Top > Search of Japanese Patents > ACOUSTIC MEASURING DEVICE AND ACOUSTIC MEASURING METHOD

ACOUSTIC MEASURING DEVICE AND ACOUSTIC MEASURING METHOD achieved

Patent code P150011874
Posted date Apr 9, 2015
Application number P2014-008351
Publication number P2014-095723A
Patent number P5747340
Date of filing Jan 21, 2014
Date of publication of application May 22, 2014
Date of registration May 22, 2015
Priority data
  • P2007-054909 (Mar 5, 2007) JP
Inventor
  • (In Japanese)羽入 敏樹
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title ACOUSTIC MEASURING DEVICE AND ACOUSTIC MEASURING METHOD achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an acoustic measurement device and an acoustic measurement method capable of accurately and easily measuring directional information of sound represented by acoustic intensity.
SOLUTION: An acoustic measurement device comprises: a sound receiving section 11 for receiving sound by using a unidirectional microphone pair arranged so that directivity is inverted by 180 degrees on a predetermined axis; an arithmetic processing section 12 for performing arithmetic processing of directional information of the sound including an arrival direction of the sound by using output difference of the unidirectional microphone pair; and an output section 13 for outputting the directional information of the sound.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

音響インテンシティとは、単位時間あたりの音のエネルギの流れを表す量であり、大きさと向きを持つベクトル量である。この音響インテンシティは、例えば、騒音の音源を探査する騒音特定、監視カメラシステム等に応用される。

従来、音響インテンシティの測定には、2つのマイクロホンを非常に近い間隔で組み合わせた、インテンシティマイクロホンと呼ばれる特殊なマイクロホンが使用されていた。そして、このインテンシティマイクロホンと、2チャンネルタイプのFFTアナライザ又は1/Nオクターブ分析器とを用いることで、音響インテンシティを測定していた。

また、本件発明者は、反対向きに配されたマイクロホンのレベル差のデータベースを用いて音源方向及び音源レベルを求めることを提案した(例えば、特許文献1参照。)。

【特許文献1】
国際公開第06/054599号パンフレット

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えば、音響インテンシティに代表される音の方向情報を測定する音響測定装置及び音響測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
所定軸上において、カーディオイドマイクにより指向性を180度反対向きに配置された状態で受音して応答出力P1(t),P2(t)を得る受音手段と、
上記受音手段においてカーディオイドマイクにより得られる応答出力P1(t),P2(t)から、
【数1】
 
(省略)
にて示される粒子速度ur(t)に基づいて、音響インテンシティとして上記所定軸の方向成分を算出する軸方向成分算出手段と
を備える音響測定装置。

【請求項2】
 
上記軸方向成分算出手段は、上記応答出力P1(t),P2(t)から、
【数2】
 
(省略)
にて示される粒子速度ur(t)と、
【数3】
 
(省略)
にて示される無指向応答P(t)と、
【数4】
 
(省略)
にて示される瞬時インテンシティIr(t)と
を算出することを特徴とする請求項1記載の音響測定装置。

【請求項3】
 
上記軸方向成分算出手段は、
【数5】
 
(省略)
にて示される瞬時インテンシティIr(t) を算出することを特徴とする請求項1記載の音響測定装置。

【請求項4】
 
上記軸方向成分算出手段は、
【数6】
 
(省略)
にて示される平均インテンシティIr を算出することを特徴とする請求項1記載の音響測定装置。

【請求項5】
 
上記軸方向成分算出手段は、上記応答出力P1(t),P2(t)から、
【数7】
 
(省略)
にて示される平均インテンシティIr を算出することを特徴とする請求項1記載の音響測定装置。

【請求項6】
 
上記軸方向成分算出手段は、上記応答出力P1(t),P2(t)から、
【数8】
 
(省略)
にて示される平均インテンシティIr を算出することを特徴とする請求項1記載の音響測定装置。

【請求項7】
 
上記受音手段は、所定軸上において、指向性を180度反対向きに配置されたカーディオイドマイク対により受音して応答出力P1(t),P2(t)を得ることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項記載の音響測定装置。

【請求項8】
 
上記受音手段は、1個のカーディオイドマイクを回転させて、所定軸上において、指向性を180度反対向きに配置させた状態で、受音して応答出力P1(t),P2(t)を得ることを特徴とする請求項1乃至6のいずれか1項記載の音響測定装置。

【請求項9】
 
さらに、上記軸方向成分算出手段により算出される直交座標の各軸の方向成分に基づいて音の到来方向を含む音の方向情報を算出する音方向情報算出手段
徴とする請求項7又は8のいずれか1項記載の音響測定装置。

【請求項10】
 
上記直交座標は2次元又は3次元であることを特徴とする請求項9記載の音響測定装置。

【請求項11】
 
所定軸上において、指向性を180度反対向きに配置された状態でカーディオイドマイクにより受音して応答出力P1(t),P2(t)を得る受音工程と、
上記受音工程においてカーディオイドマイクにより得られる応答出力P1(t),P2(t)から、
【数9】
 
(省略)
にて示される粒子速度ur(t)に基づいて、音響インテンシティとして上記所定軸の方向成分を算出する軸方向成分算出工程と
を有する音響測定方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014008351thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close