Top > Search of Japanese Patents > NEGATIVE PRESSURE GENERATION PREVENTIVE MECHANISM, AND CAPACITY PUMP EQUIPPED WITH THE NEGATIVE PRESSURE GENERATION PREVENTIVE MECHANISM

NEGATIVE PRESSURE GENERATION PREVENTIVE MECHANISM, AND CAPACITY PUMP EQUIPPED WITH THE NEGATIVE PRESSURE GENERATION PREVENTIVE MECHANISM

Patent code P150011490
File No. S2014-1321-N0
Posted date Mar 5, 2015
Application number P2014-159157
Publication number P2016-035258A
Patent number P6391153
Date of filing Aug 5, 2014
Date of publication of application Mar 17, 2016
Date of registration Aug 31, 2018
Inventor
  • (In Japanese)増澤 徹
  • (In Japanese)黒崎 亘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人茨城大学
Title NEGATIVE PRESSURE GENERATION PREVENTIVE MECHANISM, AND CAPACITY PUMP EQUIPPED WITH THE NEGATIVE PRESSURE GENERATION PREVENTIVE MECHANISM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent the generation of negative pressure in a liquid layer during the filling of a capacity pump.
SOLUTION: A capacity pump is partitioned into an air chamber and a liquid chamber by capacity variable means which is deformed or returned by pressure, and provided with upstream liquid-feeding means which feeds liquid into the liquid chamber, and downstream liquid-feeding means which feeds out from a liquid layer. The capacity pump is equipped with an elastic member branched off from the downstream side and inserted in the air chamber. When the liquid is fed into the liquid chamber from the upstream side and the capacity variable means is deformed to the air chamber side, the liquid is made to flow into the elastic member.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

容積ポンプの一例である空気駆動式のダイアフラム(弾性膜)を用いた送液ポンプにおいては、拍出期にダイアフラムが圧縮空気に押され変形し、充満期にその形状が復元することにより、ポンプ内への液体の流入と流出が繰り返される。なお、特許文献1には、耐久性に富み、高温、高圧性能に優れた容積ポンプの発明が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、駆動用気体の圧力を利用して液体を送る容積ポンプに設ける陰圧発生防止機構と、その陰圧発生防止機構を備えた容積ポンプに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ポンプケース内に設けられて第1液室と気室を形成する容積可変手段と、
前記気室の駆動圧を変えるために前記気室内の気体を出し入れするための通気手段と、
弾性部材を構成手段として備え、前記気室内に第2液室を形成する液室形成手段と、を備え、
前記第2液室には前記第1液室の下流側又は上流側から液体が導入され、前記通気手段を介して気体が前記気室に導入されることにより、前記気室の圧力が上昇し、該圧力上昇により前記第1液室の容積可変手段の動作により前記第1液室の容積が減少して、前記第1液室内の液体が下流側に送出され、
一方、前記通気手段を介して気体が前記気室から排出されることにより、前記気室の圧力が下降し、該圧力下降により前記第2液室の容積が増加して、前記気室の圧力下降が緩和され、該緩和された前記気室の圧力下降に基づいて前記第1液室の容積が増大して上流側から液体が前記第1液室に導入される、
ことを特徴とする陰圧発生防止機構。

【請求項2】
 
前記液室形成手段は、前記第1液室の下流側から液体が導入される弾性管を弾性部材として備え、前記気室内に第2液室を形成する、
ことを特徴とする請求項1に記載の陰圧発生防止機構。

【請求項3】
 
前記液室形成手段は、前記第1液室の上流側から液体が導入される弾性管を弾性部材として備え、前記気室内に第2液室を形成する、
ことを特徴とする請求項1に記載の陰圧発生防止機構。

【請求項4】
 
ポンプケース内に設けられて第1液室と気室を形成する容積可変手段と、
前記気室の駆動圧を変えるために前記気室内の気体を出し入れするための通気手段と、
弾性部材を構成手段として備え、前記気室内に第2液室を形成する液室形成手段と、を備え、
前記第2液室には前記第1液室の下流側及び上流側から液体が導入され、前記通気手段を介して気体が前記気室に導入されることにより、前記気室の圧力が上昇し、該圧力上昇により前記第1液室の容積可変手段の動作により前記第1液室の容積が減少して、前記第1液室内の液体が下流側に送出され、
一方、前記通気手段を介して気体が前記気室から排出されることにより、前記気室の圧力が下降し、該圧力下降により前記第2液室の容積が増加して、前記気室の圧力下降が緩和され、該緩和された前記気室の圧力下降に基づいて前記第1液室の容積が増大して上流側から液体が前記第1液室に導入される、
ことを特徴とする陰圧発生防止機構。

【請求項5】
 
前記液室形成手段は、二重にした弾性膜を弾性部材として備え、前記弾性膜間に第1液室の下流側及び上流側から液体が導入される第2液室を形成する、
ことを特徴とする請求項4に記載の陰圧発生防止機構。

【請求項6】
 
前記液室形成手段は、二重にした弾性膜を弾性部材として備え、前記弾性膜間に第1液室の下流側又は上流側から液体が導入される第2液室を形成する、
ことを特徴とする請求項1に記載の陰圧発生防止機構。

【請求項7】
 
請求項1乃至6のいずれか1項に記載の陰圧発生防止機構を備えた、
ことを特徴とする容積ポンプ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014159157thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close