Top > Search of Japanese Patents > INDUCTOR

INDUCTOR

Patent code P150011560
File No. N13120
Posted date Mar 24, 2015
Application number P2014-116465
Publication number P2015-230966A
Patent number P6486614
Date of filing Jun 5, 2014
Date of publication of application Dec 21, 2015
Date of registration Mar 1, 2019
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 敏郎
  • (In Japanese)曽根原 誠
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title INDUCTOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inductor which is easy to downsize, and has a large Q value.
SOLUTION: A plane type spiral inductor comprises: a coil 10; and a magnetic material 14 filled between wires of the coil. The magnetic material 14 is composed of a magnetic composite material arranged by compounding magnetic microparticles and a dielectric material. In the magnetic material, the magnetic microparticles are present so as to be out of contact with each other. The Q value can be increased by using, as the magnetic composite material, a magnetic composite material arranged so that the proportion of magnetic microparticles and a dielectric material included therein is 1:1 on a volume ratio basis, or a magnetic composite material in which magnetic microparticles used therein are 2 μm or less in particle size.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

電子機器の多くは、電源回路や高周波回路を有しており、さまざまな電子部品が用いられている。インダクタは、出力電流の平滑化やインピーダンス整合用として用いられる。例えば高周波回路用インダクタでは、小型・集積化から平面型スパイラルインダクタがよく用いられる。
図15に平面型スパイラルインダクタの断面図を示す。図15(a)のように空心のインダクタでは、巻線Bを流れる電流によって生じる磁束が、隣接する巻線AおよびCに鎖交する。すると、巻線AとCでは誘導現象による渦電流が発生し、これが損失の原因になる(近接効果)。図15(a)では巻線Bによる作用を示すが、巻線A、Cに流れる電流も同様に、他の巻線に対して誘導現象による作用を及ぼす。

近接効果を抑制する手法として、図15(b)に示すように、巻線の線間に磁性材料Dを埋め込んだ構造のインダクタが考案されている(特許文献1)。線間に磁性材料を埋め込むことにより、各巻線を流れる電流によって生じる磁束は,巻線よりも透磁率が高い線間の磁性材料をパスすることになり、近接効果が抑制され、抵抗成分が低下し、Q値を高くすることができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はインダクタに関し、より詳細には近接効果を抑制してQ値を高めたインダクタに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コイルの線間に磁性材料を充填した、平面型のスパイラルインダクタであって、
前記磁性材料が、球体状で粒子サイズが2μm以下の磁性微粒子と誘電材とを複合した磁性複合材料からなり、
前記磁性微粒子と前記誘電材との体積比が1:1であり、
前記磁性材料中で、前記磁性微粒子が互いに接触せずに存在し、
前記コイルの表面が前記磁性複合材料により被覆されていないことを特徴とするインダクタ。

【請求項2】
 
前記磁性微粒子は、Fe系磁性微粒子、Co系磁性微粒子、Ni系磁性微粒子のいずれかであることを特徴とする請求項1記載のインダクタ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014116465thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close