Top > Search of Japanese Patents > DEMOLITION METHOD OF STEEL STRUCTURE

DEMOLITION METHOD OF STEEL STRUCTURE

Patent code P150011386
File No. S2013-0476-N0
Posted date Feb 20, 2015
Application number P2013-091122
Publication number P2014-214456A
Patent number P6160859
Date of filing Apr 24, 2013
Date of publication of application Nov 17, 2014
Date of registration Jun 23, 2017
Inventor
  • (In Japanese)新藤 孝志
  • (In Japanese)大倉 廣高
  • (In Japanese)磯部 大吾郎
  • (In Japanese)根岸 亮介
Applicant
  • (In Japanese)株式会社カコー
  • (In Japanese)株式会社コスモテック
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title DEMOLITION METHOD OF STEEL STRUCTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a demolition method capable of lowering a height of a demolished structure.
SOLUTION: In a demolition method, a steel structure A is tumbled and demolished. The steel structure A is demolished so that the steel structure A is cut along section lines in a direction perpendicular to a depth direction when the steel structure A is tumbled.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



コンクリート構造物を発破によって効率よく解体する方法は特許文献に示すようにすでに公知である。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は鋼構造物を解体する方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
鋼構造物を発破により転倒させて解体する方法であって、
転倒時には鋼構造物は、奥行き方向と直交する方向の切断線で発破により切断してあるように解体することを特徴とする、
鋼構造物の解体方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の方法において、
まず鋼構造物を奥行き方向と直交する方向の切断線で発破により切断して奥行き方向に複数の縦層が並ぶように分割し、
次に最前列の縦層の前面支柱の下部と、それとつながる斜材を切断して軸力を負担している下層部の柱を発破により切断、除去することで最前列の縦層を水平方向に大きく変形を生じさせて転倒させ、
最前列の縦層の転倒後に、次の層を同様に転倒させてゆくことを特徴とする、
鋼構造物の解体方法。

【請求項3】
 
請求項1記載の方法において、
鋼構造物の最前列の縦層の前面支柱の下部と、それとつながる斜材を切断し、軸力を負担している下層部の柱を発破により切断、除去することで水平方向に大きく変形を生じさせ、構造物全体の水平転倒を倒壊を行い、
水平転倒の転倒中に、鋼構造物を奥行き方向と直交する方向の切断線で、発破により切断することを特徴とする、
鋼構造物の解体方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013091122thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close