoma HU127(NITE P-1409).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

前立腺癌(prostate carcinoma:以下「Pca」と略す)は男性の主要な死亡原因であることは周知の通りであり、前立腺特異抗原(prostate specific antigen:以下「PSA」と略す)はPcaに対する最も重要な腫瘍マーカーとして認識されている。しかしながら、PSAを指標にしてPcaの悪性度を判定したり、Pcaと前立腺肥大(benign prostate hyperplasia:以下「BPH」と略す)を識別したりすることは困難である。そのため、Pcaの悪性度の判定やPcaとBPHの識別を高感度に再現性よく行うための方法の開発が望まれている。

このような背景のもと、本発明者らの研究グループは、ある種の癌細胞の表面に発現し、癌の転移などに関わっていることが知られているCore2 O-glycanと呼ばれるO-グリカンの生合成のキーとなる糖転移酵素であるコア2β1,6-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ(Core2 β1,6-N-acetylglucosaminyltransferase:以下「C2GnT」と略す。図1にCore2 O-glycanの構造とC2GnTが触媒する糖転移反応部位を示す)に注目し、C2GnTを指標にしてPcaの悪性度を判定する方法を特許文献1において提案している。しかしながら、特許文献1においては、ポリクローナル抗体を用いて分析試料中のC2GnTを検出しているため、3種類のアイソフォームが存在するC2GnTに対する特異性の面で改良の余地がある。また、ポリクローナル抗体は均質なものを安定に大量供給することが困難であるといった問題もある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、前立腺癌の悪性度の判定や前立腺癌と前立腺肥大の識別を行うために有用な、ヒトコア2β1,6-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ1を特異的に認識するモノクローナル抗体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
前立腺癌の悪性度の判定および/または前立腺癌と前立腺肥大の識別を行うために、分析試料中のヒトコア2β1,6-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ1を検出するための、ヒトコア2β1,6-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ1を特異的に認識し、分子量が14万Da~16万Daであって、免疫グロブリンタイプがIgG1(κ)である、ハイブリドーマHU127(NITE P-1409)から産生されるモノクローナル抗体の使用

【請求項2】
 
前立腺癌の悪性度の判定および/または前立腺癌と前立腺肥大の識別を行うための、ヒトコア2β1,6-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ1を特異的に認識し、分子量が14万Da~16万Daであって、免疫グロブリンタイプがIgG1(κ)である、ハイブリドーマHU127(NITE P-1409)から産生されるモノクローナル抗体を少なくとも含むキット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012232564thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close