Top > Search of Japanese Patents > EMOTION RECOGNITION DEVICE, EMOTION RECOGNITION METHOD, AND EMOTION RECOGNITION PROGRAM

EMOTION RECOGNITION DEVICE, EMOTION RECOGNITION METHOD, AND EMOTION RECOGNITION PROGRAM

Patent code P150011394
File No. E098P01
Posted date Feb 24, 2015
Application number P2012-174946
Publication number P2014-033715A
Patent number P6124239
Date of filing Aug 7, 2012
Date of publication of application Feb 24, 2014
Date of registration Apr 14, 2017
Inventor
  • (In Japanese)久保 賢太
  • (In Japanese)川合 伸幸
  • (In Japanese)岡ノ谷 一夫
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title EMOTION RECOGNITION DEVICE, EMOTION RECOGNITION METHOD, AND EMOTION RECOGNITION PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an emotion recognition device, an emotion recognition method, and an emotion recognition program capable of discriminatingly recognizing aggressiveness of anger from discomfort of anger.
SOLUTION: An emotion recognition device 10 includes: a first detection part 11 that detects a central nervous system reaction (brain waves of the left brain and brain waves of the right brain) of a user; a second detection part 13 that detects an autonomic nervous system reaction (heartbeat) of the user; and a recognition part 15 that recognizes aggressiveness (intensity of state aggressiveness) of the user's anger on the basis of a central nervous system reaction (a ratio between an α power value of the left brain and an α power value of the right brain) and an autonomic nervous system reaction (the number of heart beats).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現代社会において、怒りの制御は非常に重要である。なぜなら、突然の怒りが甚大な事件を引き起こすこともあるからである。怒りは、攻撃性と不快感とに区別することができる。ここで、攻撃性とは、接近の動機づけ(Approach Motivation)のうち、相手に攻撃や介入をしようとする強い衝動である(非特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、情動を認識する情動認識装置、情動認識方法、及び情動認識プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ユーザの左脳の脳波及び前記ユーザの右脳の脳波を検出し、前記左脳の脳波から左脳のαパワー値を検出し、前記右脳の脳波から右脳のαパワー値を検出する第1検出部と、
前記左脳のαパワー値と前記右脳のαパワー値との不均衡度を算出する算出部と、
前記ユーザの心拍を検出する第2検出部と、
前記検出された心拍のタイミングに基づいて、1分間あたりの心拍数を計数する計数部と、
前記不均衡度の二乗と前記心拍数の二乗との合計値の平方根を算出することにより、前記ユーザの怒りの攻撃性の強度として状態攻撃性強度を取得する認識部と、
を備える動認識装置。

【請求項2】
 
前記算出部は、前記左脳のαパワー値と前記右脳のαパワー値との比を、前記不均衡度として算出する請求項1に記載の情動認識装置。

【請求項3】
 
情動を認識する情動認識装置が行う情報認識方法であって、
前記情報認識装置が、ユーザの左脳の脳波及び前記ユーザの右脳の脳波を検出し、
前記情報認識装置が、前記左脳の脳波から左脳のαパワー値を検出し、
前記情報認識装置が、前記右脳の脳波から右脳のαパワー値を検出し、
前記情報認識装置が、前記左脳のαパワー値と前記右脳のαパワー値との不均衡度を算出し、
前記情報認識装置が、前記ユーザの心拍を検出し、
前記情報認識装置が、前記検出された心拍のタイミングに基づいて、1分間あたりの心拍数を計数し、
前記情報認識装置が、前記不均衡度の二乗と前記心拍数の二乗との合計値の平方根を算出することにより、前記ユーザの怒りの攻撃性の強度として状態攻撃性強度を取得する
動認識方法。

【請求項4】
 
コンピュータに、
ユーザの左脳の脳波及び前記ユーザの右脳の脳波を検出し、
前記左脳の脳波から左脳のαパワー値を検出し、
前記右脳の脳波から右脳のαパワー値を検出し、
前記左脳のαパワー値と前記右脳のαパワー値との不均衡度を算出し、
前記ユーザの心拍を検出し、
前記検出された心拍のタイミングに基づいて、1分間あたりの心拍数を計数し、
前記不均衡度の二乗と前記心拍数の二乗との合計値の平方根を算出することにより、前記ユーザの怒りの攻撃性の強度として状態攻撃性強度を取得する
ことを実行させるための情動認識プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012174946thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO OKANOYA Emotional Information AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close