Top > Search of Japanese Patents > PENETRATION TEST SYSTEM, SOIL QUALITY DETERMINATION DEVICE, PENETRATION TEST METHOD AND COMPUTER PROGRAM

PENETRATION TEST SYSTEM, SOIL QUALITY DETERMINATION DEVICE, PENETRATION TEST METHOD AND COMPUTER PROGRAM

Patent code P150011851
Posted date Apr 8, 2015
Application number P2014-110652
Publication number P2015-224489A
Patent number P6349591
Date of filing May 28, 2014
Date of publication of application Dec 14, 2015
Date of registration Jun 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)下村 修一
  • (In Japanese)酒句 教明
  • (In Japanese)川村 政史
  • (In Japanese)下村 幸男
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title PENETRATION TEST SYSTEM, SOIL QUALITY DETERMINATION DEVICE, PENETRATION TEST METHOD AND COMPUTER PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce discrepancies in determination results due to differences in the skill levels of workers or the environmental conditions when SWS tests were performed.
SOLUTION: A penetrometer 2 includes a microphone for collecting sounds in a resonant chamber installed in a screw point 10 penetrated in a ground. A soil quality determination device 5 includes an extraction part that extracts sound signals to be inspected from sounds collected by the microphone, based on the resonance frequency suited for the size of the resonant chamber, and a determination part that determines the soil quality based on the sound signals to be inspected that are extracted by the extraction part and standard data.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、地盤調査方法の一つとして、日本工業規格 A1221「スウェーデン式サウンディング試験方法(Method for Swedish weight sounding test)」が知られている(例えば、非特許文献1参照)。また、スウェーデン式サウンディング試験(以下、SWS試験と称する)において、地中に貫入される貫入部材が地中に貫入されるのにともなって当該貫入部材を伝播する音を検出し、この検出された音を作業者が聴取可能なレベルで出力したり、記録したりする貫入試験方法が知られている(例えば、特許文献1,2,3参照)。また、SWS試験において、地盤とスクリューポイントとの間に生じる摩擦音を収録し、該収録音の周波数特性及び音圧レベルの解析から地盤材質を判定する土質判定方法が検討されている(例えば、非特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、貫入試験システム、土質判定装置、貫入試験方法およびコンピュータプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
地中に貫入される貫入部と、
前記貫入部内に設けられた共鳴室と、
前記共鳴室内に生じる音を収音するマイクロフォンと、
前記共鳴室の大きさに応じた共振周波数に基づいて、前記マイクロフォンが収音した音から検査対象の音信号を抽出する抽出部と、
前記抽出部により抽出された検査対象の音信号と各土質の音信号の基準値とを比較し、当該比較の結果に基づいて当該検査対象の音信号に該当する土質を判定する判定部と、
を備えた貫入試験システム。

【請求項2】
 
前記抽出部は、前記共振周波数未満の周波数成分を抽出することを特徴とする請求項1に記載の貫入試験システム。

【請求項3】
 
前記抽出部は、前記マイクロフォンが収音した音から、音圧の実効値に基づいて音圧のピーク値を算出し、
前記判定部は、前記算出されたピーク値と各土質の音信号の音圧のピーク値の基準値とに基づいて土質を判定する、
ことを特徴とする請求項1又は2のいずれか1項に記載のに記載の貫入試験システム。

【請求項4】
 
前記抽出部は、前記貫入部の単位回転量に基づく小区間に分けて前記ピーク値を算出することを特徴とする請求項3に記載の貫入試験システム。

【請求項5】
 
地中に貫入される貫入部内に設けられた共鳴室内に生じる音を収音するマイクロフォンが収音した音を入力する入力部と、
前記共鳴室の大きさに応じた共振周波数に基づいて、前記入力部により入力された音から検査対象の音信号を抽出する抽出部と、
前記抽出部により抽出された検査対象の音信号と各土質の音信号の基準値とを比較し、当該比較の結果に基づいて当該検査対象の音信号に該当する土質を判定する判定部と、
を備えた土質判定装置。

【請求項6】
 
マイクロフォンが、地中に貫入される貫入部内に設けられた共鳴室内に生じる音を収音する収音ステップと、
抽出部が、前記共鳴室の大きさに応じた共振周波数に基づいて、前記マイクロフォンが収音した音から検査対象の音信号を抽出する抽出ステップと、
判定部が、前記抽出部により抽出された検査対象の音信号と各土質の音信号の基準値とを比較し、当該比較の結果に基づいて当該検査対象の音信号に該当する土質を判定する判定ステップと、
を含む貫入試験方法。

【請求項7】
 
コンピュータに、
地中に貫入される貫入部内に設けられた共鳴室内に生じる音を収音するマイクロフォンが収音した音を入力する入力ステップと、
前記共鳴室の大きさに応じた共振周波数に基づいて、前記入力ステップにより入力された音から検査対象の音信号を抽出する抽出ステップと、
前記抽出ステップにより抽出された検査対象の音信号と各土質の音信号の基準値とを比較し、当該比較の結果に基づいて当該検査対象の音信号に該当する土質を判定する判定ステップと、
を実行させるためのコンピュータプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014110652thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close