Top > Search of Japanese Patents > PRODUCTION METHOD OF PLATED COMPOSITE MATERIAL

PRODUCTION METHOD OF PLATED COMPOSITE MATERIAL commons

Patent code P150011587
File No. N14079
Posted date Mar 24, 2015
Application number P2015-020018
Publication number P2016-141862A
Patent number P6537130
Date of filing Feb 4, 2015
Date of publication of application Aug 8, 2016
Date of registration Jun 14, 2019
Inventor
  • (In Japanese)新井 進
  • (In Japanese)植田 美代加
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title PRODUCTION METHOD OF PLATED COMPOSITE MATERIAL commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a production method of a plated composite material capable of surely filling gaps between adjacent dispersion particles by plating.
SOLUTION: The production method of the plated composite material is configured to: arrange an anode 12 in an upper position in a vertical direction in a plating tank 10, and arrange a cathode 14 in a lower position in the vertical direction, such that they face each other; make dispersion particles which are dispersed in a plating liquid precipitate to the cathode 14 gradually and make the dispersion particles stacked on the cathode 14; and then crystallize 14a a plating metal on the cathode 14, thereby producing the plated composite material containing the dispersion particles in a plating matrix. When the plating 14a is crystallized on the cathode 14, the potential of the cathode 14 is set to a potential in which hydrogen is not generated by a potential regulation method, and then the plating is crystallized 14a.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

CPU等のきわめて放熱量の大きな半導体素子を搭載した電子装置では、ヒートシンクやヒートスプレッダーといった放熱部品を用いて、半導体素子から発生する熱量を効率的に放散させている。これらの放熱部品の素材には、熱伝導性に優れる銅やアルミニウムが使用される。
本発明者は、めっき金属中にカーボン繊維、カーボンナノチューブ、ダイヤモンド粒子等の分散粒子を分散させて取り込む複合めっきについて研究している。これらの複合めっきのうち、ダイヤモンド粒子をめっき金属中に分散させた複合材料は、きわめて熱伝導性に優れることから、ヒートシンクやヒートスプレッダー等の放熱部品として効果的に利用することができる。ダイヤモンドの熱伝導率900(W/mK)は、銅の熱伝導率398(W/mK)の約3倍であり、めっき金属中にダイヤモンド粒子を均一に分散させることにより、好適な複合材料となる。

特許文献1にはめっき金属中にダイヤモンド粒子を含む複合材料が開示されている。この複合めっき材料はめっき皮膜の厚さ方向にダイヤモンド粒子の共析量が漸次変化する傾斜機能材料として形成したもので、ダイヤモンド粒子の共析量を傾斜組成とすることにより、めっき皮膜の放熱性を向上させ、基材との密着性を向上させることを可能としている。このめっき複合材料は、めっき液の撹拌速度を細かく調節して製造している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ダイヤモンド粒子等の分散粒子をめっきマトリックス中に含むめっき複合材料の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
めっき槽内の鉛直方向の上位置に陽極、下位置に陰極を、電極面の向きを水平方向として互いに対向させて配置し、
めっき液中に分散させた分散粒子を前記陰極に向け徐々に沈降させ、陰極上に堆積させるとともに、陰極上にめっき金属を析出させることにより、めっきマトリックス中に前記分散粒子が含まれためっき複合材料を作製する方法であって、
前記分散粒子がダイヤモンド粒子であり、
前記陰極上にめっきを析出させる際に、電位規制法により前記陰極の電位を水素が発生しない電位に設定し、水素の還元電位よりも正側の電位で析出可能なめっきを施すことを特徴とするめっき複合材料の製造方法。

【請求項2】
 
前記めっきとして、銅めっきを施すことを特徴とする請求項1記載のめっき複合材料の製造方法。

【請求項3】
 
前記ダイヤモンド粒子として、粒径45μm以上の粒子を使用することを特徴とする請求項1または2記載のめっき複合材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015020018thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close