Top > Search of Japanese Patents > ELECTRONIC FUNCTIONAL MEMBER, ELECTRONIC COMPONENT, AND WEARABLE DEVICE

ELECTRONIC FUNCTIONAL MEMBER, ELECTRONIC COMPONENT, AND WEARABLE DEVICE meetings

Patent code P150011833
File No. E114P21
Posted date Apr 6, 2015
Application number P2014-254072
Publication number P2016-112246A
Patent number P6444158
Date of filing Dec 16, 2014
Date of publication of application Jun 23, 2016
Date of registration Dec 7, 2018
Inventor
  • (In Japanese)李 誠遠
  • (In Japanese)染谷 隆夫
  • (In Japanese)関谷 毅
  • (In Japanese)酒井 真理
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title ELECTRONIC FUNCTIONAL MEMBER, ELECTRONIC COMPONENT, AND WEARABLE DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electronic functional member with high surface followability, which can be stably used for a long period of time, an electronic component, and a wearable device.
SOLUTION: An electronic functional member of the present invention includes: a base material having an opening; a fiber net which uses the base material around an opening as an outer frame, and which is made of a fibrous resin composition suspended in the opening; and a patterned conductive coating part which coates the side of one surface of a part, positioned in the opening, of the fiber net, and which is also extended on the base material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、フレキシブルエレクトロニクスは、素材の軟らかさから様々な応用用途を有し、高い注目を集めている。中でも、世界的な社会の高齢化に伴い、ヘルスケア分野への関心が高まっている。例えば、人体の表面や体内への装着により、細胞や組織から直接生体情報を得る手段として注目を集めている。

一般に、フレキシブルエレクトロニクスは、フレキシブルな基材上にエレクトロニクスデバイスを形成することで作製されるが、その柔軟性は十分とは言えない。そのため、表面追従性が十分とは言えず、高い精度の情報を得ることや装着時の違和感等を十分に低減することができない。

このような問題を解決するために、弾性を有する保持部を検出部に内包させた生体用電極が開示されている(例えば、特許文献1)。この生体用電極は、生体に検出部を接触させる際に、検出部が弾性を有する保持部を内包するため、圧力に応じて保持部が変形し、検出部の表面追従性を高めることを可能としている。

また、配線を編み込んだ筋電位測定義手用アームカバー(例えば、特許文献2)や布状の織物へ一定の間隔で金属メッキ導電性繊維を編み込んだ接触線作用電極(例えば、特許文献3)も開示されている。特許文献2では、配線自体を互いに編み込むことで、配線一本一本の剛性を低減し、表面追従性を高めている。また特許文献3では、布状の織物内に金属製の繊維を織り込むことで、表面追従性を高めている。

この他にも、水流絡合不織布上に柔軟性のある絶縁性合成樹脂膜を貼り付けた生体用薄型電極も開示されている(例えば、特許文献4)。この方法は、水流絡合不織布の高い変形可能性を利用して、表面追従性を高めている。

さらに非特許文献1及び2では、基材上に金属のナノワイヤを被覆することで高い表面追従性を有する電極が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、電子機能部材、電子部品及びウェアラブルデバイスに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
開口部を有する基材と、
前記開口部の周囲の基材を外枠とし、前記開口部に懸架された繊維状の樹脂組成物からなる繊維網と、
前記繊維網の内、開口部に位置する部分の一方の面側を被覆すると共に、基材上にも延在するパターニングされた導電被覆部とを備える電子機能部材。

【請求項2】
 
前記樹脂組成物が、互いに一部で結着していることを特徴とする請求項1に記載の電子機能部材。

【請求項3】
 
前記樹脂組成物が、生体に対して溶解可能な物質からなることを特徴とする請求項1または2のいずれかに記載の電子機能部材。

【請求項4】
 
前記開口部の開口率が、10%~99%であることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の電子機能部材。

【請求項5】
 
前記導電被覆部を構成する導電性被覆の膜厚が、20nm~2000nmであることを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の電子機能部材。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれかに記載の電子機能部材の導電被覆部に接続された電子回路要素を有する電子部品。

【請求項7】
 
請求項1~5のいずれかに記載の電子機能部材を備えたウェアラブルデバイス。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014254072thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO SOMEYA Bio-Harmonized Electronics AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close