Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MEASURING ABSORPTION RATE

METHOD FOR MEASURING ABSORPTION RATE

Patent code P150011585
File No. N14088
Posted date Mar 24, 2015
Application number P2015-008204
Publication number P2016-133395A
Patent number P6478653
Date of filing Jan 20, 2015
Date of publication of application Jul 25, 2016
Date of registration Feb 15, 2019
Inventor
  • (In Japanese)飯山 拓
  • (In Japanese)伊藤 博光
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title METHOD FOR MEASURING ABSORPTION RATE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for highly accurately measuring the absorption rate to a madreporic body with a simple configuration and method without complicated treatment such as time differential.
SOLUTION: In a method for measuring the absorption rate, the absorption rate of object fluid to an absorbent sample is measured using a pressure feedback method for adjusting the flow rate of object fluid in a device on the basis of pressure in a sample cell. According to a measurement method related to the present invention, the absorption rate is made possible to be directly calculated by the introduction flow rate and discharge flow rate of the object fluid to and from a sample cell and the simple arithmetic processing using a predetermined constant number without passing through treatment such as differential.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

流体の多孔体への吸着現象は、物質の貯蔵、分離、精製等に広く利用されている。特に物質の分離においては、分子種による吸着量の違いを利用した平衡分離が知られており、これまで本発明者らは、多孔性物質の吸着量等の吸着特性を、圧力フィードバック方式を用いて測定するための測定装置および測定方法について報告している(特許出願1)。

一方、上記の平衡分離に加え、目的流体の分子種による吸着速度の違いを利用した速度分離が、近年多くの関心を集めている。吸着速度分離は、加熱や冷却のプロセスを必要とせず、エネルギーの消費が少ない圧力の制御のみで物質を分離できるため、Pressure Swing Adsorption(PSA)法による空気の窒素、酸素への分離をはじめとして、広く工業的に利用されている。

吸着速度の測定方法としては、これまでに、吸着剤試料を格納した容器中に目的流体を流通させた上で、重量天秤により吸着剤試料の重量変化を測定する方法が報告されている(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、吸着速度測定方法に関する。具体的には、多孔質試料へ物質を吸着させる際の吸着速度を、簡易な方法で高精度に測定するための測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
吸着剤試料を格納するサンプルセルと、
該サンプルセルに所望の流量で目的流体を導入する導入部と、
前記サンプルセルから前記目的流体を所望の流量で排出する排出部と、
前記サンプルセル内の圧力を測定する圧力測定部を備える測定装置を用い、
前記吸着剤試料が格納された前記サンプルセル内に前記目的流体を導入し、前記サンプルセル内の前記目的流体の圧力所望の圧力で一定に保つステップと、
前記目的流体の導入量または排出量の少なくともいずれか一方の量を変化させ、前記サンプルセル内の前記目的流体の圧力を前記所望の圧力から変化させ、前記サンプルセル内の前記目的流体の圧力を当該変化させた圧力で一定に保つステップと、
前記サンプルセル内の前記目的流体の圧力が前記変化させた圧力で一定に保たれた後に、前記サンプルセル内への目的流体の導入流量、前記サンプルセル内からの目的流体の排出流量の差を用いて、下記の式により前記吸着剤試料への目的流体の吸着速度を算出するステップと、
を備えることを特徴とする、吸着速度測定方法。
【数1】
 
(省略)
上記式中、導入流量fiintroは、目的流体の導入流量、fioutは、目的流体の排出流量、P°は標準圧力(P°=101.3kPa)、T°は標準温度(T°=298.15K)、Rはガス定数(R=8.31JK-1mol-1)である。

【請求項2】
 
前記サンプルセル内の前記目的流体の圧力を所望の圧力で一定に保つステップの前工程として、目的流体の導入を行わずに排出を行い、サンプルセル内を減圧するステップと、
をさらに備えることを特徴とする、請求項1記載の吸着速度測定方法。

【請求項3】
 
前記吸着剤試料が、多孔質固体試料であることを特徴とする、請求項1または2記載の吸着速度測定方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015008204thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close