Top > Search of Japanese Patents > DUST SUPPRESSOR AND METHOD FOR SUPPRESSING DUST

DUST SUPPRESSOR AND METHOD FOR SUPPRESSING DUST commons meetings

Patent code P150011561
File No. N14003
Posted date Mar 24, 2015
Application number P2014-123017
Publication number P2016-003256A
Patent number P6332744
Date of filing Jun 16, 2014
Date of publication of application Jan 12, 2016
Date of registration May 11, 2018
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 純
  • (In Japanese)星川 和俊
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title DUST SUPPRESSOR AND METHOD FOR SUPPRESSING DUST commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a dust suppressor which can effectively suppress dust generated from the surface of farmland, and a method for suppressing dust using the same.
SOLUTION: The dust suppressor comprises an admixture of strained draff of Gelidium and a material which exhibits viscosity. As the material which exhibits viscosity, rice bran or skin rice bran can be used. By scattering the dust suppressor comprising the admixture of strained draff of Gelidium and the material which exhibits viscosity on the farmland surface before planting, the dust generated from the farmland can be suppressed. Also effective is a method of spraying the dust suppressor made into a liquid by adding water to the strained draff of Gelidium and the material which exhibits viscosity.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

日本の中部地域においては、冬期から春期にかけて大規模な砂塵が発生する。砂塵が発生する原因としては、平坦で広大な農地を造成したこと、冬期の寒冷な気候による団粒の崩壊により細粒化し乾燥して砂塵が発生しやすくなること、地層下部の細かい土粒子を地表面に掘り起こす耕起や深耕がその原因と考えられる。
砂塵の発生は表土の減少を引き起こすため、長期的な視点からは農業生産環境を劣化させるという問題があり、また近年、砂塵の発生源である農地に近接して住宅地が存在するようになったため、交通障害だけでなく、車や洗濯物への付着等、人々の生活環境に影響を及ぼすという問題がある。

砂塵の発生を抑制する方法としては、防砂ネットを設置する、休閑期に麦や牧草を栽培して砂塵の発生を抑制する、地表面の粗度を大きくする、砂塵となる細粒土壌を大気から隔絶する、夏季から秋季にかけて行う耕うんを行わないといった方法があり、砂塵発生領域に粘結性液を噴霧する方法(特許文献1)、砂地表面の砂の一部に固化材を配合し、混錬して加圧した成形体を、砂地表面に分散敷設する方法(特許文献2)等が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、農地等における砂塵の発生の抑制に用いる砂塵抑制材及び砂塵抑制材を使用する砂塵抑制方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
テングサ搾りカスと粘状を呈する資材との混合材からなることを特徴とする砂塵抑制材。

【請求項2】
 
前記粘状を呈する資材として、ヌカまたは肌ヌカを使用することを特徴とする請求項1記載の砂塵抑制材。

【請求項3】
 
テングサ搾りカスと粘状を呈する資材との混合材からなる砂塵抑制材を作付け前の農地表面に散布し、農地から発生する砂塵を抑制することを特徴とする砂塵抑制方法。

【請求項4】
 
テングサ搾りカスと粘状を呈する資材に加水して液状とした砂塵抑制材を農地表面に散布することを特徴とする請求項3記載の砂塵抑制方法。

【請求項5】
 
粘状を呈する資材として肌ヌカを使用し、肌ヌカに熱水を供給して糊状とし、テングサ搾りカスと混合した液状の砂塵抑制材を散布することを特徴とする請求項4記載の砂塵抑制方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close