Top > Search of Japanese Patents > INFORMATION PROCESSING APPARATUS, INFORMATION PROCESSING METHOD AND PROGRAM

INFORMATION PROCESSING APPARATUS, INFORMATION PROCESSING METHOD AND PROGRAM

Patent code P150011840
Posted date Apr 8, 2015
Application number P2014-028384
Publication number P2015-153289A
Patent number P6273506
Date of filing Feb 18, 2014
Date of publication of application Aug 24, 2015
Date of registration Jan 19, 2018
Inventor
  • (In Japanese)三井 和男
  • (In Japanese)中島 悠介
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title INFORMATION PROCESSING APPARATUS, INFORMATION PROCESSING METHOD AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an information processing apparatus which can reduce a region receiving input without requiring scroll and shorten time of an input operation.
SOLUTION: An information processing apparatus comprises: a detection unit which detects coordinates associated with a position on an operation surface where a touch operation performed on the operation surface with an indicator for selecting information on a selection object from a plurality of pieces of information by deciding the coordinates of a plurality of operation axes is terminated; a determination unit which determines whether or not the indicator passes through a prescribed region without being separated from the operation surface during the touch operation; and a selection unit which selects the information on the selection object from the plurality of pieces of information on the basis of the coordinates detected by the detection unit and the determination result by the determination unit.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

スマートフォン(多機能携帯電話端末)やタブレット端末等におけるフリック入力のように、タッチパネルへのタッチ操作によって文字や図形等を入力するための方法が研究されている。

これに関連し、予め定められた順序で配列された文字列の一部を円弧状に配列して周方向にスクロール可能に表示し、片手の指のみで文字入力を行うことができる携帯情報装置が知られている(特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、情報処理装置、情報処理方法、及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
指示体による操作面に対するタッチ操作であって、複数の操作軸の座標を決定することにより複数の日本語の仮名文字の中から選択対象の日本語の仮名文字を選択するためのタッチ操作が終了した前記操作面上の位置に関連付けられた前記座標を検出する検出部と、
前記タッチ操作中に前記指示体が前記操作面から離れることなく所定の領域を通過したか否かを判定する判定部と、
前記検出部が検出した前記座標と、前記判定部による判定結果とに基づいて、前記複数の日本語の仮名文字の中から選択対象の日本語の仮名文字を選択する選択部と、
を備え
前記所定の領域を通過したか否かに応じて選択される日本語の仮名文字が異なる情報処理装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の情報処理装置であって、
前記座標には、前記選択対象の日本語の仮名文字の複数の候補が関連付けられており、
前記選択部は、前記判定部の判定結果に基づいて、前記複数の候補から前記選択対象の日本語の仮名文字を選択することにより、前記複数の日本語の仮名文字の中から選択対象の日本語の仮名文字を選択する、
情報処理装置。

【請求項3】
 
請求項2に記載の情報処理装置であって、
前記選択部は、前記判定部が前記タッチ操作中に前記指示体が前記操作面から離れることなく所定の領域を通過したと判定した場合には前記複数の候補のうちの第1候補を前記選択対象の日本語の仮名文字として選択し、前記判定部が前記タッチ操作中に前記指示体が前記操作面から離れることなく所定の領域を通過していないと判定した場合には前記複数の候補のうちの第1候補と異なる第2候補を前記選択対象の日本語の仮名文字として選択する、
情報処理装置。

【請求項4】
 
請求項1から3のうちいずれか一項に記載の情報処理装置であって、
前記操作面のうちの前記タッチ操作が行われる領域は、円形状の領域であり、
前記座標は、前記円形状の領域の中心から動径方向に延伸する直線と、前記円形状の領域の中心からの所定方向との間の角度と、前記円形状の領域の中心を中心とする同心円の半径とによって表される、
情報処理装置。

【請求項5】
 
請求項4に記載の情報処理装置であって、
前記検出部は、さらに、前記複数の日本語の仮名文字が配置された領域であって、前記円形状の領域を拡縮するための操作を検出し、
前記検出部により検出される前記拡縮するための操作に応じて、前記操作面のうちの前記タッチ操作が行われる領域の大きさを変更する操作領域制御部を備える、
情報処理装置。

【請求項6】
 
請求項4又は5に記載の情報処理装置であって、
前記検出部は、さらに、前記複数の日本語の仮名文字が配置された領域であって、前記円形状の領域の位置を変更するための操作を検出し、
前記検出部により検出される前記位置を変更するための操作に応じて、前記操作面のうちの前記タッチ操作が行われる領域の位置を変更する操作領域制御部を備える、
情報処理装置。

【請求項7】
 
請求項4から6のうちいずれか一項に記載の情報処理装置であって、
前記検出部は、さらに、前記複数の日本語の仮名文字が配置された領域であって、前記円形状の領域の透明度を変更するための操作を検出し、
前記検出部により検出される前記透明度を変更するための操作に応じて、前記操作面のうちの前記タッチ操作が行われる領域の位置を変更する操作領域制御部を備える、
情報処理装置。

【請求項8】
 
請求項1から7のうちいずれか一項に記載の情報処理装置であって、
表示部と、
前記選択部により選択された選択対象の日本語の仮名文字と、前記選択対象の日本語の仮名文字に関連付けられた情報とを、操作支援表示として前記表示部に表示させる表示制御部と、
を備える情報処理装置。

【請求項9】
 
請求項8に記載の情報処理装置であって、
前記表示制御部は、前記操作支援表示を、前記表示部上の予め決められた位置に表示させる、
情報処理装置。

【請求項10】
 
請求項8に記載の情報処理装置であって、
前記表示制御部は、ユーザーが右手で操作しているか左手で操作しているかの判定結果に応じて、前記操作支援表示の位置を変化させる、
情報処理装置。

【請求項11】
 
指示体による操作面に対するタッチ操作であって、複数の操作軸の座標を決定することで複数の日本語の仮名文字の中から選択対象の日本語の仮名文字を選択するためのタッチ操作が終了した位置における前記座標を検出する第1の過程と、
前記タッチ操作中に前記指示体が前記操作面から離れることなく所定の領域を通過したか否かを判定する第2の過程と、
前記検出した前記座標と、前記判定した判定結果とに基づいて、前記複数の日本語の仮名文字の中から選択対象の日本語の仮名文字を選択する第3の過程と、
を有し、
前記所定の領域を通過したか否かに応じて選択される日本語の仮名文字が異なる情報処理方法。

【請求項12】
 
コンピュータに、
指示体による操作面に対するタッチ操作であって、複数の操作軸の座標を決定することで複数の日本語の仮名文字の中から選択対象の日本語の仮名文字を選択するためのタッチ操作が終了した位置における前記座標を検出させる第1手順と、
前記タッチ操作中に前記指示体が前記操作面から離れることなく所定の領域を通過したか否かを判定させる第2手順と、
前記検出させた前記座標と、前記判定させた判定結果とに基づいて、前記複数の日本語の仮名文字の中から選択対象の日本語の仮名文字を選択させる第3手順と、
を実行させ
前記所定の領域を通過したか否かに応じて選択される日本語の仮名文字が異なるプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014028384thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close