Top > Search of Japanese Patents > SPHEROID CULTIVATION METHOD USING HYALURONIC ACID

SPHEROID CULTIVATION METHOD USING HYALURONIC ACID

Patent code P150011452
File No. S2013-0855-N0
Posted date Feb 27, 2015
Application number P2013-082671
Publication number P2014-204674A
Patent number P6226545
Date of filing Apr 11, 2013
Date of publication of application Oct 30, 2014
Date of registration Oct 20, 2017
Inventor
  • (In Japanese)妹尾 昌治
  • (In Japanese)笠井 智成
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 岡山大学
Title SPHEROID CULTIVATION METHOD USING HYALURONIC ACID
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique to easily proliferate, concentrate or separate CD44 expression cells with normal instruments or devices.
SOLUTION: A CD44 expression cell cultivation method is characterized in that CD44 expression cells are cultured in a non-adhesive manner in a culture medium comprising hyaluronic acid to form spheroid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



がん幹細胞の濃縮には、CD133やCD44などのマーカータンパク質を指標として、マグネティックビーズ(非特許文献1, Miltenyi Biotec社製Diamond CD133 Isolation Kit)を用いて単離する方法やフローサイトメトリーによって分離と回収を行う方法(非特許文献2)、レーザーマイクロダイセクション(Leica社製 LMD6500 & LMD7000)などがある。





単離や分離したがん幹細胞の培養と維持には、ヒアルロン酸を重合あるいはヒアルロン酸とゼラチンを重合したゲル(非特許文献3, Sigma-Aldrich社製 Hystem)、コラーゲンゲル(日本ベクトン・ディッキンソン社製 マトリゲル)などが使用され得る。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、CD44発現細胞のスフェロイド培養法及び濃縮技術に関する

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
CD44発現細胞をヒアルロン酸を含む培地で非接着系培養してスフェロイドを形成することを特徴とする、CD44発現細胞の培養法。

【請求項2】
 
CD44発現細胞ががん細胞及び/又はがん幹細胞である、請求項1に記載の培養法。

【請求項3】
 
ヒアルロン酸として低分子ヒアルロン酸をさらに使用し、低分子ヒアルロン酸と競合的にCD44と結合させることでCD44高発現細胞を得る、請求項1又は2に記載の培養法。

【請求項4】
 
微生物が生成した酸化鉄を培地中に添加する、請求項1~3のいずれか1項に記載の培養法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013082671thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close