Top > Search of Japanese Patents > FRUIT FRESHNESS RETAINING AGENT

FRUIT FRESHNESS RETAINING AGENT

Patent code P150011387
File No. S2013-0368-N0
Posted date Feb 20, 2015
Application number P2013-008344
Publication number P2014-138562A
Patent number P6078351
Date of filing Jan 21, 2013
Date of publication of application Jul 31, 2014
Date of registration Jan 20, 2017
Inventor
  • (In Japanese)立木 美保
  • (In Japanese)中嶋 直子
  • (In Japanese)嶋田 幸久
  • (In Japanese)山崎 千秋
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人横浜市立大学
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title FRUIT FRESHNESS RETAINING AGENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fruit freshness retaining agent having better characteristics compared with publicly known freshness retaining agents.
SOLUTION: This invention relates to a fruit freshness retaining agent including a compound represented by formula (I) or salt thereof as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



モモ(Prunus persica)は、日本で栽培されている代表的な果樹作物の一つである。現在、日本で栽培されているモモ品種のほとんどは、溶質とよばれるタイプに属する。溶質のモモは、収穫後に果肉硬度が急速に低下する。この結果、モモ特有のとろりとした軟らかな肉質となる。しかしながら、溶質のモモは、前記の特性に起因して日持ち性が極めて低い。





モモは、クライマクテリック型とよばれるタイプの果実であり、植物ホルモンであるエチレンによって果実成熟が制御されている。モモは、果実の成熟期に達すると、果実においてエチレンが生成される。このエチレンの作用によって、果実の成熟が促進される。しかしながら、収穫後のモモにおいても、エチレンが大量に生成されるため、収穫後のモモは、軟化が急激に進行する。それ故、収穫後のモモの鮮度を保持し、且つ貯蔵性を向上するために、エチレンの作用を抑制する技術開発が望まれている。





エチレンの作用阻害剤として知られる1-メチルシクロプロペン(1-MCP)は、エチレン受容体に結合してエチレンの作用を阻害する。前記の作用機序に基づき、1-MCPは、リンゴ等の果実に対して、極めて高い鮮度保持効果を示すことが知られている。1-MCPは、日本において、2010年にリンゴ、ニホンナシ及びカキを対象として、鮮度保持剤として農薬登録された。しかしながら、1-MCPは、モモに対する鮮度保持効果は低い。このため、1-MCPは、モモに対する鮮度保持剤としての実用的な利用は期待できない(非特許文献1)。





モモ品種の中には、前記のような溶質のモモだけでなく、硬肉のモモも存在する。硬肉のモモは、成熟に伴って溶質のモモと同様の果皮色の変化及び糖度の上昇等が認められるものの、エチレン生成の上昇及び果肉の軟化は観察されない。このように、硬肉のモモが軟化しないのは、エチレン生合成経路の鍵酵素である1-アミノシクロプロパン-1-カルボン酸(ACC)合成酵素遺伝子ファミリーの一つである、PpACS1遺伝子の発現が、果実の成熟期に特異的に抑制されていることに起因する(非特許文献2)。溶質のモモ及び硬肉のモモを用いてDNAマイクロアレイ解析を行うと、PpACS1遺伝子の発現様式は、オーキシンによって発現が誘導される各種遺伝子のホモログ(Aux/IAA、ILR及びSAUR等)の発現様式とよく一致する。すなわち、これらの遺伝子の発現は、溶質のモモでは果実の成熟期に増加するが、硬肉のモモでは抑制されている。また、溶質のモモでは、果実の成熟期に果肉中で内性オーキシン量が増加するのに対し、硬肉のモモでは、果実の成熟期においても、果肉中にオーキシンは検出されない(非特許文献3)。





オーキシンは、植物の発生、成長、分化及び様々な環境応答に関与することが知られている植物ホルモンである。天然オーキシンとしては、インドール-3-酢酸(IAA)が最も普遍的に分布していることが知られている。オーキシンは、大別すると、芳香族アミノ酸であるL-トリプトファンを経由する経路と経由しない経路(非トリプトファン経路)との2つの経路によって生合成されることが知られている。例えば、公知の除草剤であるグリホサートは、芳香族アミノ酸の生合成に関与する酵素である5-エノールピルビル-3-ホスホシキミ酸シンターゼ(EPSPS)を阻害する。このため、グリホサートは、EPSPSの下流に位置する芳香族アミノ酸及び/又は他の二次代謝産物のような、標的とする化合物以外の代謝産物の生合成にも悪影響を与える可能性がある。このため、オーキシンの生合成経路のうち、特定の経路を特異的に阻害する化合物の開発が行われた。例えば、特許文献1は、L-α-(2-アミノエトキシビニル)グリシン(AVG)、L-アミノオキシフェニルプロピオン酸(L-AOPP)、アミノオキシ酢酸(AOA)及び2-アミノオキシイソ酪酸(AOIBA)のようなオーキシン生合成阻害剤を記載する。特許文献2は、L-AOPPのフェニル基、カルボキシル基及びアミノオキシ基を修飾した新規オーキシン生合成阻害剤を記載する。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、果実の鮮度保持剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記の化合物:
【化1】
 


からなる群より選択される化合物又はその塩を有効成分として含む、成熟期の溶質のモモの鮮度保持剤。

【請求項2】
 
前記化合物が、KOK2099又はKOK3096:
【化2】
 


である、請求項1に記載の成熟期の溶質のモモの鮮度保持剤。

【請求項3】
 
収穫直後の成熟期の溶質のモモに使用される、請求項1又は2に記載の成熟期の溶質のモモの鮮度保持剤。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載の成熟期の溶質のモモの鮮度保持剤で、成熟期の溶質のモモを処理することを含む、該成熟期の溶質のモモの鮮度を保持する方法。

【請求項5】
 
前記処理が収穫直後に実施される、請求項4に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close